イタリア美術紀行ーヴェネツィア編・その4(ペギー・グッゲンハイム・コレクション 、その他)

f0189227_2150629.jpg

ヴェネツィアでは、その他に6カ所の美術館などを回りましたが、主なところで撮った写真をアップしておきます。

f0189227_21503973.jpg

f0189227_2153441.jpg

1)ペギー・グッゲンハイム・コレクション
ここは戦後アメリカ現代美術のパトロンだったペギー・グッゲンハイムの邸宅を改装した美術館で、彼女の収集した作品を展示しています。室内にはぎっしりと小さいながらもアメリカ現代絵画の優品を展示してあり、(ヴェネツィアで観るアメリカ美術という意外感も含めて)楽しめます。

f0189227_21513495.jpg

このときは小企画展として「ジャクソン・ポロックの壁画」展をやっていました。ポロックの「壁画」は、個人的には'99年MOMAでのポロックの回顧展を観に行って以来の再見です。ヴェネツィアで再び見れるとは・・・。(「壁画」は撮影禁止につき、写真は関連のドローイングです。)

f0189227_21552381.jpg

2)プンタ・デラ・ドガーナ
ヴェネツィア本島の南端にある、17世紀に建てられたもと税関の建物を安藤忠雄氏がリノベーションしたヴェネツィアの新名所です。あるフランスの現代美術コレクターのコレクションからチョイスされ、広大な空間を贅沢に生かしながら展示されています。れんが造りの壁と安藤氏のトレードマークとも言えるコンクリート打ち放しの壁や床の質感が緊張感を持ちながらも調和しています。

f0189227_21532448.jpg

f0189227_2154551.jpg


f0189227_21541113.jpg

プンタ・デラ・ドガーナの展示室の窓から、カナルグランデを挟んでサンマルコ聖堂とパラツォ・ドゥカーレが見えています。運河を進んでいるのは水上バスです。

f0189227_21533822.jpg

3)パラツォ・ドゥカーレ
サンマルコ聖堂の隣にあるヴェネツィア総督府のあった宮殿。写真はその中の一室。大きな空間の内部が金ピカの額入り油彩画で覆い尽くされていて凄まじい。こんな部屋がいくつかありました。

f0189227_2223091.jpg

帰りの水上バスから見たカナルグランデに浮かぶゴンドラ。背後に見えるのはアカデミア橋。次回来たら、ヴェネツィア本島の周辺の島々も回ってみたいなあ。(Y.O)
[PR]

# by matsuo-art | 2015-10-18 22:11 | 展覧会  

イタリア美術紀行ーヴェネツィア編・その3(アカデミア美術館)

ヴェネツィアを訪れたもう一つの目的は、ヴェネツィア派の絵画を再見したかったことでした。
ジェンティーレ・ベリーニ、カルパッチョ、ジョヴァンニ・ベリーニ、ジョルジョーネ、ティツィアーノ、ティントレットなど、ヴェネツィア派絵画の歴史を概観できるアカデミア美術館を観覧します。

f0189227_052572.jpg

ところで、ヴェネツィア本島の中は狭い路地や水路が網の目のように入り組んでいて、交通手段は船のみ。陸の上は歩くしかありません。ヴェネツィアを訪れるのは5回目になりますが、実は船に乗った事はあまりなく(高いので・・・)、もっぱら歩き回って観光していました。今回は観光に積極的に船を利用してみようと思い、鉄道駅であるサンタルチア駅前から水上バスに乗ってみました。
アカデミア美術館方面に向かう1番の水上バスは、ヴェネツィア本島をS字状に貫く大運河(カナルグランデ)に沿って進んで行きます。

f0189227_0535944.jpg

水上から観たヴェネツィアの光景は、当然ながら陸上からの風景とはまた違っていて、このヴェネツィアという特異な都市の魅力を再発見しました。水上バス、水上タクシー、ゴンドラ、個人のボート、運送用の船、救急車やパトカーまでもが船なのですが、それらが絶妙な関係性を持ちつつ大運河の中で共存しています。まるでそれぞれの船に乗る人々が、運河という舞台上のドラマの中の登場人物みたいに見えました。そしてまた、運河沿いの建物の立ち並ぶ様子をみていて、自分が今いつの時代にいるのかわからなくなるような軽い錯覚を覚えました。おそらく17〜18世紀ぐらいからこの光景はあまり変わっていないのではないでしょうか?

f0189227_0562255.jpg

アカデミア美術館では、上に挙げたようなヴェネツィア派の画家たちの絵をたくさん見ることができましたが、同時代のフィレンツェ派の絵画に比べ、一般的に言って、油彩の特質を生かした闊達な筆致や光の効果の表現に特質があるように思います。(しかし、一口にヴェネツィア派といっても、北方や近隣の都市の画家たちのスタイルの影響を受けながら発展して来ている以上、やはりいろいろな絵があるな、とは思いましたが・・・。)

f0189227_123389.jpg

ジョルジョーネの「嵐」は、小さいながら絵画史上においてエポックメイキングな作品の一つとして、E.H.ゴンブリッチの「美術の物語」という著書の中で大きな紙幅を割いて解説されています。
「(この絵の統一感を生み出しているのは)画面全体に浸透する光と空気だ。不気味な稲光がしている。そして、おそらくは美術史上はじめて、登場人物の背後にある風景が、たんなる背景ではなくなった。風景はそれ自身として存在し、絵の真の主題となっているのだ。」「ジョルジョーネは、先輩や同時代の画家とはちがい、あらかじめデッサンしておいた物や人間を絵の中に描きこんだりはしないで、大地、木、光、空気、雲などの自然、そして人間や街や橋を、すべて一体のものと考えていたのだ。」「ある意味で、これは遠近法の発明に匹敵するくらい大きな前進であり、新たな地平に向けての一歩である。これ以降、絵画はデッサンに色をつけるというだけのものではなくなった。色彩独自の法則と仕掛けをもつ芸術となったのである。」

f0189227_111868.jpg

また、ジョルジョーネの師匠のジョヴァンニ・ベリーニも様々なスタイルを経てヴェネツィアの絵画を進化させて来た巨匠の一人です。

f0189227_101934.jpg

f0189227_104988.jpg

そして何と言ってもヴェネツィア派最大の巨匠ティツィアーノの絶筆とされる「ピエタ」。以前から図版で観ては、もう一度生で観てみたいと思っていたのですが、その長い生涯の中で色々なスタイルで絵を描いた彼が最後に到達した「表現主義」に感銘を受けました。

古典絵画を観た後、別室で開催されていたアルテ・ポーヴェラのアーティスト、マリオ・メルツの展覧会を観ました。
f0189227_12353.jpg


帰りの水上バスからみた、さながらヴェネツィア派絵画に出てきそうな「天国的な」空です。これをみながら、ヴェネツィアの画家たちも、結局は自分が住む土地の気候や風土の中で、身近な光景からインスピレーションを受けながら絵を描いていたんだな、と思いました。(Y.O)
f0189227_133722.jpg

[PR]

# by matsuo-art | 2015-10-17 01:35 | 展覧会  

イタリア美術紀行ーヴェネツィア編・その2(ヴェネツィア・ビエンナーレ/アルセナーレ会場)

ヴェネツィア・ビエンナーレ観覧2日目、アルセナーレ会場。れんが造りの巨大な造船所跡の空間にバラエティーに富んだ作品があって、個人的にはジャルディーニ会場よりもさらに楽しく観れました。印象に残った作品をアップしておきます。

f0189227_12132482.jpg

f0189227_12131121.jpg

中国のQiu Zhijieのインスタレーション。中国の伝統的な調度品などの形態をモダンな素材とデザインで解釈し直しているように見え、文化的な混交を表現しているように見えました。

f0189227_12164072.jpg

f0189227_1216582.jpg

アメリカのMelvin Edwardsの鉄のレリーフです。古い機械や道具のパーツを再構成して作品化しています。

f0189227_1218598.jpg

アフリカ、シエラレオネのアーティストの作品。兵器をデザインするということと、それを嬉々として細部に至るまで想像力を働かせて描き込んであるということが何やらアンビバレントな感情を喚起させますが、絵の好きな少年なら一度は子どもの頃にこんな絵描いたよな、と思わずにはいられないような面白いドローイングでした。

f0189227_1223236.jpg

ドイツのアーティストの作品。今回のビエンナーレのテーマは "All the World's Futures" ですが、廃墟や戦争や死をモチーフにした作品が比較的多く見受けられたように思えました。

f0189227_12254755.jpg

f0189227_1226458.jpg

現在はトリニダードに住んでいるらしいクリス・オフィリの展示が突然現れびっくりしました。私は彼の(特に初期の)作品が好きなので初めて生で観れてうれしかったです。

f0189227_12295380.jpg

f0189227_12302525.jpg

アルゼンチンのアーティスト。右に見える作業場で微調整した飛行機を延々と飛ばせてみせるパーフォーマンスに延々と見とれてしまいました。

f0189227_1244934.jpg

f0189227_12442971.jpg

それにしてもアルセナーレ会場の中でもやっぱり圧巻だったのは、「巨大逆さまお爺さんたちのカテドラル」とでも言うべきゲオルグ・バゼリッツの作品。表現の突き抜け感が素晴らしくて、観ていると無性に嬉しい気持ちが沸き上がって来ました。

f0189227_12464117.jpg

トルコのアーティストの作品。小さな液晶の画面にID写真のような人型が映し出され、それがシート状につなぎ合わされて宙に浮かんでいます。

f0189227_12501822.jpg

南太平洋の島国ツバルのアーティストの作品。水と霧と光が生み出す表情が美しかったです。

アルセナーレ会場も半日かかりましたが、とにかく広い会場だったので、もしかしたら全部観れていないかも。そんなわけでその他の会場での展示までは手が回りませんでした。(Y.O)
f0189227_12525394.jpg

[PR]

# by matsuo-art | 2015-10-16 12:57 | 展覧会  

イタリア美術紀行ーヴェネツィア編・その1(ヴェネツィア・ビエンナーレ/ジャルディーニ会場)

f0189227_985923.jpg

少し前のことになりますが、9月中旬から8日間ほどイタリアを旅行してきました。研究室の皆さんには、先日(10/10)の講評会の後のスライド上映会でヴェネツィア編だけをご紹介しましたが、ブログでは訪れた他の街でみたものも含めてご紹介していきます。

イタリアには、1990ー91年にイタリア政府留学生として1年間滞在していたことがあります。しかしその後その地を訪れたことはなく、今回の旅行は24年ぶりのイタリア訪問ということになります。

まず今回の旅行はヴェネツィアから始まります。この地を訪れた目的は何と言ってもヴェネツィア・ビエンナーレを観ることにありました。

f0189227_0561684.jpg

ヴェネツィア・ビエンナーレは2年毎に開催される、100年以上の歴史を持つ現代美術の国際展です。今回は56回目の開催で、テーマは "All the World's Futures" です。
ヴェネツィア本島の東の端にあるジャルディーニ(公園)会場と、その近くにある元造船場跡のアルセナーレ会場に大きく分かれており、他にも周辺の島々や本島内の空きスペースなどを利用した展示もあり、さらには関連の展覧会も多数開かれています。そしてそれを観るために世界中から美術に関心のあるたくさんの人々が集まってきます。(私もそのうちの一人というわけです。)

f0189227_184012.jpg

これはジャルディーニ会場の見取り図です。このように様々な国のパビリオンが公園内に建ち並び、そこに各国から選ばれた代表のアーティストが展示をしています。

f0189227_995019.jpg

f0189227_9102037.jpg

まずは日本館です。私にとって、ヴェネツィア・ビエンナーレへは、日本館の塩田千春さんのこの作品 "The Key in the Hand" を観るために来たようなもの…と言って良いほど素晴らしい作品だったと思います。古い舟から赤い糸が溢れ、部屋を蜘蛛の巣状に覆い尽くし、そして糸の結び目には何万本もの古鍵が吊り下げられています。そうした造形が表現する意味を考えながら、時間を忘れて作品を色々な角度から見つめました。

f0189227_1242273.jpg

f0189227_9105142.jpg

f0189227_9112026.jpg

f0189227_9113750.jpg


その他で印象に残ったパビリオンを紹介します。

f0189227_1325692.jpg

イギリス館です。写真にあるような彫刻作品が建物の内外に展示されていました。

f0189227_1354881.jpg

フランス館です。大きな樹木の根っこのところにモーターが入っているらしく、細かく振動しながら樹木自体が移動していました。「Moving Natureだ」と観客がつぶやいていました。

f0189227_1402259.jpg

f0189227_9145932.jpg

オーストラリア館です。奇妙なオブジェや生き物のかたちが博物館のように展示されていて見応えのあるインスタレーションでした。

f0189227_1483973.jpg

クロアチア館です。巨大なモノクロの現代版受難図のような絵画でした。

f0189227_283122.jpg

f0189227_2123278.jpg

企画展示のパビリオンの中にあったマレーネ・デュマスの小さなドクロの絵画が並べられた部屋や、アボリジニのアーティストのエミリー・ウングワレーの絵画など、観れて良かったなと思う作品は他にもありました。

半日がかりでようやくジャルディーニ会場を一通り回りました。明日はアルセナーレ会場に行きます。(Y.O)

f0189227_9211833.jpg

[PR]

# by matsuo-art | 2015-10-15 02:40 | 展覧会  

「他人の時間」展、「ヴォルフガング・ティルマンス」展、池水慶一「今年の夏、私は象になった。」展

9/21(月/祝)に国立国際美術館「他人の時間」展、「ヴォルフガング・ティルマンス Your Body is Yours」展、アトリエB1 池水慶一「今年の夏、私は象になった。」展の3つの展覧会を巡りました。

最初に行った「他人の時間」展は、アジア、オセアニア地域の若い作家20名による展覧会です。『経済的不均衡や価値観の違いによる衝突が増加する現代のグローバル社会』で『どのように「他人」と接続し、あるいは何によって隔たれているのかを考えてみること』、そして『それぞれが生きる社会や歴史、そして自らが描く世界を問い直すこと』がコンセプトです。

リサーチ型の作品が多いと思われるこうした美術展を楽しめるかどうかは、まずは観る側が積極的に作品につき合えるかどうか、つまり作家の出自などのバックボーンを知り、一目見ただけではよく分からないと思った表現でもある程度の時間を割いて鑑賞できるかどうか、によります。要するにその時につき合う気力と時間があるかどうかですが、例えば今年初頭に京都で開催されたパラソフィアでは時間がなかったので、ビデオ作品はことごとくパスしました。

しかし、この展覧会ではありがたいことに簡単な作家紹介と作品説明が各展示ごとに付いていたので、それを導入として作品を理解していくことができました。

特に印象に残った作品をいくつか挙げると、
海外生活を終えて沖縄に帰郷した作家本人を思わせる主人公が幼なじみのYと再会し、Yの祖父とアメリカ兵、そしてベートーベンの音楽との関係を独白で綴っていくミヤギフトシの叙情的な映像作品。
南ベトナム解放戦線ゲリラの写真家として活動したヴォー・アン・カーンによる、1970年当時の生々しくも社会主義国的造形美を有した2枚の記録写真。
日本がかつて台湾、サイパン、韓国などに立てた神社の鳥居が、その本来の役割を捨てて現在に残る様子を撮影した下道基行の写真〈torii〉シリーズ。
第二次世界大戦中にフランス、イギリス、日本の3重スパイとして実在したベトナム人のライ・テックを描いたホー・ツーニェンの映像作品「名のない人」。ドラマの断片のような映像の上に彼の人生のナレーションが語られるが、重く粗い印象を残すその映像は、同じ俳優が出演するいくつかの映画から切り取られて再構成されたものだという。

思えばこれらはどれも先の戦争の影響というものがキーになっています。

「他人の時間」展を観た後、1階上の展示会場にある「ヴォルフガング・ティルマンス」展へ。
本来この日のメインだったはずのティルマンス展なのだが、「他人の時間」展を観たあとでは頭を切り替えることが難しい。かつて「エイリアン」と「ブレードランナー」の2本立て映画を見に行ったときに、二本目のブレードランナーの世界に頭を切り替えるのが難しかったのを思い出しました(それでもこの時観たブレードランナー初回公開バージョンは、私の映画ベスト10に入ります)。

この10年の作品を網羅したというティルマンス展のいくつかの部屋は、写真集での既視感により想像の範囲内であり、既視感のない展示はもはやゆっくりつき合う気力が残っていないという状態。それでもざーっと観た25年間の全写真集の展示の中に、ほしいと思う作品集が数点ありました。
f0189227_8392058.jpg

その後、京阪なにわ橋駅にあるアトリエB1、池水慶一「今年の夏、私は象になった。」展へ。1960年代初頭から関西を中心に活動してきた池水慶一さんの、象をモチーフにした3つの作品を中心にして、その経歴紹介も含めた展示になっています。
昨年、推定66才で亡くなった天王寺動物園の象、春子。その姿を等身大に撮った白黒写真の作品2点は、1つが1969年に発表したもの。もう1つは2013年に撮って今回発表されたもの。まずその大きさの違いが目につきますが、耳の形やしわの在り方など観てみると、なるほど同じ象だというのが分かります。2013年の春子は真横からきれいに撮られていますが、高さ3.2mほどあるという大きな写真作品が35mmフィルムで撮られているというのは驚きでした。作家ご本人が在廊されていて、半年かけて完成した2013年版の制作裏話も聞かせていただきました。(n.m.)
[PR]

# by matsuo-art | 2015-09-23 08:52 | 展覧会  

MIHOミュージアム「若冲と蕪村」展、滋賀県立陶芸の森 陶芸館「岡本太郎の言葉とともに」展

滋賀県に行って、MIHOミュージアム「若冲と蕪村」展と滋賀県立陶芸の森 陶芸館「岡本太郎の言葉とともに」展を見てきました。
(「若冲と蕪村」展はすでに終了、「岡本太郎の言葉とともに」展は9/23(水)まで。)
f0189227_18183340.jpg

「若冲と蕪村」展には若冲の晩年の大作「象と鯨図屏風」を見るのが目的で行ったのですが、「粟に雄鶏図」など他にもいくつか若冲の興味深い水墨画を見ることができました。若冲だけでなく狩野探幽や土佐光起も模写したという相国寺所蔵、14世紀の中国絵画「鳴鶴図」が若冲の模写と並んで展示されていて、印刷物でよく目にしていた作品ですが、こうして端整に描かれた実物を見ると、当時の日本の絵師がお手本にしたという理由も分かります。

MIHOミュージアムは遠い滋賀の山奥にある美術館なので、出掛けるまではいつも躊躇しますが、行ってみると何かしら質の高い魅力的な作品に出会えます。図録を見ると4期に分かれた会期の作品入れ替えの中で、若冲だけでも多くの作品が集まっていたと分かり、この美術館の企画力に改めて感服します。

ちなみに私は南画系の絵にあまり関心がないので蕪村に関しては銀地屏風とあと1点以外は特に感慨はありませんでしたが、そもそも同じ年に生まれ、20年ほど京都のごく近所に住んでいた2人が、交友関係が重なっているにも関わらず交際があったという記録が一切残っていないというのも面白い。たぶんお互いに、あるいはどちらかが一方的に嫌っていたのだと思いますが、その2人が生誕300年後に同じ展覧会をしてるなんて思ってもいなかったでしょうね。
f0189227_18105738.jpg

滋賀県立陶芸の森 陶芸館「岡本太郎の言葉とともに」展は陶芸作品の展覧会で、立体制作で信楽とも関係の深かった岡本太郎を軸に構成された企画です。太郎のやきものの外に、パプアニューギニアの土器、子どもの土の造形、障碍のある人や現代作家の作品なども展示されています。小ぶりの展覧会ではありますが、こちらの方も思いのほか充実した展覧会でした。
太郎が撮った縄文土器の写真と合わせて、その被写体となった縄文土器の実物が2点展示されていたのですが、これらの造形が途方もなく豊かで感動的でした。この2点に出会うだけでも価値があると思いますが、太郎が信楽で初めて焼いたという愛らしい「犬の鉢植え」や、奈良美智、島武巳の充実した現代作家の作品も印象的でした。
f0189227_1895747.jpg

同じ滋賀県立陶芸の森敷地内ある信楽産業展示館では、「信楽焼の近代とその遺産ー岡本太郎、信楽へー」(9/30(水)まで)という無料の展示も行っているので、「岡本太郎の言葉とともに」展を見に行く人はこちらも忘れずに立ち寄ってください。信楽焼の歴史とともに、岡本太郎が信楽で焼いた「座ることを拒否する椅子」や、太陽の塔背面の「黒い太陽」に関する展示などがあります。「座ることを拒否する椅子」のデザイン案など、なかなか貴重な資料もありました。

こちらは赤字で大きく「撮影可」と書いてあったのでいくつか撮影しましたが、中には「撮影かぁ〜?」と書いているのもあって、どこまで撮影して良いのやら悪いのやら、よく分からないので1枚だけ会場風景を載せます。(n.m.)
[PR]

# by matsuo-art | 2015-08-30 18:21 | 展覧会  

「舟越 桂 私の中のスフィンクス」展 兵庫県立美術館

兵庫県立美術館で開催中の、舟越桂展に行ってきました。
学生の時、多摩美術大学にて開催されたグループ展に友人が参加し、その手伝いに行ったことがありますが、
舟越さんもその展覧会に出品されていました。
1985年のことです。
その頃からすでに注目されていた舟越さんの具象彫刻は、現代美術の新しい様相を提示した感がありました。
f0189227_1274852.jpg

今回の展覧会では広い空間にその作品1点のみが展示されている部屋が2つあります。
照明も含めたその展示の仕方と作品の求心力によって、非常に魅力的な空間が立ち現れています。
特に最初の部屋では、そこに入った瞬間にしてはっと立ち止まってしまうような軽い衝撃を受け、
この展覧会全体の質の高さというものを感受してしまうような空間になっていたと思います。

スフィンクスシリーズの力のこもった大きな作品や、
二つの頭部を持った作品、
あるいは作家のフェティッシュを感じる角の作り込みなどに引き付けられながらも、
いつも行う「この中で1つ買うとしたらどの作品か?」という問いかけを自分にしたら、
初期の作品群の中の静かなたたずまいの1点になりました。

家に戻って買ったばかりの図版を開けるとその作品が
最初の方のページに複数の写真で紹介されているので、
なるほどこの作品は特別なのだと得心しましたが、
この控えめな作品が醸し出す、言語化し難い、あるいは言語化しなくてもよいような、
美術作品の存在価値というものに改めて感じ入った次第です。

ところで、この展覧会のチラシなど広告物のデザインは、
研究室の年間パンフをデザインしてくれているツムラグラフィークさんによるものです。
そうとは知らずにO先生が以前授業の中で分析していたように、
このチラシは文字や図像をフォーマルに構成しながら、
静謐な展覧会の内容を伝える美しいデザインになっていると思います。(n.m.)
[PR]

# by matsuo-art | 2015-08-18 12:05