<   2017年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

姫路市立美術館「リアル(写実)のゆくえ」展

f0189227_12522396.jpg

姫路市立美術館「リアル(写実)のゆくえ」展へ行ってきました(11/5(日)まで)。明治初期(江戸末期)の洋画の導入から今日に至るまでの写実絵画の系譜を紹介した企画ですが、高橋由一や岸田劉生の系譜に重点を置き、黒田清輝による外光派の系譜を意図的に排した展覧会とも言えるでしょう。

私は高校生のときに「日本近代絵画の歩み展」という明治初期から昭和までの洋画、日本画の流れを網羅した展覧会を見に行ったのですが、その時惹き付けられたのが、油彩を日本が導入し始めた黎明期の絵画です。それら暗い色合いの写実に歴史的な重みを感じるとともに、日本の洋画という自我が形成される以前の、無意識の茂みのようなものを感じていたように思います。

今回はその時に見た川村清雄「少女像」や横山松三郎「自画像」も展示してあり、なつかしく思いました。高橋由一の初めて見る作品や、岸田劉生の静物画の良い作品も数点見ることが出来てよかったです(ただし、「冬枯れの道路」と「麗子像(1918年)」の代表作は姫路展不出品)。また、絵を描いていたことを知らなかった伊丹万作の油彩や、その友人でもあった重松鶴之助いう興味深い作家の作品も初めて見ました。少し気になっていた作家の実物を見て、気にする程でもないな、ということも分かりました。

現代の作家では、先にNHK日曜美術館で紹介されていて気になっていた水野 暁「the Voclcanoー大地と距離について/浅間山ー」という作品が、予想通りに大変興味深い作品でした。浅間山を目の前に野外でイーゼルを立て4年掛けて描いたという写実画で、表面を写し取ったという感じではなく、絵画的な質感とうねりを感じる作品です。
f0189227_138271.jpg
f0189227_137554.jpg

赤レンガの立派な造りの美術館は姫路城を臨む姫路公園敷地内にあり、陸軍の倉庫として建築、敗戦後に市役所として利用したのちに美術館として再生利用されたそうです。いままでにもいくつか観たい展覧会があったにも関わらず行くことが出来ず、今回初めて訪れたように思います。常設展ではマチスの切り絵による「ジャズ」も見ることができましたが、強烈に鮮やかな配色であるにもかかわらず決してエグくならない色彩の使い方は、受験生やデザイナー志望者にも見るべきものがあると思います。(n.m.)
[PR]

by matsuo-art | 2017-11-04 13:11 | 展覧会