<   2017年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

ミュシャ展、草間彌生「わが永遠の魂」展 新国立美術館

f0189227_17402253.jpg


新国立美術館のミュシャ展と草間彌生展に行ってきました。
どちらも人気の展覧会でそれなりに混んでいる様子でしたが、まずはミュシャ展の方から行くことにしました。

会場に入ると「スラヴ叙事詩」の巨大絵画が待ち受けています。6メートル×8メートル規模の絵画に四方を囲まれるわけですから、まずスケールの大きさに圧倒されます。
故郷とスラヴ民族の歴史から着想を得たこれらの作品は、写実性がありながらどこかファンタジックで幻想的な絵になっています。
巨大な画面の中で人物の顔や布の皺、草花や装飾品などがいたるところで丁寧に描き込まれており、ミュシャはかなり几帳面な人だったのだろうな~と感じました。
撮影OKのコーナーがありましたので紹介します。

f0189227_17430022.jpg


f0189227_17415782.jpg


f0189227_17454575.jpg


f0189227_17442952.jpg



f0189227_17485988.jpg


部分です。

進んでいくとリトグラフのポスターが並んでいます。
ミュシャを人気の作家に押し上げたこれらの作品は、美しい女性や花や星、キラキラの装飾品などが繊細な線で緻密に描かれており、現代でもとても人気があります。
人物や花は描写の線より太い輪郭線で囲まれています。これによって見せたい部分をより強調し、デザインされた枠の部分と距離感を生む訳ですが、髪の隙間や、重なり合った葉の隙間など輪郭線に囲まれて出来た「間」がとても絶妙で「オシャレだな~」と感心してしまいました。



f0189227_17391350.jpg


そして次は草間彌生展へ向かいます。
まず入ると奥行きのある広い部屋に「我が永遠の魂」シリーズがビッシリと並んでいます。
強い色彩と激しいインパクトで部屋に入った瞬間思わず「ウワッ」と声を上げてしまいました。
使われている色や図像(水玉や網、目など)は共通していながらも、1枚1枚独立した別の作品でもあるし、巨大な1枚の絵画のようにも感じられます。
「描いてる時は私命がけなのよ」とドキュメンタリー番組で仰っていましたが、命がけ×130枚はものすごいパワーを発していました。

f0189227_17515922.jpg


f0189227_17544043.jpg


f0189227_17560675.jpg


f0189227_17581070.jpg


f0189227_18003622.jpg


奥の部屋に進むと過去作品が展示してあります。
インフィニティ・ネットや黄樹、かぼちゃなど人気作品が注目を集めていました。
[無限の鏡の間]は通る人が皆周りを見渡しながら一種のアトラクションのような感覚で作品を楽しんでいました。


出口付近にはすごい人だかりが…
2つの展覧会どちらとも物販の行列がかなり長く伸びていました。
特に草間彌生展の方はグッズ展開がかなり豊富で「ポップでかわいい水玉模様」マーケティングの強さを感じました…!
(s.t)



[PR]

by matsuo-art | 2017-04-28 18:17 | 美術  

イエス・フューチャリング・アンダーソン・ラビン・ウェイクマン、アルカイックホール 尼崎

f0189227_14411237.jpg

イエス・フューチャリング・アンダーソン・ラビン・ウェイクマン、 4/21(金)あましんアルカイックホールでのコンサートレポートです。

イエス50年の歴史の中で私がよく聴いていたアルバムは「 こわれもの 」から 「トーマトゥ」までの時期。中学から大学生の頃に特に心酔し、その後はリアルタイムでフォローはしないものの(1992年の8人イエス Union Tour へは行った)、時折思い出したようにその時期の楽曲を聴き込む、というように接してきた。

私が考えるベストメンバーは、vo.ジョン・アンダーソン、g.スティーブ・ハウ、b.クリス・スクワイア、key.リック・ウェイクマン(そしてパトリック・モラーツ)、dr.アラン・ホワイトまたはビル・ブルーフォード、となる。それ以降の時期については大ヒットした「Owner of a Lonely Heart」はさすがに知っているものの、他の曲については、ほとんど知らない。今回ギターを弾くトレバー・ラビンが加入していた時期についてもよく知らない。客観的に見れば片寄ったファンかもしれない。

イエスがジョン抜きで活動し、数年前にこの尼崎のアルカイックホールで演奏したことは知っている。これが最後かも、と少し検討してみたものの、結局行かなかった。ジョンのボーカルがないイエスを想像できなかったからだ。結果として、クリスのゴリゴリのベースとツボを押さえたハモりに生で接する機会を永遠に失っってしまった(行った人からは「良かったよ、替わりのボーカルも健闘してたし」と聞いた。クリスは2015年6月に帰らぬ人となった)。

そのときなぜジョンが参加していなかったのか詳しくは知らないが、病気だとか、声が出ないとかの噂を聞いたので、もう私が考えるイエスの演奏を生で聴くことはかなわないのだ、と思っていた。ところが、アンダーソン・ラビン・ウェイクマン(ARW)としてジョンがリックと共に活動しており来日もする、という情報が寝耳に水で入ってきたのだ。これは行くしかない。

今回の日本公演初日(4/14東京)から遡ること7日前の4月7日、イエスがロックンロールの殿堂に入った。NYでの受賞式では分裂した2つのグループからジョン、リック、ハウ、アランが集った上に、引退したビル・ブルーフォードまで駆けつけていたのには感慨深かった(私はこの情報をキング・クリムゾンのHP、DGMで知った)。そしてその3日後、ARWはイエス・フューチャリング・アンダーソン・ラビン・ウェイクマンと改名し、正式に「イエス」の名を冠しての来日となった。

そんな期待と、しかし一抹の不安を抱えてのこのコンサート、果たしてその音楽はどうだったのか。
結論から先に言うと、本当に素晴らしいコンサートだった!ジョンの声が出るのかどうか心配だったわけだが、しっかりと出ていた。曲のテンポもおじさんバンドにありがちなスロー寄りになっていない。全盛期を彷彿とさせる、まさしくイエスのコンサートだった。
f0189227_1434512.jpg

私の席は1階の前から19列目、向って右側寄り(リック・ウェイクマン側)。開演の7時に開始アナウンスがあったが、メンバー登場までには少し間があった。最初に登場したのはドラムとベースの2人。逆光のシルエットで軽くポーズを決めてスタンバイすると、次にラビンとリック・ウェイクマンが登場。リックは太った熊のような大きな体躯で、向かって右手からゆっくり歩いて入ってきた。顔も丸いが髪は70年代のように長い金髪。例のマントを着けているのがうれしい。

そして最後にジョン・アンダーソンがひらひらと腕を動かし、少しおどけながら登場。会場が盛り上がる。やはりイエスにはこの人が居なければいけない。上半身のボリュームはさすがにしっかりとあったが、タイトなパンツにブーツを履いた下半身は細く、見た目が若々しい。事実、コンサート中は飛び跳ねたり歩き回ったりで年を感じさせず(72歳!)生き生きしている。MCでは、ぞうさんの歌やドングリころころなど日本の歌を口ずさんだり、あなたは美しい、と日本語も口にしながら常におどけていた。

ステージと観客の距離が近いせいか、最初は何やら日本のフォークソング歌手が集ったナツメロコンサートのようで、会場が和気あいあいとしている分、オーラが少ない。それもいいかな、とも思っていたが、ありがたいことにそのレベルで終わる人達ではなかった。
f0189227_1513491.jpg

最初に曲の持つ力を感じさせてくれたのは「And You and I」。”こわれもの”からの定番ソングだ。ただ、中間部分のボーカルパートを別アレンジにしていたので、あれっ?と思った。ジョンの声が出ないせいかな、とか、このパートは高い音域だったっけ、などと考えてしまったものだから曲の後半は若干入りこめなかった(斜め後ろの人の手拍子がやたら大きいのにも閉口した)。

しかし「Heart of the Sunrise」でそれは全くの杞憂と判明。スピード感とメリハリのある力強い演奏にジョンの昔と変わらぬ音域の声が乗る。音圧もしっかりとあるボーカルに感動。曲の最後には、ジョンが健在であることそれ自体に心動かされ涙が滲む。最盛期と変わらぬ演奏に思わずスタンディングオベーション。

ラストから2番目の曲「Awaken」がさらにすごい。アレンジを変えることで冗長さを感じさせず(中盤でジョンは延々とハープを弾いた)、厚みのある音は圧巻。リックのキーボードが荘厳かつ華麗に展開する。全体にキーボードの重低音が効果的に響いていた。

ラストの「Owner of a Lonely Heart」ではリックがキーボードを肩から掛けるタイプに持ち替えて移動。ステージ中央で4人で円陣組んで演奏したかと思うと、なんとステージを降りてきた(ラビンも左手から降りたようだがよく見えなかった)。会場の通路をゆっくり歩いて一周し、私の3メートル先まで近寄ってくれた。リックのサービス精神に感謝。その間も曲は延々と演奏され、クリームやビートルズのメロディを挟んだり、ベースが歌ったりしながら観客総立ちの盛り上がりの中で終了。アンコールの「Roundabout」でもその盛り上がりを引き継いで終了しました。
f0189227_14371724.jpg

本来イエスの音に欠かせないスティーブ・ハウとクリス・スクワイアがいなかった訳だが、その不在を感じさせない演奏だった。ラビンはラビンとして楽曲やソロからハウらしさをなくして演奏、ベースも変にクリスを意識することなく自分らしく演奏していたのだろう、逆にそれが2人の不在を感じさせない演奏になっていたように思う。リズム隊が若い(?)のも功を奏しているだろう。コーラスもラビンとベース、ドラム(私の位置からは歌っているところはよく見えなかったが)の4声と厚みがあった(ただ、後で考えると「And You and I」の新アレンジ部分はコーラスのパートだった。単にシンプルにしたかったのか、クリスやハウがいないことが理由だったのか)。

「Heart of the Sunrise」「Awaken」で全盛期のイエスが目の前にいるかのような演奏を体験できたし、彼らのサービス精神で会場が一体となった雰囲気も味わえた。ラビン加入期の楽曲も乗りの良い曲が多く、初めて聴いても結構楽しめたし、十二分に満足したコンサートだった。(n.m.)

セットリスト 2017/4/21 あましんアルカイックホール
1.Cinema(Yes)
2.Perpetual Change(Yes)
3.Hold On(Yes)
4.I've Seen All Good People(Yes)
5.Drum Solo
6.Lift Me Up(Yes)
7.And You and I(Yes)
8.Rhythm of Love(Yes)
9.Heart of the Sunrise(Yes)
10.Changes(Yes)
11.The Meeting(ABWH)
12.Awaken(Yes)
13.Owner of a Lonely Heart(Yes)
アンコール
14.Roundabout(Yes)
(テープ:Life on Mars?/David Bowie song、Piano solo version by Wakeman)
[PR]

by matsuo-art | 2017-04-26 14:56 | 音楽