<   2015年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

エキスポ’70パビリオン「時代が求めた!1970デザイン展〜アイビーからスペースエイジまで〜」

万博記念公園内にあるエキスポ’70パビリオンで開催されている「時代が求めた!1970デザイン展〜アイビーからスペースエイジまで〜」展に行ってきました(1/12(月・祝)まで)。
f0189227_151110.jpg

1970年前後の時代に焦点を当てて、VANのアイビーや万博ユニフォームなどのファッション、椅子や車、時計、などの工業デザイン、タイムカプセルやウルトラソニック・バス(人間洗濯機)、パビリオンの模型などの70年万博関連物が展示されています。2階の常設展でも’70年大阪万博の世界がノスタルジー満載で展開していて、両方あわせて一気に70年代へ遡った気分を満喫できます。
f0189227_2413382.jpg

f0189227_2415584.jpg

f0189227_2423637.jpg

f0189227_243142.jpg

椅子のコレクションは武蔵野美術大学の所蔵品。茶色の長椅子は映画「2001年宇宙の旅」でも使われたものだとか。
f0189227_1543962.jpg

f0189227_1535896.jpg

f0189227_1545556.jpg

万博会場模型を俯瞰して眺めると、ソ連館、アメリカ館、日本館の3つが特に大きかったことが分かります。
f0189227_1565923.jpg

こちらはロビーにある岡本太郎の「座ることを拒否する椅子」。
f0189227_2435570.jpg

鉄鋼館だった建物を改装したこのエキスポ’70パビリオン、中央のスペースシアターホールでは当時の音と光の演出が再現されていて、老朽化で中に入ることはできませんが、ガラス越しに見ることができます。クレジットを見ると、高橋悠治、武満徹、宇佐見圭司、安部公房、杉浦康平と当時先端だった芸術家の名が並んでいます。小沢征爾指揮のクセナキスの曲が流れていました。また、太陽の塔内部にあった「生命の樹」の一部も展示してあります。
f0189227_1552858.jpg

f0189227_1554839.jpg

精密なお祭り広場の模型を下から覗き込むの図。
f0189227_201168.jpg

f0189227_1584771.jpg

常設のパビリオン制服展示。
f0189227_425413.jpg

デザイン展はもうすぐ会期終了ですが、'70年万博について興味がある人には常設だけでも十分楽しめる展示だと思います(常設入館料は200円、中学生以下無料)。同じ万博公園内の国立民族博物館や日本民芸館も、まだ行ったことがない人にはおすすめです。(n.m.)
[PR]

by matsuo-art | 2015-01-10 22:20 | 展覧会  

謹賀新年 2015年

明けましておめでとうございます。

f0189227_1633176.jpg

[PR]

by matsuo-art | 2015-01-01 00:00 | その他