<   2014年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

「杉本文楽 曽根崎心中 付り観音廻り」フェスティバルホール

大阪フェスティバルホールの「杉本文楽 曽根崎心中 付り観音廻り」公演を見に行きました。
現代美術作家である杉本博司氏演出によるこの"杉本版曽根崎心中"については、以前、東京公演(2011年)のドキュメンタリー番組が放映された時にこのブログでも紹介しました。
初演時の原本を忠実に再現し、当時の一人遣い人形を復活させるなど伝統に則しつつも、独自の解釈で演出した全く新しい文楽。ホールの非常灯もすべて消した暗い会場に浮かび上がる人形を、黒子の衣装を着た人形遣いが操るという演出。ミニマムに洗練された舞台空間が際立っていました。
f0189227_1175983.jpg

初版本から再現された第一段の「観音廻り」では、ヨーロッパ公演から起用されたと思われる現代美術家の束芋によるアニメーションを背景に、一人遣い人形のお初が登場。このアニメーションをはじめとした大型スクリーンによる演出は、特に文楽に慣れ親しんでいる人にとっては人形の動きを邪魔するものとして不要という意見もあるようです。文楽自体これが初めてという私には比較検討できませんが、今回、2階席という人形の表情をつぶさに見ることができない遠い距離から鑑賞した者にとっては、広い空間でのこの演出はありだ、と思いました。

次の「生玉社の段」で三人遣いの人形が出てくると人形の動きが断然生き生きしはじめたのが双眼鏡越しでも分かりましたが、逆に言うと、そうではない一人遣い人形とスクリーンの絡みはあってよい。ただ、近くで人形を見ることができる鑑賞者には過度の演出にも見えるでしょう。そののちの三十三間堂写真や松の写真のように杉本氏の作品が抑制されつつ効果的に使われているところを見ると、すべて杉本作品で統一できれば良かったとも思います。それと、東京公演で登場していた「十一面観音像(かつて白州正子氏が所有していて現在杉本氏所蔵の)」が出てこなかったのは個人的には残念。

新しくなったばかりのホールの音響が、鈴の音も含め非常にきれいだったのは印象的でした。大夫の声と三味線の音がとてもここちよく、職人技による型の、完成された豊かさというものを感じました。そのここちよさに、暗闇の中でついうとうとしてしまう瞬間も‥‥。大夫の意味内容が分かればそんなこともなかったのでしょうが、思っていた以上に意味内容は聞き取れませんでした(台本も買いましたが、あらすじは載っているものの現代語訳は出ていない)。
f0189227_1192066.jpg

でも、正月に落語を聞きにいった時も思ったのですが、テレビやラジオで聴くとそうは思わなくても、三味線は実際に演奏されているところを間近で聴くと魅力的で、今回は大夫の節回しもとても魅力的な音であることが分かりました。
最後の「道行の段」の舞台が現れると、ミニマリズムというべきシンプルな舞台演出に感心しましたが、他にも火打石の火花や火の玉の炎が暗闇の中で効果的に演出されていたのも印象的でした。

ところで今回はTsumura grafikの津村氏といっしょに見に行ったのですが、彼によるとつい最近、心斎橋のアセンスで写真家ヴォルフガング・ティルマンスのサイン会があったそうで、ちょっと特別なティルマンスのサインを見せてもらいました。TASCHENから画集が出版された記念企画だったようですが、展覧会をしていたわけではない場所でそんな企画があったとは!
津村氏は現代美術作品(および古美術)の収集家でもあり、たとえば伊丹市立美術館で開催された中原浩大展にも彼のコレクションが出品されていたりしているのですが、ティルマンスの写真も家に飾ってあるそうです。(n.m.)
[PR]

by matsuo-art | 2014-03-29 22:48 | 舞台