<   2013年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

ルー・リード氏死去 享年71 歳

ルー・リード氏の訃報が届きました。 享年71歳。我々世代に多大な影響と業績を残した大きな才能が、またひとつ消え去ってしまいました。

1960年代「ヴェルヴェット・アンダーグラウンド」のリーダーとして活躍したルー・リード氏。私は90年代にルー・リードのソロライブに2回行きましたが、特に1回目のライブがとても良かった。メンバー4人による中規模会場でのシンプルなロック、エフェクト類も60年代・70年代そのままの音で、ダイレクトに身体に響いてくるものでした。

ルー・リード氏について私はそれほど詳しい訳ではありません。「ヴェルヴェット・アンダーグラウンド・アンド・ニコ」はアンディ・ウォホールによるバナナのジャケットでとても有名なアルバムですが、ちゃんと聴き通した記憶はありません。画家で映画作家のジュリアン・シュナーベル氏が撮った、ソロアルバム3枚目「ベルリン」を30年ぶりに演奏したステージ映像も入手しましたが、暗澹たる想いになるその退廃的な暗さは好きになれるというものではありません。それでもルー・リード氏の音楽が私を引き付けて離さないのは、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのアルバム「ホワイト・ライト/ホワイト・ヒート」があるからです。
f0189227_2322112.jpg

このアルバムはすごい。あるいは、このアルバムとの出会い方がすごかったのかも知れませんが、とにかく私にとってルー・リードとは、このアルバムだけでも十分なのです。音楽的な技術がうまいとは決して言えない若者たちが放つこのアルバムの開放感は、そう簡単に他のもので得られる質のものではありません。

その質をもう一度確かめようと手元にあるはずのCDを探したのですが、アトリエに持っていったのか見つけられず、その代わりに1万5千円もする「ホワイト・ライト/ホワイト・ヒート(45周年記念スーパー・デラックス・エディション)」が12月中頃に発売されることを、アマゾンの検索で知りました。未発表の音源、マイナーな音源や映像がいろいろと出てくるのかもしれません。けれどもそれらが、アルバムに凝縮された粗雑な開放感を薄めてしまう可能性もないわけではありません。
 
私は今、1万7千円もするking crimsonの「Road to Red Box」日本版の発売を待ちこがれていますが(日本版が出るという情報を入手して輸入版に手を付けずに待っているのだが、本当に出るのだろうか)、大量の未発表音源を管理し、常にそれらを発表し続けてきたこのバンドについては、未発表音源が何かしらの新たな感動を生むことが期待できるのです。私にとっての「ホワイト・ライト/ホワイト・ヒート」は、やはりアルバムだけで十分であるような気がしています。(n.m.)
[PR]

by matsuo-art | 2013-10-28 22:30 | 音楽  

ぶらぶら美術館「ロシア・プーシキン美術館展」BS日テレ

本日のおすすめTV番組です。BS日テレ「ぶらぶら美術館」(8:00pm〜8:54pm)で「ロシア・プーシキン美術館展“フランス絵画300年”」が紹介されます。神戸市立博物館で現在開催されている同展覧会(12/8(日)まで)に合わせて、東京で開催されていた時の内容の再放送です(最初にマンモス化石展も紹介されると思います)。

美術評論家・コラムニストの山田五郎さんがお笑いコンビのおぎやはぎとアシスタントの相沢紗世さんを連れて展覧会を紹介するというこの番組、実際に展覧会場を歩きながら紹介するのでサイズ感など作品の様子がリアルに伝わってくるし、山田五郎さんの解説も専門的でありながら分かりやすく、とてもすぐれた番組なのです。事実、この番組はすでに2つの賞を受賞しています。
昔、FM放送で”ビートオンプラザ”という番組があって、アルバム1枚をほぼまるまる放送してくれるというお得な音楽番組だったのですが、私はこの「ぶらぶら美術館」は美術界の”ビートオンプラザ”だとも思っています。

面白いのは、この番組のレギュラーであるおぎやはぎの2人が山田五郎さんと数々の展覧会をまわっているうちにすでに目利きになっていて、「これはいいマチスだね」とか「いいセザンヌだ」とか的確な発言をしているところです。有名な作家の作品が来ていても”いい作品”がないと展覧会の価値は半減しますからね(全く価値がないわけではない)。展覧会自体にはまだ私も行っていないのですが、展覧会の一番の目玉は、番組で紹介されているマチス、それとセザンヌ、ゴッホだと見ています。(n.m.)
[PR]

by matsuo-art | 2013-10-18 11:04 | TV  

大竹伸朗展「ニューニュー」/丸亀市猪熊弦一郎現代美術館

f0189227_20344550.jpg

10月13日、日帰りで、香川の丸亀市猪熊弦一郎現代美術館で開催中の大竹伸朗「ニューニュー」展と、岡山県立美術館で開催中の中原浩大「自己模倣」展に行ってきました。中原浩大展についてはまた別の機会に譲るとして、今回は大竹伸朗展についてレポートします。

今月号の美術手帖誌はまさしく本展をメインにした大竹氏の特集になっています。本展出品作の大部分も掲載写真で見ることができますが、同誌を見ているうちに大竹氏の過剰なまでの物質感や作業性そして作品のスケール感を直に感じたくなって、当初の目的地の岡山からさらに足を延ばすことにしました。
思えば、大竹氏の実作品をまとまった形で観るのは、90年代のはじめに大阪なんばで観た回顧展「ECHOES 55-91」と、東京の佐賀町エキシビットスペースのあった食料ビルの中のギャラリーでの個展(いつのことだったかどうしても思い出せない)以来です。

f0189227_20353448.jpg

今回の個展は、2006年に東京都現代美術館で行われた大規模な回顧展「全景」以降の新作を集めたものだそうですが、おそらく一番の目玉作品は、昨年ドイツ・カッセルで行われた「ドクメンタ13」展で発表されたという「モンシェリー:自画像としてのスクラップ小屋」でしょう。フロアーの半分位を占め存在感を放って鎮座しています。ベースとなる小屋の内外には様々な印刷物や習字(?)が貼付けられているとともに、看板、ギター、自転車、人形、キャンピングカー、金属の棒材、サーフボード、スピーカー、漁の投網、ランプなど様々なオブジェがブリコラージュされ、異形の小屋へと成り果てています。
しかし特筆すべきだと思うのは、小屋の内部に巨大なスクラップブックが内包されていることです。これを観た時、大竹氏の作品の核心部分を観たような気がしました。

f0189227_20361562.jpg

大竹氏がかなり若い頃から路上で見つけた印刷物をひたすら貼り込み続けた大量のスクラップブックを制作していることは知っていました。(異形のスプラップブック!)このスクラップブックに関して、今月号の美術手帖誌でのインタビューで大竹氏は以下のように語っています。

(スクラップブックを始めたときは、)1ページごとの完成度に主軸を置く作品制作といった意識というよりは、「世界中の路上に散らばる印刷物すべてを徹底的にノートに貼り込む」といった思いを注ぐことに興奮を覚えていました。(中略)スクラップブック制作中に自分の中に起きている感覚はその構図や主張ではなく、拾い集めた素材を徹底的に貼り続けることによって少しずつ全体に起き始める「密度」、その「密度」と一体化していくかのような、何ものにも代え難い快感を求めていたのかもしれません。それは決してコンセプトから生まれるものではなく、今現在でも予期せぬ「事故」的な出来事がいつも大きく関係していて、その最初期の「密度」との出会いに対する指針は変化していないように思います。

昨年の10月のM先生が書いたブログ(「中原浩大 Drawings 1986-2012 コーちゃんは、ゴギガ?」展のレビュー)では、中原氏の「観客ゼロのドローイング」に関して考察していましたが、大竹氏の「スクラップブック」も限りなく「観客ゼロ」な質を持っているのではないか?と思うのです。つまり、自分のやっていることを客観的に判断する視点を持つというよりは、「貼る」という行為の内発性が出来事自体としてある形をとって立ち上がってくるということです。私は以前から、大竹氏の作品からは突拍子もない物体やイメージの扱い方から来るユーモアや、その作品の持つドライな質感にインパクトを与えられつつも、その一方で表現の対象や方向性のようなものをあまり感じませんでしたが、大竹氏のその多様な作品そして異形の小屋としての「モンシェリー」も本質的に、内発的な質を持つスクラップブックの延長線上にあるものとして成立して来るのではないか? 大竹氏の作品には「表現の対象や方向性」というより、いわば「スクラップされることの意味をスクラップすることが指し示している」というような質を持つのではないか? そして「自画像」であるという「モンシェリー」の心臓のように内包されている巨大なスクラップブックは、そうしたことを隠喩(あっけらかんとした物体群の中で唯一デリケートな象徴性をもって表現されているかのように見える)しているのではないか? ・・・自分が観た異形のものをなんとか咀嚼したいと思ってそんな自問自答を繰り返しています。

会場の丸亀市猪熊弦一郎現代美術館に来るのは2回目ですが、色々な点で凄く気持ちのいい美術館です。建築もかっこいいし、清潔で、職員の方々も丁寧で親切です。前回来たときもそうでしたが、始終気分良く過ごせました。最後に受付のお姉さんに無理を承知で近所におすすめのうどん屋さんを尋ねたのですが、ちゃんとうどん屋さんが記載された地図まで持たせてくれて教えてくれました。やっぱりよく尋ねられるんでしょうね(笑)。(Y.O.)

f0189227_20365623.jpg

[PR]

by matsuo-art | 2013-10-14 20:44 | 展覧会  

「マイホーム ユアホーム」展/芦屋市立美術博物館

f0189227_10454841.jpg

9月27日、芦屋市立美術博物館で開催中の「マイホーム ユアホーム」展を観に行きました。この美術館には今回始めて行きましたが、あまり大きくはないアットホームな感じの美術館です。
「マイホーム ユアホーム」展は、様々な視点からの「家」をテーマにした展覧会で、知人の造形作家の伊達伸明さんをはじめ、8名の作家(あるいはグループ)の仕事を紹介しています。

伊達さんは、2000年以来「建築物ウクレレ化保存計画」と称し、取り壊される家の記憶をぎゅっとウクレレの形に凝縮するという楽しくも興味深い仕事を継続中ですが、今回は近年の作品を中心に8点程展示していました。美術館のショーケースの中に様々な顔をしたウクレレたちが取り澄した感じで並んでいる様子が何か可笑しかったです。

もちろんその他の作品にも面白いものがありました。壮大なセルフビルドの実験場の感もある「沢田マンション」の活動報告や、仲睦まじい夫婦の姿を段ボールに色鉛筆でこつこつと描き続けた小幡正雄さんの作品などをとりわけ興味深く観ました。
ただ、この美術館は会場の大きさの関係上やはり限界があるのですが、「家」というテーマは普遍的なテーマ故に、もっと色々なタイプの作品、家というテーマに対してもっともっと多種多様なアプローチが観たかったなあ、とも思いました。

下の写真は、美術館敷地内に保存されている小出楢重のアトリエの隅にいた猫 。(Y.O.)
f0189227_10424342.jpg

[PR]

by matsuo-art | 2013-10-02 13:22 | 展覧会