<   2013年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

高橋幸宏コンサート「Yukihiro Takahashi with In Phase Live Tour」

9/16(月)に、大阪なんばハッチの高橋幸宏コンサート「Yukihiro Takahashi with In Phase Live Tour」に行ってきました。

今回のツアー、当初は行く予定はなかったのです。そもそもコンサートというものに十何年も行っていませんし、新譜「LIFE ANEW」は試聴してシンプルなポップロックの良盤であることは分かっていましたが、生誕60年記念DVD+CDの購入で少々散財していたので、大阪に来ると知ってはいたものの今回はパスして、CDもまたいずれ買おうと考えていました。ところが大阪会場のチケットが1週間前にまだ購入可能とパソコンに出てきたのもですから、考えてしまいました。幸宏氏もいまや61歳、大阪までコンサートに来てくれる機会はそう多くないのでは、と思い、つい購入ボタンをポチッと押してしまったのです。
f0189227_455325.jpg

実際行ってみると、ソロとしての大阪公演は30年ぶりだと言います。タイトなドラムと独特なボーカルは健在で、何よりも幸宏さんが全編ドラムをたたいてくれたのが良かった。YMOの散開コンサート(大阪城ホール)ではすぐにデヴィッド・パーマーに代わってしまい、がっかりしましたから。あの頃はドラムをたたきながら歌うと音程が‥‥という理由であまりたたいてくれませんでした。
後半はMCで話しも結構してもらえましたし、行って良かったです。

新譜を聴かないまま行ったのでどうかな?とも思いましたが、初めて聴く曲でも、例えばギターのジェームス・イハ氏の最後の曲などはとても良かった。でも、アンコールの聞き慣れた曲にはさらに身体的反応が良好だったので、やはりコンサートでは事前にアルバムを聴き込んでいた方がより楽しめるとも思いました。

アンコール1曲目の”something in the air”は、学生の頃によく聴いていた曲です。「ライブでドラムを叩きながらこの曲を歌うのは初めて」とおっしゃっていましたが、この大阪公演がツアーの始まりでしたから、文字通り「初めて」だったはず、それもなにか特別感があってよかったです。
2曲目がバカラックの”エイプリルフール”。30年前もラストだったと言うこの曲をしみじみと歌って終わりました。

私はサディスティック・ミカ・バンドからの幸宏氏のファンですが、氏のロマン主義やセンチメンタリズムが全面に出てくるとついていけない部分もあり、90年代のソロは全く聴いていませんでした。今世紀になってまた聴くようになったのですが、一番影響を受けたのは、17、8歳の頃に出会ったファーストソロアルバムだと言えます。そこには次のようなメッセージが載っています。
「‥‥はてさて日本人であるからなのか、それとも加工貿易的東京人間の特技か、いくつもの異なったスタイルの音楽を軽薄なまでに聞き、そして愛してきました。」
程度の差はあれどそこには感覚的に共感するものがあり、私の文化的受容と表出は、その言葉に寄り添ったり離れたり、周囲を巡りながら今日まで来ています。(n.m.)
[PR]

by matsuo-art | 2013-09-24 22:53 | 音楽  

連続テレビ小説「あまちゃん」

 NHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」が、あと1週間で終わってしまいます。寂しい限りですが、私が幸運だったのは、この国民的名作ドラマを1回も逃さずにすべて見ることができているということ。1つ前の「純と愛」の終盤を受験指導の忙しい時期と重なったことで録画していたのですが、その流れで録画を続けていて最初から逃さずに見ることができたのです。連続テレビ小説にはまったのは「ちりとてちん」以来ですが、「ちりとてちん」の前半は、だいぶ見逃してしまっていますので。
「あまちゃん」には早々にはまってしまい、途中からはちゃんと朝起きて生放送で見ています。
f0189227_11423496.jpg

昨日9/19の放送で天野晴子と鈴鹿ひろ美がスケジュール調節で使用していた卓上カレンダー、家にあるものと同じであることを発見して少しうれしくなりました。ただ、ドラマで使用していたのは今年のではなくて、1012年のものです。1年前のカレンダーというのは、どこかスタッフの知り合いなどから調達してくるものなのでしょうか、それともNHKの小道具室に保管しているのでしょうか。

鈴鹿ひろ美、こと薬師丸ひろ子さんの「潮騒のメモリー」が聴けるのかどうかも終盤の見所ですが、もし聴けるのならば、年末の紅白歌合戦では各出演者総出の潮騒のメモリーを聴きたいものです。(n.m.)
[PR]

by matsuo-art | 2013-09-20 11:54 | TV  

2013 ADC展ギャラリートーク/植原亮輔、渡邉良重(キギ)+柿木原政広(10)

先日、dddギャラリー「2013 ADC展」で催された植原亮輔さん、渡邉良重さん(キギ)+柿木原政広さん(10)
のギャラリートークへ行ってきました(9月10日(火))。
f0189227_11162137.jpg

今回私は生徒のO君に見せてもらった「JAGDA年鑑」で渡邉良重さんのイラストを初めて見て、一目で気に入ってしまったわけですが、そのイラストが使われている仕事が、渡邉さんと植原さんが組んで立ち上げているデザイン会社キギによる「森をひらくこと、T.O.D.A.」です。この仕事は、JAGDA賞もADC賞も受賞していて、ギャラリートークではその制作裏話を中心に、キギのお二人に柿木原政広さんが話を聞く、というかたちで進行しました。

たとえば、T.O.D.A.のロゴは植原さんが自分のそれまでのロゴが細いことに気付き、太いロゴにしてみたこと。ロゴは大文字と小文字のアルファベットと数字をすべて作ったこと。Tは道路のかたちで、O.D.Aは建物のかたちになっていてるその由来。渡邉さんの森のイラストは、以前にゴンチチのCD用に描いていたものがあり、あのように描いたらどう?と植原さんが提案したこと。出来たイラストに植原さんが加筆を提案した部分について、などなど。

キギのネーミングが木々からきていること、渡邉さんが作る服のブランドCACUMA(カクマ)のネーミングが渡邉さんの祖父の名前から取った経緯なども詳しく聞くことができました。
お三方が所属していたデザイン事務所ドラフト時代の話もありましたが、ドラフトのプロダクトブランドがD-BROSで、新しく大阪にできたグランフロント大阪の地下にD-BROSの店が入っている事も知りました。

「2013 ADC展」は、2012年5月から2013年4月までの1年間に発表されたポスター、新聞・雑誌広告、エディトリアルデザイン、パッケージ、CI・マーク&ロゴ、ディスプレイ、テレビコマーシャルなど多様なジャンルの応募作品約8,500点の中から、76名のADC(正式名称:東京アートディレクターズクラブ)会員による審査会で選出された受賞作品、優秀作品を展示した展覧会です。日本の広告・デザイン界の今を見ることができるので、デザイナー志望の人は是非見に行くとよいと思います。

「2013 ADC展」
2013年09月10日(火)~2013年10月25日(金)
dddギャラリー
〒550-8508
大阪市西区南堀江1-17-28 なんばSSビル1階

TEL:06-6110-4635 FAX:06-6110-4639

11:00A.M.-7:00P.M.(土曜=6:00P.M.まで)
日・月・祝祭日休館/入場無料
[PR]

by matsuo-art | 2013-09-14 22:04 | 展覧会  

「サイレントアクア2013」東日本大震災災害支援チャリティーオークション

京都市立芸術大学主催の東日本大震災災害支援チャリティーオークション 「サイレントアクア2013」が8月31日(土)より始まりました。8日(日)まで開催されています。

主催者による概要です。
本チャリティーオークションは、京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA(アクア)にて開催する、東日本大震災の復興に関わる活動をしている団体等を広く支援することを目的とするものです。
本オークションでは、入札方法にサイレントオークションを採用し、さらに作家名を伏せた匿名での作品展示とします。出品作家名は会場内に掲示し、ウェブサイト上でも公表します。作品はハガキサイズ程度とし、本学の学部生、院生、留学生、教員(非常勤含む)、旧教員、卒業生、修了生が出展します。オークションで得られた金額は、経費分を差し引いた全額を義援金として寄付させて頂きます。
f0189227_8515727.jpg

今回が3回目になるこのオークションは、上記にもある通り、出品者名一覧は公開されているものの、どれが誰の作品かは隠してあります。オークション参加者は誰の作品かはわからないまま入札します。落札後に初めて作者が分かるという仕掛けです。
作者を気にせず、純粋に作品の好みから気軽に入札する楽しみ方もありますし、出品者名簿を片手に推理しながら見る面白さもあります。作風からすぐに誰だかわかる先生方や知り合いの作品もありますが、「どれだろう?」と作品がはっきりとしない出品者もあります。3000円から入札できるので、絵の値段の相場など気にせずに気軽に入札していただくことができます。

作品は中京区二条城前にある京都市立芸術大学ギャラリー@KCUAに展示されています。実際に行く事ができなくてもウエブサイトから入札することもできます。ウェブを覗いていただくと分かりますが、たくさん並んだそれぞれの作品を眺めているだけでも結構楽しめます(ただ、過去2回の展示を見に行った経験から言うと、質感などの魅力が伝わるので、やはり実物を見た方がより楽しめます)。

昨年に引き続き私も出品させていただいていますし、当研究室のY.O.先生、Y.M.先生も出品しています。ざっと出品者名簿を見たところ、S.さん、T.さん、H.さん、M.さん、M.さんと、当研究室出身者も5名出品しているようです。
数多くの方々に興味をもっていただいて、このチャリティーオークションに参加していただければありがたいと思います。(n.m.)
[PR]

by matsuo-art | 2013-09-03 20:29 | 展覧会  

「LIFE 永井和正ポスター展」大阪難波dddギャラリー

大阪難波のdddギャラリーで「LIFE 永井和正ポスター展」(先月30日で終了)を見ました。
f0189227_1125947.jpg

永井一正氏と言えば昔は抽象的なデザインのポスターと言った印象でしたが、近年は手描きの動植物をモチーフにした「LIFE」シリーズの連作を手掛けています。実は私は、その先駆けとなったオオカミの図柄の、美術の教科書にも載っている「I'M HEAR」(1992年)は知っていたものの、「LIFE」シリーズは知らなかったのです。今回のこの展覧会のチラシで知り、永井氏が描く象や鹿の瞳にすっかり惚れ込んでしまいました。それで最終日になってしまいましたが、見に行ってきました。
f0189227_1404968.jpg

f0189227_1413068.jpg

2007年や2010年の動物の顔シリーズ、2005年の動物の顔半分シリーズ、2011年の花の球根から象やサイが出てくるシリーズ、2009年の鳥と植物のシリーズ、2013年のふくろうと不思議な動物のシリーズ、それに1999年の鳥の卵シリーズや2001年のキノコの胞子シリーズ、2008年の樹木の断面(?)と花シリーズ、などなど、動植物をモチーフに絵を描くことが多い私に共鳴してくるものが多々ありました。
永井氏は今年で83才。デザイン界の重鎮でありながら、なおも瑞々しく魅力的なイメージを提示され続ける姿は尊敬に値します。
f0189227_1423182.jpg

f0189227_1425453.jpg

f0189227_143136.jpg

f0189227_1435940.jpg

人間から樹木が生えているシリーズは、すでに1996年に出されています。これは「LIFE TO SHARE」というタイトルだから地球視線で見る生命の循環を示しているのでしょう。この国では人は土葬しなくなっているので、そうした循環からはみ出てしまっているわけですが、この図像は人間主体でなく自然主体で見たときの本来のあり方を示唆してます。
f0189227_1432970.jpg

画廊はそんなに広くはないので3段掛けくらいでびっしり展示してあり美術館展示のような開放感はありませんでしたが、たくさんの種類の「LIFE」を、実物の大きなサイズで見ることができてよかったです。
ところで次回、このdddギャラリーでは「2013 ADC展」が開催されます(9月10日(火)〜10月25日(金))。当研究室生徒のO君が東京で見て感動したという「Graphic Design in Japan 2013展」のカタログに掲載されていた受賞作のイラストに、これまた私は一目惚れしてしまったのですが、そのデザイナーの方が「2013 ADC展」に会わせてキャラリートークに来られるというので、是非見に行こうと思っています。(n.m.)
[PR]

by matsuo-art | 2013-09-01 14:36 | デザイン