<   2013年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

夏八木勲さん死去

俳優の夏八木勲さんが5月11日、お亡くなりになりました。

夏八木勲さんは、昨年10月から12月に放送されたテレビドラマ「ゴーイング マイ ホーム」(以前の記事はこちら)で、心に残る、とても存在感のある演技をされていました。70年代末に角川映画の大作に出演されていた頃は、正直、作品自体がそれほど良いとは思わなかったので、あまり印象に残っていなかったのですが、ここでは阿部寛さん演じる主人公のお父さん役として、静謐で人を惹き付ける、とても印象的な姿をされていました。ドラマの最後では静かに息を引き取るのですが、迎えが来ることを悟っているそのお父さん役の姿は、昨年11月に膵臓(すいぞう)がんが判明していたという夏八木さんご本人の姿と、今となっては重なります。

「最終回のお葬式のシーンでは、画面には直接映らない棺の中もご自身で演じられた」と監督の是枝裕和さんのブログにあります。棺の中を覗いた息子が思い掛けず涙するあのシーン、その時の阿部寛さんの目には、夏八木さんのお姿があったのだなあ、と思いました。

ご冥福を御祈りいたします。(n.m.)
[PR]

by matsuo-art | 2013-05-13 22:10 | TV  

坂越 観音堂 NHK「こころ旅」

ゴールデンウィークの5月4日は、家族でぶらりと赤穂までドライブに行ってきました。子供の部活が終わった昼過ぎからの出発で、滞在時間は数時間。感じの良い喫茶店でケーキセットをいただいて海沿いや赤穂城跡周辺を散歩しただけなのですが、帰りに海沿いを走りながら地図を見ていると「坂越」という地名が目につきました。坂を越える、と書いて「さこし」と読む、どこかで聞いた名前だなあ、と思っていたら、ちょうど出発前に見ていた昼のTV番組「こころ旅」で俳優の火野正平さんが訪れていたところではないですか。その坂越は赤穂市だったのですね。

「こころ旅」は、視聴者からの手紙をたよりに、火野正平さん(我々世代には大河ドラマで演じた豊臣秀吉が印象的)が日本全国を自転車で訪れる番組です。それぞれの「こころ」にある忘れられない風景を訪ねる、というさりげない番組ですが、風景や景観にはそこにいる人、いた人のいろいろな想いが投影されていることが実感できる番組です。ファンも多いようで、今は3年目の春。時間帯や衛星放送だったりすることで私は毎回見ている訳ではないのですが、この週は兵庫県ということで見ていたのです(今週は大阪)。

それで、火野さんが訪れた道のりをたどってきました。JR坂越の小さな駅に行って、駅前の看板で妙見寺の観音堂を探して、港町の町並みを通り過ぎて、小山の急な坂道を登って、上の観光堂にたどり着きました。
海が見下ろせる静かな景色。海面に大きな魚が飛び跳ねている様子もおなじように見ることが出来ます。思いがけずほっこりとした風景に出会えました。

番組は私しか見ていなかったので家に帰って録画していたものを家族に見せたのですが、なぜか録画が途中で終わっていて、肝心の観光堂に行くところが録れてなかったのは残念でした。(n.m.)

    JR坂越駅前
f0189227_11324155.jpg

    駅前の看板
f0189227_11331656.jpg

    観音堂のある小山
f0189227_1134737.jpg

    観音堂から海をのぞむ風景
f0189227_11371662.jpg

    観音堂前の山藤
f0189227_11343176.jpg

[PR]

by matsuo-art | 2013-05-08 11:31 | TV