<   2012年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

「土偶・コスモス」展/MIHO MUSEUM

f0189227_13124741.jpg

先週、MIHO MUSEUMで開催中の「土偶・コスモス」展に行ってきました。
縄文式土器や土偶に目のない僕としては、「国宝3点を含む縄文土偶役220点が、日本全国からやって来ます!」というキャッチコピーに心躍り、いつも会期の終わり頃になって焦ってバタバタと会場に向かうのが常の僕が、異例なくらいに早い時期に展覧会を観に行きました。

日曜日でしたが、観客はそれほど多くはなく、ゆっくりと、様々な形をした土偶たちの世界を堪能しました。
ひとくちに土偶といっても、作られた時期や場所によって形や大きさなど様々なバリエーションがあります。指の先ほどの小さななシンプルなものから、堂々としていて装飾が過剰な遮光器土偶まで、観れば観るほど面白い。
そうした形の面白さという造形的な興味に加え、甕や一部の土偶に施されている文様に古代中国の青銅器や北米のイヌイット、中米のアステカ文明/インカ文明の石壁の模様などの面影を観、ベーリンジアがつないだアジア大陸〜(日本列島)〜アメリカ大陸という古代文明の伝搬を想像するなど、興味は尽きません。
また、耳飾り(下の写真参照)のデザインなどどう見てもケルトの文様にしか見えないようなものもあります。そう思えば火焔土器のめくるめく装飾や、土器や土偶に施された渦巻き状の線刻などケルトの遺物を彷彿とさせます。こうなると汎ユーラシア的な文明の伝搬を考えねばならなくなりますが、むしろユングが言うように、人間の精神の古層にはあのようななデザインをもたらす何かが人類共通のものとしてあると考えた方が良いのかもしれません。

f0189227_13532485.jpg

それにしても、どうして土偶にはあのような、時に過剰とも思われるような装飾や文様が施されているのでしょうか。また、「縄文」というあの縄目の文様にはどのような意味があるのでしょうか。
自分なりに土偶を見ながら考えていたこととしては、まず土偶は古代の神像あるいは祖霊の像であり、文様はその霊力の表現ではなかったか、ということ。おそらく文様が施された位置や文様の形にも意味があったとおもわれます。またそうした神の霊力にあやかるため、おそらく縄文人も多かれ少なかれ身体に土偶さながらの入れ墨を施していたのではないか、と想像します。
また、単純に「縄文」といっても、その施し方にはいろいろなバリエーションがあるようで(必ずしもひもを使わない装飾法もあったようです)、文様そのものの意味や使い分けの詳細などはわからないものの、見ていると非常に繊細な美意識を感じます。技術的な側面から考えれば、粘土を整形した後、その表面が乾いてかちかちになってしまわないうちに装飾をしてしまわなくてはなりませんが、土器や土偶などの曲面に装飾を手早く合理的に施す方法として、あのような縄を転がす方法が広く採用されたのではないだろうか?などと推測しています。

この展覧会「土偶・コスモス」展の図録に収録されている論文の中では土偶の分類やその特徴などわかりやすくまとめられており興味深く読むことができます。そして、そもそも土偶とは何か、という問いにも図録中の小林達雄氏の概論が理解を助けてくれます。ただこの件に関しては、「人間の美術」第1巻「縄文の神秘」という本の中で哲学者の梅原猛氏が非常にユニークな推論をたてていて読み応えがあります。来月号の芸術新潮(10月25日発売)は本展の開催にあわせた縄文の特集のようで、梅原先生も登場されるようですから多分同様の考察が聞けるのではないでしょうか。

すっかり満足して会場を出て、図録を買おうと思ってぱらぱらとめくっていると、そういえば展覧会の目玉として大きくフィーチャーされている「合掌土偶」(国宝)を観た記憶がありません。おかしい、これを見逃したら大変だとばかりにもう一度会場をぐるっと一回りしてみましたが、やはりありません。展覧会のチラシを再度見て確認してみると、その「合掌土偶」をはじめ、有名な「縄文のビーナス」など他の国宝2点と、重文になっている遮光器土偶の中でも最も見事なやつ(東京国立博物館蔵)は、展覧会会期の最後の方で展示されるとあります。上のポスターで描かれている土偶の全て、つまり展覧会のハイライト的な展示物が全くない状態の展覧会を見てしまったのか〜、それでお客さん少なかったのかな〜、と、そのことで多少残念な気持ちにはなりましたが、でも上の目玉作品がなくても十分楽しめる展覧会でしたよ。でももう一回行こうかなぁ・・・・。(Y.O.)
[PR]

by matsuo-art | 2012-09-30 13:16 | 展覧会  

ギャラリー16の開廊50周年企画「リレートーク|50 years of galerie16」

ギャラリー16の開廊50周年企画「リレートーク|50 years of galerie16」が9/25(火)から始まっていて、明日29(土)まで行われます。

「2012年9月、ギャラリー16が開廊50周年を迎えるのを機に、各年代ごとにパネリストを迎え、各時代を画する展覧会の記録写真を交えながら、当時の美術とそれらをとりまく状況をリレートーク形式で開催します。関西現代美術の半世紀を検証し、次なるアートウェーブを呼び起す契機になればと考えます。(galerie16)」

このような興味深い企画ができるのは、現代美術画廊の老舗、16さんならではだと思います。昨日27(木)のテーマは1980年代、私も少なからず関係のあった時代なので出かけてきました。

パネリストにはギャラリー16の井上道子さんを筆頭に、建畠晢さん、北山善夫さん、山部泰司さん、中原浩大さん、坂上しのぶさん、それに案内状には書かれていませんでしたが篠原資明さんも加わって7人でのトーク。私は15分前に行ったのですが、会場はすでに満杯の熱気で、パネリストの皆さんが控え場所から入場したあとの椅子を廻してもらってなんとか座れました。終了予定時刻8時30分には終わらないだろうとは思っていましたが、終了したのは10時、夜遅くまで話は尽きませんでした。
聞くところによると連日この時刻までトークしているということなので、今日の90年代も遅くまでお話ししているのだろうと思います。

中原浩大(大学の同期生なので敬称略)とは一時期同じ空気を吸っていましたし、2年上の山部さんたちが自主的にグループ展(スピリチュアルポップ展、フジヤマゲイシャ展、イエスアート展など)を企画して新たな動きを生み出していたのは近くで観ていて、私も途中から参加していきました。ですから、個人的にはひとつ上の世代である北山善夫さんのお話(16さんとの最初の関わりや、ベネチアビエンナーレ、カーネギーインターナショナル出品時のことなど)が知らなかったことも多く、興味深く聞きました。

84年のギャラリー16企画展「方法の現在」は、上の世代を扱って来たギャラリー16が初めて若い作家を取り上げた展覧会と位置付けされていました。建畠さんの人選で松井紫郎(大学の同期生なので敬称略)と松尾直樹(私)の2人が選ばれましたが、中原自身が昨日言っていたように、当初、中原浩大も含めた3人が候補に挙がっていたのです。その時の裏話を少しすると、3人の中から2人に絞るために、京都芸大の卒展の作品を観て決める、となったのです。

それで、卒展に展示し終えて、ぐるっと彫刻スペースを観てまわった私は、これは彫刻の2人が選ばれるだろうなあ、と思いました。特に、手跡が粗く残る巨大な油粘土の球体に、美しく輝く銅板の耳2つを付けた中原浩大のアルテ・ポーヴェラ的作品(通称、ねこちゃん)は、出色の出来だと思いました(彼が粘土の素材感をそのまま出した最初の作品かな?)。今でも好きな作品ですが、それがちゃんと賞も捕っているので、彫刻科はきちんと評価しているなあ、とも思いました。というのも、中原の作品は独特な上に少し先を行っていたので、上の世代には分かりずらいだろうと思っていたからです。
それに対して油画科の展示は、京都市美術館の当時の汚れた、しかも手すりが腰の高さにずっと連なっている壁に、作品数の多さから50㎝間隔くらいでびっしり並べられるという酷いものだったので、”描かれた形象の浮遊”という私の意図は伝わらないだろう、と思ったのです。

結果として中原浩大が落選したわけですが、中原はその落選で、自分の感覚は人には伝わらないのだ、だからそういうものとして迎合せずにこれからもやっていこうと意識した、と言うあたり、彼らしいと思って聞きました。

今回のリレートークは5日間をまとめて後日冊子にするということで、楽しみに待ちたいと思います。(n.m.)

f0189227_3545622.jpg

[PR]

by matsuo-art | 2012-09-28 21:30 | 展覧会  

奈良美智展「君や僕にちょっと似ている」/横浜美術館

f0189227_23284169.jpg

先日、横浜美術館で開催中(9/23まで。その後、青森、熊本に巡回)の奈良美智展に行ってきました。

僕は開館時間に少し遅れるくらいのタイミングで会場に入ったのですが、平日の午前中、それも雨降りの日にもかかわらず既にたくさんの観客が会場にいて、それもそのほとんどは若い女性です。今回の個展のタイトルは「君や僕にちょっと似ている・・・」というものでしたが、本当に、壁にかかっている絵画や置かれた彫刻に「ちょっと似た」たくさんの顔が、絵や彫刻を見つめていました。

f0189227_23274277.jpg

今回の個展は、やはり何と言っても、巨大なブロンズ製の女の子たちの頭部の彫刻群が目玉だったのではないかと思います。
会場に入ってすぐの部屋、暗い中に浮かび上がるように、膨大な粘土の塊との格闘の跡が生々しく表面に残るかのような巨大な頭部が点在しています。マケットのような石膏の頭部もゴロゴロと隅の方に置かれています。そうした彫刻をじっくりと見ながら、凄くわくわくするとともに、単純に、「俺も作りてぇ〜」と、元・粘土少年、元・工作少年の血がメラメラと燃え盛ってきました。これもたくさんあった鉛筆によるドローイングなどを見ていてもそうなのですが、奈良氏の作品は、そういうもの作りへの源初的な欲望に火をつけるようなところがありますね。
ただその中で一番好きだったのは、巨大なブロンズの塊が林立する中、端の方に「考えるお姉さん」というタイトルの比較的小さな頭部があって、これが凄く格調高くて良かったです。

何点かあったキャンバスにアクリルで描かれた比較的大きめの絵画も、一見単色で平板に塗られているように見える女の子の顔の肌の部分など、じっくりと眺めているとかなり綿密なタッチや微妙な配色が見られます。また、うっすらと感じられる絵の具の層の状態から、何か決まったイメージがあらかじめあってそれを単純に描き出している訳ではないのだな、ということがわかります。やはり初めの部屋の彫刻群同様、現れてくる形とのやり取りをフィードバックさせながら描いているんだな、と思いました。そして観手としてはそうした細部を手がかりに画面全体を味わっていくことができるように思います。これは図版を見ただけではあまり良くわからなことですね。
そういう、単純な中にある複雑さ、あるいは、複雑なプロセスで描き進めながらも最終的にはシンプルに見えるようにまとめあげてしまう、ある飛躍・・・。そんなことを考えながら会場を行ったり来たりしていました。(Y.O.)

f0189227_23294678.jpg

[PR]

by matsuo-art | 2012-09-22 23:39 | 展覧会  

丹波篠山・まちなみアートフェスティバル2012

17日(月・祝)に「丹波篠山・まちなみアートフェスティバル2012」に行ってきました。
篠山市の「河原町妻入商家群」を中心に、町家をそのまま展示スペースにしたこのアートフェステバルは、2008年のプレイベントから数えると今回が5回目になるようです。今度の日曜日、23日まで開催されています。
f0189227_020207.jpg

出品作家で知り合いの田中美和さん、水上雅章さん、ほんいでんすみよさんにも会えましたし、アート作品を見ながら伝統のまちなみを散策するのは、なかなか楽しめる体験でした。というのも会場やその周辺には、町家を活かした良い感じのカフェ、レストラン、雑貨屋がいろいろと点在しているのです。大人が楽しめる場所なので、少し遠出して散策してみるのもよいと思います。(ただ、そうしたお店は町並みをそのままいかしているだけに、見た目、何屋さんかすぐに分からなかったり見落としたりするので、事前に調べて目星を付けておくと良いかもしれません。)
会期中はワークショプやコンサートも行われています。

ところで、少し離れた場所にある「西町ブリキ玩具製作所」というところにも行ったのですが(うずまき堂雑貨店も併設されている)、ここではブリキのおもちゃを制作する3トンもあるような昔のプレス機や、おもちゃの制作過程が展示されていて、小さなブリキの自動車を自分で作る体験もできます。実際にそのプレス機が大きな音を出してブリキ板をカットしたり型押ししたりする様子も見せてもらいました。
私は家族で行ったのですが、子供たちがその制作にはまったので結構、長居してしまいました。(n.m.)
f0189227_028318.jpg

f0189227_029558.jpg

[PR]

by matsuo-art | 2012-09-20 21:15 | 展覧会  

「サイレントアクア2012」東日本大震災災害支援チャリティーオークション

f0189227_124562.jpg

京都市立芸術大学主催の東日本大震災災害支援チャリティーオークション「サイレントアクア」 が、本日15日(土)より始まりました。
主催者による概要です。

「本チャリティーオークションは、東日本大震災の災害支援を目的とするものです。
期間は、2012年9月15日(土)-9月30日(日)とし、京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA(アクア)にて開催します。
本オークションでは、入札方法にサイレントオークションを採用し、さらに作家名を伏せた匿名での作品展示とします。
出品作家名は会場内に掲示し、ウェブサイト上でも公表します。
作品はハガキサイズ程度とし、本学の学部生、院生、留学生、教員(非常勤含む)、旧教員、卒業生、修了生が出展します。
オークションで得られた金額は、経費分を差し引いた全額を義援金として寄付させて頂きます。」

昨年に続き開催されたこのオークション(昨年の記事はこちら)は、上記にもある通り、出品者名一覧は公開されているものの、どれが誰の作品かは隠してあるので、オークション参加者は誰の作品かはわからないまま入札します。作者は落札後に初めて分かるという仕掛けです。
作風からすぐに誰だかわかる先生方や知り合いの作品もありますが、「どれだろう?」と作品がはっきりとしない出品者もあります。出品者名簿を片手に推理しながら見る面白さもありますし、作者を気にせず、純粋に作品の好みから気軽に入札する楽しみ方もあると思います。

作品は中京区二条城前にある京都市立芸術大学ギャラリー@KCUAに展示されています。
[9/15(土)〜30(日)、11:00〜19:00(最終入場18:45)、月曜休館(祝日の場合、翌日火曜日休館)]

ギャラリーに足を運んで実物を観て入札するのもよいですし、ウェブ上でも1つ1つ大きくして観ることができるので、@KCUAに行く事ができなくても入札することができます。実際にウェブを覗いていただくと分かりますが、たくさん並んだそれぞれの作品を眺めているだけでも結構楽しめます。

今年は私も出品させていただいています。また、当研究室のY.O.先生、Y.M.先生も出品しています。それに、ざっと出品者名簿を見たところ、M.I.さん、A.M.さん、A.T.さん、N.M.さん、と当研究室出身者が4名出品していました。
しばらくは展示のみの期間で、オークションの入札受付は9月22日(土)11:00時より開始します。
数多くの方々に興味をもっていただいて、このチャリティーオークションに参加していただければありがたいと思います。(n.m.)
[PR]

by matsuo-art | 2012-09-15 22:18 | 展覧会  

「はじまりの記憶 杉本博司」

「はじまりの記憶 杉本博司」を観ました。

「はじまりの記憶 杉本博司」は、現代美術家・杉本博司に長期密着取材したドキュメンタリーです。WOWOWで放映された45分の番組に新撮映像を追加して編集した83分の劇場公開版です。

大阪と京都で8月に上映していたときには杉本氏本人が舞台挨拶に来る日があったので、本当はそのときに見に行きたかったのですが、当日用事ができて行けずじまい、結局本日、新開地アートビレッジセンターでの上映最終日に観てきました。
f0189227_13333734.jpg

コンセプチュアルな写真作品から出発して、近年は彫刻、建築、伝統芸能(文楽、能)にまでその表現活動を広げている杉本氏。その制作の現場に取材して、氏の素顔と作品の全体像を伝えています。

氏のドキュメンタリーは2009年の国立国際美術館「歴史の歴史」展覧会時にも1本観ていますし、他のテレビ番組でも観たことがありますが、建築シリーズの撮影現場、護王神社の詳細、若き日のアイディアスケッチ帳、2011年の能舞台の演出など初めて知るシーンも多々ありました。

特に、氏の代名詞ともなる「海景」シリーズを撮った最初の動機が語られるところは、この映像作品の核となっています。その関連場所に能舞台を作り、さらには日本文化を未来へ継承する活動拠点へと展開する。過去と未来が重なり、個人史と人類史が交錯する、それがこの作家の醍醐味であり、作品の多くがミニマルで静的な外観を呈しているにもかかわらず、ダイナミックな魅力を感じる所以です。(n.m.)
[PR]

by matsuo-art | 2012-09-14 22:49 | 映画