<   2012年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

イ・ブル展:私からあなたへ、私たちだけに/森美術館

f0189227_1417656.jpg

(前回の続き)国立新美術館の「セザンヌーパリとプロヴァンス」展と「大エルミタージュ美術館展 世紀の顔・西欧絵画の400年」を観た後、歩いて六本木の森美術館へと向かいました。

森美術館は六本木ヒルズ森タワーの53階にあります。僕が観に行くイ・ブル展と同時に「ONEPIECE」展を開催中で、その広告がやたらと目立ちましたが、
f0189227_14134617.jpg

もちろん、イ・ブル展の案内もありました。
f0189227_14144336.jpg

森美術館へは、エレベーターで森タワーを50数階まで昇った後、展望台やレストランがあるエリアを経由して行かなくてはなりません。展望台からは上空から東京の街並をぐるっと眺めることができて壮観です。
f0189227_14114570.jpg

もちろん、開業したばかりの東京スカイツリーも見えましたよ。
f0189227_14195886.jpg

さてイ・ブル展ですが、この韓国出身の女性作家が活動を始めた80年代から現在までの主要な作品をテーマごとに展示していて、各部屋もそれなりに見応えがあり、全体的にいい展覧会だと思いました。この人は多分僕と同世代だと思いますが、生まれ育った場所は違えども何か同時代のパラダイムを共有してきたという感じが作品から感じられ、何だか親近感がありました。また、とにかくいろいろなことにアイディアを持っていてそれをどんどん形にして行っているという印象で、非常に豊かなバイタリティーを感じました。
展覧会の最後にヴィデオでイ・ブルさんのインタビュー映像が流されているのですが、自分自身の個人的な問題意識を作品化することによって普遍的なものへと昇華させようという意思がその語り口からも感じられ、共感しました。
まあ、作品の内容そのものとはあまり関係がないかも知れないんですが、天井から吊り下げられた彫刻作品の影が地面や壁に落ちている様子や、新作の嘔吐する犬の嘔吐物(プラスチックやガラス、ビーズなどで出来ている)が光を反射して部屋の壁面に不思議な模様を描いている様子が特に美しかったです。(Y.O.)

f0189227_7555691.jpg

[PR]

by matsuo-art | 2012-05-31 14:18  

「セザンヌーパリとプロヴァンス」展、「大エルミタージュ美術館展」 /国立新美術館

f0189227_0115375.jpg

東京で展覧会を3つ観てきました。
乃木坂の国立新美術館「セザンヌーパリとプロヴァンス」展と「大エルミタージュ美術館展 世紀の顔・西欧絵画の400年」、そして六本木の森美術館の「イ・ブル展:私からあなたへ、私たちだけに」です。

セザンヌ展は、セザンヌの残した多様な画業を、「初期」「風景」「身体」「肖像」「静物」「晩年」という切り口で構成・紹介していて、どのコーナーにも目玉になるような有名作品が必ず1点以上あり、また、僕自身がセザンヌの実作を観るのが久しぶりなこともあって、大変新鮮に楽しむことができました。

個人的に一番うれしかったのが、観てみたいと思っていた下の「松の木」の絵(図版は部分)があったこと。
f0189227_0132947.jpg

あと、この岩の絵もなかなかにシブい絵でした。
f0189227_014122.jpg

この青い花瓶の絵もありましたが、これを観ながら
f0189227_015530.jpg

研究室でのデッサンでこんな絵を描いたら必ず直されてしまうような事をいろいろとやってくれているなあ、と改めて可笑しくなりました。(もちろん、セザンヌがこうした絵でやろうとした事をわかった上で言っているんですよ。ー笑)

それから何と言っても、この展覧会最大の目玉はこれでしょう。
f0189227_0153517.jpg

会場全体の作品を観て改めて思った事としては、絵の具のつき方が意外に薄塗で、また非常に繊細な筆運びをしているという事です。その上で、形態がしっかりと見えて来るように、線描やアウトライン周辺のトーンなどで明暗のアクセントを絶妙に付けているという事です。
あと思った事は、「セザンヌは一日にして成らず」。当たり前の事ではあるのですが、セザンヌの生涯をかけたたゆまぬ創造過程の中で、彼自身の語法が発見され、改良され、活用され、進歩し続けて行こうとしている様にやはり感銘を受けました。

f0189227_016247.jpg

セザンヌ展の会場を出ると、上の会場で「エルミタージュ美術館展」をやっています。この展覧会の目玉はマチスの「赤い室内」で、それを観たいと僕も思っていたのですが、それ以外にもやはりいい絵がありました。ルネッサンス、バロック、ロココ、近代と、ざっくりと時代を区切って比較的大きな作品がゆったりと掛けられています。
ルネッサンス・ヴェネツィア派のティツィアーノやヴェロネーゼなどが観られたのも収穫でしたが、中でも一番感銘を受けたのはレンブラントのこの作品でした。
f0189227_017151.jpg

1982年、僕が大学1年のときにブリジストン美術館で大きな「レンブラント展」が開催され、僕はあこがれのレンブラントを是非観たいと京都から東京まで観に行きました。この絵はその時に観ているはずで、30年ぶりの再会ということになります。
全体には褐色が基調の落ち着いたトーンの絵ですが、グレージングなどで薄く他の色相も掛けられており、意外にカラフルな印象です。ラフな筆触で描かれた部分、厚く絵の具が盛られた部分、素早い筆致で絵の具が引っ張られた部分、グレージングの部分など、絵を構築している全ての部分がそれぞれ意味を持って有機的に関係し合っています。そのような造形要素が即物性を感じさせたままイメージへと転化し、画面全体でじんわりと「語りかけて来る」様は、西欧の絵画と言うよりは、むしろ水墨画のようでもあり、「レンブラントは西洋とか東洋とか言った概念を超えているなあ」とすっかり感心してしまいました。
f0189227_0172819.jpg

しばらくじっくりと見入ったあと、レンブラントの余韻をお腹にほこほこと感じながら国立新美術館を後にして、森美術館へと向かいました。(つづく) (Y.O.)

f0189227_0104164.jpg

[PR]

by matsuo-art | 2012-05-29 00:33  

オレンジストリート(立花通り)のゲイトリニューアル

以前このブログで紹介した大阪堀江、オレンジストリート(立花通り)のゲイトリニューアルが着工しています。
このゲイトは研究室出身で大阪教育大学 教養学科 美術コース4回生の寅屋美萌沙さんがデザインしたもの。堀江立花通ユニオン主宰のゲイトデザインコンペで金賞に輝きました。
看板部分がほぼ完成して、あとは脚の部分の塗装のみ。6月初頭に完成予定なのだそうです。

寅屋さんの友人が写してくれた写真です。
f0189227_23582344.jpg

オレンジストリート(立花通り)は、アメリカ村三角公園より一本南の筋を西へ徒歩3分、四ツ橋筋の西側になります。家具屋筋として幕末のころから存在した「家具のまち」でもありますが、今はカフェやブティック、雑貨、インポート家具、インテリアショップなど、おしゃれな店舗が通りの両側に並ぶ、大阪の「おしゃれ」を代表するストリートです。
今度、ミナミに行ったときは立ち寄ってみようと思います。
(n.m.)
[PR]

by matsuo-art | 2012-05-20 23:52 | デザイン  

河内長野・天野山金剛寺/日月山水図屏風

f0189227_705866.jpg

今日は大阪・河内長野の天野山金剛寺に行ってきました。

天野山金剛寺にはとても好きな「日月山水図屏風」という絵があり、年に2回(5/5と11/3)のみ一般公開されています。この日だけは座敷におかれて、ガラス越しでない状態でかなり間近にじっくりと観ることができます。
この事は以前から知っていたものの都合で今まで行けず延び延びになっていました。今年こそは是非行きたいとこの機会を楽しみにしていたのです。

天野山金剛寺は河内長野の山中にある1000年以上の歴史を誇る真言密教のお寺で、女人高野としても知られているとの事です。現在は本堂が300年ぶりの大修理の最中との事で、すっぽりと覆われていて拝観できませんが、多宝塔など堂々とした造りで見事なものだと思いました。

f0189227_714197.jpg

宝物殿に入り、回廊を回って「日月山水図屏風」のおかれている建物に向かう途中、大変素晴らしいお庭を楽しむことができます。

f0189227_722816.jpg

f0189227_73347.jpg

さて、お目当ての「日月山水図屏風」です。この屏風は以前に博物館でガラス越しに観たことがあります。今回は間近にこころゆくまで堪能させていただきましたが、大変ユニークな絵だと改めて思いました。
16世紀後半(室町時代)の土佐派の画工の作とされていますが、同時代の作品でこのようなスタイルの絵は他に見たことがありません。むしろ後の宗達(桃山時代)を彷彿とさせるような絵面(えづら)で、宗達の俵屋工房の作だと言われても信じます。この絵が京都から離れた山の中にあり仏具であった事を思えば、宗達がこれを観たことはあまり考えられませんが、後に宗達が復興させる平安時代の「やまと絵」の伝統は、実は水面下では脈々と連続性を持っていたと考えた方がいいのかもしれません。

それにしても観れば観るほど「へんてこりんな(良い意味で)」絵です。セロニアス・モンクみたいです。
六曲一双の画面の中に春夏秋冬の山々を表現しているのですが、既成の型にはまって描いているという感じが全くなく、良く言えば自由奔放、悪く言えば思いつくままに描いているという印象です。絵面的には非常に折衷的です。しかし、だからといって散漫な表現になっていないのは、山々、波、松の木、雲の形などのうねうねとした柔らかい曲線的な形態感の生み出すリズムが、画面上に生気を持ってみなぎっているからでしょう。(色数がかなり限定されていることも画面のまとまりを与えていますが、こちらは剥落や変色も考えられます。)
こんもりと盛り上がった山の端、左はしの滝のある岩場の部分、波の中の岩の形、松の幹の曲線など、墨色で引き締まった部分が全体のリズム感を強調してもいます。
細部を丁寧に観ていると、全体的にヘタウマ風の線の引き方や色の塗り方だし、左の浜に生えてる松の形など「ありえない」って感じで絡んでいるところもあるし、なんで山からチョロチョロと木が出ているところと出てないところがあるんだ?などなど突っ込みどころ満載の絵でもあるのですが、それが逆にこちらの想像力を刺激してきて楽しいのです。
大向こうを唸らせるような絢爛豪華さや取り付く島のないような完璧な技巧を誇るのではなく、むしろ全体的に何とも素朴で大らかな味わいがあり、手作りのじんわりとした魅力があります。そして何より、現実にある風景をモデルにしながらこの世のものでないような神秘性をたたえています。李朝の民画や中世イタリアのシエナ派の絵画にも通じるようなこのような感じが最も僕が魅力を感じるところなのだと思いました。
やっぱり生(ガラス越しじゃない状態でみること)は作者の息づかいや絵の持つ物質感がリアルに感じられるのでいいですね。ああ、楽しかったなあ。

新緑の季節でもあり、天気もよくて、清々しい気持ちで絵もお寺も楽しむことができました。(Y.O.)
[PR]

by matsuo-art | 2012-05-05 22:56 | 美術