<   2011年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

神戸芸術工科大学の卒展 カオス

神戸芸術工科大学の卒展[大学・大学院]が2月11日(金)~13日(日)まで開催されます。
f0189227_9342482.jpg

会場は3カ所あります。展示は兵庫県立美術館(ファッションデザイン学科/メディア表現学科/大学院)と、原田の森ギャラリー(ビジュアルデザイン学科/プロダクトデザイン学科/環境・建築デザイン学科/造形表現学科)の2会場(10:00~18:00※入場は17:30まで)。そして、神戸ファッション美術館[オルビスホール] ではファッションデザイン学科のファッションショーが2月11日(金)13:30~/16:00~にあります。

ファッションデザイン科4回生のTさんから、そのファッションショーの案内も届いています。服飾に興味のある方はぜひ観に行くと良いですね。
f0189227_955216.jpg

期間中、各会場を結ぶシャトルバスも運行するので、詳しくは神戸芸術工科大学ホームページを見てください。
13日(日)には県立美術館で大学院修士課程プレゼンテーションが、12日(土)には原田の森で選抜研究発表会もあります。

この時期、各芸大美大で卒展が開催されます。受験生になると入試の準備で観に行く余裕がないかもしれませんので、気になる大学があれば、高校1、2年生の間に行っておくとよいでしょう。(n.m.)
[PR]

by matsuo-art | 2011-02-10 09:51 | 展覧会  

京都市立芸術大学 作品展

京都市立芸術大学 作品展の案内が、今年卒業するOさん、Mさん、O君から届きました。
f0189227_23261143.jpg

■京都市立芸術大学 作品展
 日時 2/9(水)~2/13(日)
    9:00~17:00(入場 16:30)※各日・各会場とも
■第1会場:京都市美術館(本館) (左京区岡崎円勝寺町124 TEL 771-4107)
学部2回生以上,修士課程生全員:日本画,油画,版画,彫刻,構想設計(造形構想),ビジュアル・デザイン,環境デザイン,プロダクト・デザイン,陶磁器,漆工,染織,(保存修復),総合芸術学科,芸術学専攻論文
■第2会場:京都市美術館(別館) (左京区岡崎最勝寺町13  TEL 762-4680)
学部1回生全専攻
■第3会場:京都市立芸術大学(西京区大枝沓掛町13-6 TEL 334-2220)
油画,構想設計(造形構想),版画,彫刻,漆工,染織,総合芸術学科
※ ( )は大学院修士課程の名称

3つの会場に分けて展示があります。京芸のホームページに、作品展のページ作品展のページもありましたので詳しくはそちらを見てください。制作風景が掲載されているので大学の様子が少し分かります。(n.m.)
[PR]

by matsuo-art | 2011-02-06 22:18 | 展覧会  

サッカー長友佑都、インテル移籍

長友君のインテル移籍はすごいですね。それもヨーロッパ移籍期間終了3分前のギリギリの契約というからびっくりです。即戦力として期待されている証でしょう。

苦境、逆境の中でアジア杯を獲得し一段とたくましくなった日本代表の中であれだけの活躍、最後にはそのスタミナとピンポイントの技術で決勝点のアシストまでしたのですから当然と言えば当然なのですが、それでも日本人がビッグクラブに引き抜かれるという事は中田英寿のローマ以来なかった大きな壁であったし(稲本君のアーセナルは実際ほとんど出場できませんでしたから)、日本のサッカーが世界に注目されている今の状況が反映され、顕在化した感じです。

思えば18年前のドーハの悲劇の地での優勝、それも途中出場のサブも含めて皆が活躍するというすばらしい一体感を示した優勝であの時の借りを返した感もある日本代表(オーストラリアを負かしたという意味ではドイツワールド杯の借りも返した?)、そして、インテルの監督が一時期Jリーグでも活躍したレオナルドであることを考えれば、いろいろと先人たちが積み重ね、関係者たちが撒いていた種が花開き出したのだと思います。そういう意味では多くの日本人アーチストが世界のアートワールドで活躍するようになり、若い作家も注目されるようになった現代美術界と似ていなくもありません。

長友君は今期からチェゼーナに移籍してイタリアの生活にもすっかり慣れ、コミュニケーション能力にも長けた人ですから、不安材料はありませんね。ビッグクラブと言えば強いチームが優に2つは作れるという豊富な人材の中、どのような位置を取って活躍できるか、期待したいと思います。(n.m.)
[PR]

by matsuo-art | 2011-02-02 09:31 | その他