<   2010年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

インビクタス 負けざる者たち

f0189227_16214589.jpg

遅まきながらクリント・イーストウッド監督の『インビクタス 負けざる者たち』を観ました。
この映画は、アパルトヘイト終結直後の南アフリカの状況において、その混乱状態をなんとか治め国を再建していこうと奮闘するネルソン・マンデラ大統領の人物像に迫り、そして彼の陰のサポートによるところもあって弱小チームであったラグビーのナショナルチームがワールドカップの南アフリカ大会で優勝するまでに至った経緯を実話に基づいて描いています。

物語は1990年にマンデラ氏が27年間の刑務所での生活を終えるところからはじまります。彼は反アパルトヘイト活動のかどで逮捕され、終身刑の囚人として収監されていたのですが、根強い反アパルトヘイト運動と国際社会からの非難や圧力からデクラーク大統領(当時)は方針を転換、マンデラ氏との対話を求め、ついに釈放され自由の身になったのです。
そして、アパルトヘイト政策終結と総選挙によってマンデラ氏は1994年に大統領となりました。マンデラ大統領は黒人中心の政権が成立した直後の初登庁の際、前政権時からの白人中心の全職員に対し、彼らの報復的な人事をするのではないかという恐れに反して、「ともに新しい南アフリカをつくるために協力してほしい」と訴えます。さらに、南アにおいては白人を象徴する(ひいてはアパルトヘイトを象徴する)チームであるラグビーのナショナルチーム「スプリングボクス」の存続を主張します。そして、1995年に南アで開かれるワールドカップを諸民族の和解と融和の好機として活用しようと、ナショナルチームのサポートを開始するのです。
この映画でマンデラ大統領と並ぶもうひとりの主役は、チームの主将のフランソワ・ビナール氏です。彼はマンデラ大統領と出会い、彼の人柄とその不屈の精神に感銘を受ける事によって徐々に南ア社会の変化を受け入れ、それとともに自分自身も変化していきます。そしてその影響はチームにも浸透していきます。

この映画はいろいろな観点から観る事ができると思いますが、僕自身はこの映画のテーマは「赦し」だと思います。永年の差別と迫害に苦しめられて来たにもかかわらず、その白人社会を赦し、対話と協力によって黒人の国でも白人の国でもない多様な民族の融和した「虹の国」をつくろうとするマンデラ大統領。映画中、最も印象的な彼の言葉に「赦す事は自分の心を自由にする」というものがありました。たいへんに難しい事ですが、確かにその通りだ、と心に染み渡りました。固まった心を解きほぐして自由な心にならなければ新しいものを生み出す事はできないでしょうから。(もうすぐ最終回のNHK『龍馬伝』でも坂本龍馬が「憎しみからは、なんちゃあ生まれん」と言っていましたね。)しかし、言うは易く行うは難し、です。映画中でビナール氏も「27年も自由を奪われて、それでも赦せるというのはどういうことなのか」深く考え込みます。それは簡単なことではなく、実際には個人的にも指導者としても様々な葛藤があったに違いありません。(その一つとして、マンデラ大統領も白人社会との和解を目指す一方、その姿勢に反発する妻子から疎まれ、悩むところが描かれています。)アパルトヘイト下の非白人を巡る状況は僕の想像を遥かに超える苛烈さであったでしょうから、僕自身は映画中のマンデラ大統領の姿勢に共感しながらもその精神を思えばただただ絶句するしかありません。ただ、この映画を観て言える事は、事の大小に関わらず自分の置かれている困難な状況に屈しないばかりでなく、自分の心を正しく律し、同時に心を自由なものとして解放できる者こそが「インビクタス(征服されない)」なのだと語っているように思えた、ということです。

クリント・イーストウッド監督の映画はそんなにたくさん観ていません。他には『バード』、『ミリオンダラー・ベイビー』、『グラン・トリノ』くらいです。後の2作品は社会的な問題を含む重い内容の作品ですが、映像の感触は柔らかく、テンポの良い語り口もあって決して深刻になりすぎる事なく一気に観せてしまいます。これはアメリカ映画の良い点でしょうね。もちろんイーストウッド監督の人間を見つめる暖かいまなざしが映像に現れているところも大きいと思いますが。『インビクタス 負けざる者たち』においても、描かなければならないところは簡潔かつ必要充分に描きつつ、ともすれば説教臭くなりがちな内容を、楽しく、非常に感動できる映像作品として仕上げているところが見事です。お薦めの映画なので、観ていない人は是非観てください。力が湧いてきますよ。(Y.O.)
[PR]

by matsuo-art | 2010-11-23 17:06 | 映画  

法隆寺・夢殿 救世観音像開扉

f0189227_057537.jpg

昨日は、教えにいっている専門学校の学外授業で、奈良は斑鳩の里にある法隆寺に行ってきました。

「学外授業、どこに行こうか」と学生たち8人ばかりで話していた時に、「法隆寺に行こう」と提案したのは僕ですが、というのも、今、法隆寺では、法隆寺の東に位置する夢殿(東院伽藍)の中に納められている救世観音像の厨子の開扉期間中なのです。(毎年春と秋の2回公開期間がある。今回の公開は11/23まで。)それも今回から夢殿の内部をLED照明でライトアップしているらしい、という話を聞いていて、一度救世観音像を生でみてみたいと思っていたので、ライトアップされてどんな感じでみれるようになったのか、興味津々でこの日のくるのを楽しみにしていました。

昨日は天気がすごく良くて、暖かくて、最高の遠足日和でした。
僕も久しぶりの法隆寺なので、わくわくしながら門をくぐり、そして何はともあれ、夢殿の方へ向かいます。
f0189227_0553599.jpg

今年の夏、僕が参加した「絵画のたのしみ」というグループ展(ギャラリー白・大阪)に出品した作品は、この夢殿をモチーフとしたものでした。といっても、夢殿を自分流に大きく改変して描いたものですが・・・。なので、まずは夢殿の形自体をしげしげと眺めます。

いよいよ救世観音像です。夢殿の扉のすき間から中をのぞきます。確かに厨子の扉が開いていて、中にぼんやりと金色のお顔が浮かび上がっています。さらに目を凝らしてみていると、だんだんと目が慣れて来て、全身がくっきりと見えてきました。
f0189227_0524587.jpg

救世観音像は聖徳太子の姿を模したものとされており、明治17年にフェノロサ、岡倉天心らによって開扉されるまで、布に包まれ秘仏として封印されていました。この像がどうして作られ、千年以上に渡って秘仏とされて来たのか。色々と謎の多いこの像についてもし興味があるようでしたら、梅原猛氏の著書(「隠された十字架」)をはじめ何冊か本がありますからそれを読んでみてください。僕がはじめてこの像の写真を見たとき、そのあまりに生々しいお顔の表現にぞくぞくし、何やらただならぬ感じを濃厚に感じ取った事を覚えています。

それにしても、これがLED照明の効果なのかどうかわかりませんが、生でみると全身の金色の輝きが印象的です。写真で見ると黒っぽく写っているものが多く、こんなに金が残っているとは思っていませんでした。
暗い厨子の中にぼんやりと黄色く光る救世観音像は、神秘的としか言いようのない存在感です。

今日はとにかく観光客や修学旅行の生徒が多く、大挙してひっきりなしにやってくるので、あまり落ち着いて拝観する事もできず、後ろ髪を引かれる思いで法隆寺メインの西院伽藍のほうへ戻りました。

西院伽藍の中にある金堂の内部もほんのりとLED照明が当てられているようで、以前来た時よりも内部の状況がしっかり見渡す事ができます。ご本尊の釈迦三尊像もはっきり見えましたが、今回は内部周囲の壁に描かれた壁画もかなり見えました。そのうちの一面に描かれた素晴らしい阿弥陀如来像にしばらく見とれていたのですが、残念ながらこれらの壁画はオリジナルではありません。本物は1949年の金堂の火災の際に焼損してしまい、今は、1967-8年に安田靫彦、前田青邨、平山郁夫といった日本画家たちのグループによって制作された模写がはめ込まれています。
f0189227_0535123.jpg

その後、宝物殿で夢違い観音像、玉虫厨子、百済観音像などを拝観した後、もの凄く精神的な満腹感を感じながら帰途につきました。学生たちも皆満足していました。

やはり法隆寺は良いですね。建物や土壁や道幅など、どれもヒューマンスケールで、原初的な力が籠っていて、あたたかい感じがします。威圧感のようなものがいっさい感じられず、金堂の内部の柱の槍がんなの痕からも職人さんたちのものを作る気持ちが伝わってくるようでした。折に触れて何度でも訪れたいところです。

最後の写真は、夢殿の周りの回廊の柱にとまって身繕いをしていたカマキリです。(Y.O.)
f0189227_0571649.jpg

[PR]

by matsuo-art | 2010-11-18 01:13 | その他  

西宮船坂ビエンナーレ2010レポート

f0189227_017889.jpg


「西宮船坂ビエンナーレ2010」とは、兵庫県西宮市の北部、山口町船坂地区で開催されているアートプロジェクトです。
昨年2009年にプレ展として行われた「西宮船坂ビエンナーレ2009-プロローグ-」を経て、今年から隔年で開催されることが正式に決定したそうです。
このイベントには当研究室の卒業生Iさんが実行委員として参加しています。
昨年の開催時にイベントの案内に来てくれました(昨年度の記事はこちら)。昨年は訪れることが出来なかったのですが、ちょうど3ヶ月ほど前に偶然にも画材屋さんでIさんに再会し、今年も開催されていることを聞いていました。今年こそ行ってみたいと、昨日、秋晴れの日曜日に出かけてみました。

有馬温泉駅からバスで向かいました。温泉街を抜けて山道を走って10分で船坂地区に到着。山道を抜けると田畑が広がる集落があり、その辺り一帯が会場になっていました。ちなみに現地で待ち合わせた友人は西宮北口駅からバスで50分ほどで着いたそうです。
赤い「のぼり」を目印に辿っていくと小さな小学校があり、そこが総合案内場とメイン会場になっています。「旧」となっていますが、今年の3月で閉校したとのこと。まだ人のぬくもりの感じられる建物が、使われていないと思うとほんのりせつない気持ちになりました。
学校の向こう側に広がる丘状の棚田エリア、湯山古道エリア(古民家の多い集落)も会場となっています。

「旧船坂小学校」の教室や校長室などの各室が展示会場でした。
f0189227_023172.jpg

教室前のテラスにも作品がありました。見晴らしのよい気持ちの良い空間です。
f0189227_0282561.jpg

家庭科室。藤本由紀夫さんの作品。
吊されたミラーボールが、外からの光りを受けて表情を変えます。
この日は晴れたり曇ったりを短い時間で繰り返していたので、見ている間に暗くなったり急にたっぷりと日が差したり、この作品を鑑賞するにはぴったりの日でした。
f0189227_034083.jpg

日を受けると光りのドットがくるくる舞います。
f0189227_0395113.jpg

この日卒業生Iさんが案内を担当していた、茅葺き屋根の古民家の会場。田中直樹さんの作品が見えています。
f0189227_0441987.jpg

棚田近くの茅葺き屋根の家。「古民家再生プロジェクト」として武庫川女子大の先生、学生さんが中心となって、屋根を葺き替えたりしているそうです。ビエンナーレ後もプロジェクトは続くそうです。赤い「のぼり」が作品へと導いてくれるビエンナーレの目印です。

地図を片手に半日かけて会場をめぐりました。
歩いて見て回るにはちょうどよい距離でした。各エリアでの見える風景の味わいがそれぞれ違っていて、場所の空気を感じながら、作品を探して歩くことが純粋に楽しく思えました。
大規模な美術展を見慣れていると、作品の規模がこぢんまりしているような印象もあるのですが、逆に小さなまとまり感がありひとつの個性のようにも感じられました。
今後さらに国際的なアートイベントにしていく計画もあるようで、今後の展開が楽しみです。

会期は10月10日(日)〜11月14日(日)。
残すところあと一週間、ぜひ足を運んでみてください。
「西宮船坂ビエンナーレ2010」公式HP          (y.m)
[PR]

by matsuo-art | 2010-11-08 11:32