<   2010年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

“スコラ” 坂本龍一 音楽の学校、バッハ、そしてセザンヌ

NHK教育の番組「“スコラ” 坂本龍一 音楽の学校」が4月から始まっています(毎週土曜日、23:45~24:14)。
ワークショップやゲストとのトークを交え、坂本龍一氏が各テーマに沿って音楽の魅力に迫る番組。氏は現在、全30巻の音楽全集“commmons: schola”シリーズを監修・発刊中で、これはその映像編という位置づけのようです。日本ではあまり見受けられない形式の番組で、いろいろと示唆にとんだ興味深い番組です。


4月のテーマは「J.S.バッハ」 。3日の第一回では「なぜバッハは音楽の父なのか」をテーマに、「調性」という今日の音楽の礎を築いたバッハを紹介していました。
音楽の父バッハに対して、絵画の父と言えばセザンヌ。バッハほど厳密ではないにせよ、絵画表現を色彩と形態の要素に還元し、絵画の近代化の礎を築いた人です。たとえばセザンヌ最晩年の次の2点。こうしたほとんど抽象画と化した作品を見ていると、バッハの音楽が聴こえてくるようです。

f0189227_14245671.jpg

f0189227_14254284.jpg

色彩の関係と絵画空間の構築のために、結果として描かれたものの形態から絵画を解放させたセザンヌの試みは、セザンヌの作品に直接影響を受けたピカソとマチスによってさらに展開し、デザインワークも含めた今日の視覚表現のベースとなりました。

しかし、バッハが活躍したのは18世紀前半、セザンヌの名作が生まれるのは19世紀末、絵画の父は音楽の父に遅れること約150年です。その差は、絵画が描かれたもの(=指示対象)の形態に長い間とらわれてきたのに対し、音楽は指示対象の形態を持たない(例えば、音楽のメロディは鳥のさえずりや雷鳴の音をそのまま写している訳ではなくて、作曲家の頭の中で新たに構成される)という、音楽がもともと持っている抽象性によるものなのでしょう。

小林秀雄はその著書「近代絵画」で、セザンヌが好んで使ったモチーフ(motif)という言葉が音楽用語から来ていることを指摘しています。また、立体感を明暗で出すmodelerという単語を使うのを嫌い、音楽家が使うmoduler(変調)を使うべきだ、と言ったといいます。”印象派の時代以来、音楽は、絵に強く影響し始めた”とも書いていますが、確かにハーモニーやトーンなど、色彩用語の多くは音楽から来ています。「モチーフを捜しに行くのだ」と言うセザンヌが音楽のモチーフ(動機、主題やそれを形成する旋律の断片)という意味で使っているのならば、我々が「今日のデッサンのモチーフはワイン瓶です」というのとは違う使い方をしていることになります。緑や大気の色の移り変わりを見て、音楽を感じていたセザンヌを想像してみました。

この番組では、毎回最後に坂本龍一(+ゲスト)の演奏も聴けるということで、前回のピアノとチェロによる「マタイ受難曲」も感銘的な演奏でした。システムを築き上げたと言えば堅苦しく聞こえますが、バッハにせよ、セザンヌにせよ、その作品がたいへん美しいのが、またなんともすばらしいところです。(n.m.)
[PR]

by matsuo-art | 2010-04-21 14:29 | TV  

長谷川等伯展/京都国立博物館

f0189227_2318665.jpg

何年も前から楽しみにしていた長谷川等伯展を観に行く日が来ました。

こういう混雑が必至な展覧会は、会期中出来るだけ早く(出来れば初日)、平日に、そして開館すぐに入場できるように行くのがベストです。(金曜の夜は7時半まで開館しているので、金曜の夕方に行くのが良いという人もいる。)会期はGWにかかっていますが、そんな時期に行くなど恐ろしくて考えたくもありません。
今までの経験から、多分行くのは今日がベストなのではないかと見極め、気合いを入れてこの日を迎えました。

博物館に着いたのが開館の9時半少し前。もうすでに開館を待つ群衆が入り口付近に渦巻いているのをみて、「うわーっ」。
思わずそのまま帰ろうかと思いました。
僕は以前雪舟展を観に行って、あまりの長蛇の列におののき、そのまま帰ってしまったことがあります。(その後も結局観に行かなかった。)
でも今回は前売りも買っていたし、今日を逃すと後日さらに混みそうな気もするので、20分待ちという長蛇の列の最後尾にシブシブ並びました。
でも結局入場まで30分以上かかったのではないかな。
会場内もやはりたくさんの人がいて、一つずつの絵に並んでじっくり鑑賞しようとしたら時間がいくらあっても足りないので、じっくり観たり、あまり時間をかけずに遠目から観るのですませたりとメリハリを付けて会場を進んで行きます。

それにしても等伯は非常に多彩なスタイルをうまくこなしているのには感心します。また、そういう等伯の絵師としての多面性を演出するような展示になってもいます。
本職であった仏画にはじまり、似絵、大和絵風、楓図を代表とする金碧障壁画、室町時代の水墨画のスタイル、お寺の天井画や巨大な涅槃図まで、様々なバリエーションがあってそれがどれも高い水準で描かれてあることを観て、あらためて力のある絵師だったんだなあ、と再認識させられました。有名なお猿の絵にしても「牧谿の真似っこじゃないか」と思っていたのですが、実際目にしてみると非常に暖かい雰囲気があって、これはこれで別物としてなかなかよいものでした。

個人的には以前から観たいと思っていた、大徳寺の襖に住職が留守の隙に等伯が勝手にあがりこんで描いたという山水画(これです↓)がようやく観れて嬉しかったです。
f0189227_2319358.jpg

しかしやはり、何と言っても「松林図」でしょう。
最後に登場するこの絵だけは、全く桁外れの画格の違いに思わず息を呑みます。
近くで観ると、良く言えば自由奔放、悪く言えばかなり無造作にも見えるような線が走り、絡み合う、即物的なディテールなのですが(ただ、空間のトーンをコントロールする薄い墨は丹念に施されていることがわかります)、離れて観ると、そうした線や墨のトーンが絶妙にブレンドされて収まるべき状態にしっくりと収まり、幽玄ともいうべき空間を創出しています。
さらに特筆すべきこととして、この絵には筆法や木の形態感などの点で形式的な感じがなく、むしろこの時期の日本絵画には例外的に写実的といってもいいような感じさえします。

観れば観るほど、これが絵だ、これこそが絵なのだと唸るしかありません。

この絵を見るのは今回で多分3回目だと思いますが、今回一番強い印象を与えられたように思いました。
f0189227_23195946.jpg

f0189227_23205641.jpg

それにしても等伯はなぜこのような絵が描けたのでしょう。確かに牧谿を研究して行く過程で生まれた松林図の前段階とも見えるような絵もあるのですが、そういう絵と松林図のあいだにはものすごい跳躍があるように見えます。

トーン変化を駆使した大気(霧)=空間の表現、自由奔放な筆さばき、形式ではなく写実に基づいたモチーフなど、これらは明らかに牧谿から来ていると思います。(「写実性」に関しては、似絵も手がけていた等伯にとっては自然なことだったのかもしれませんが。)しかし牧谿を完全に自己薬籠中のものとし、その技術と内側から湧き出るような表現動機(松は等伯の故郷七尾の松ではないかと言われている)が結びついた時、それまでに存在したことの無かった奇跡的な絵が生まれたのでしょう。

しかしこの画格の高さはいったいどうしたことなのでしょう。何かすごく透明で底光りのするものが画面に満ちていて、いつまで観ていても見飽きるということがありません。僕の後ろでおじさんが「悟りの境地やな」と呟いていましたが、確かに何らかの精神的な飛躍があったとしか考えられません。
こういう感じは図版からは充分にはわからないものです。それはまたフォーマリズム的観点から分析しようとしても理解できない「何か」で、福岡伸一ではありませんが「世界は分けてもわからない」と思い知らされます。実作を観る醍醐味はまさにこういったときに実感させられますね。

それにしてもこのあいだ研究室で観た横尾さんのビデオでの「Y字路」もそうですが、思い通りの絵が描けなくて悩むことがあったとしても、それでもしぶとく描き続けていれば天はいつか「ご褒美」をくれるんだなぁ・・・・、という感慨とともに2時間弱を過ごした会場を出てみると、入場待ちの長蛇の列はさらに延びてもの凄いことになっていました。

観るのであれば早いうちがいいと思いますよ。(Y.O.)
[PR]

by matsuo-art | 2010-04-13 23:00 | 展覧会  

香雪美術館 奨学金制度

奨学金制度のお知らせです。
神戸市東灘区にある香雪美術館では、美術系の大学生・短大生の新入生を中心に奨学生約10名を募集しています。卒業まで下宿生には毎月5万円、自宅通学生には同4万円を支給し、返還義務はありません。

同美術館の設立目的の「わが国の美術文化の向上」に一層貢献するため、開館35周年を記念して2008年に新設された制度です。
対象者は大学・短大で美術、工芸、映像、デザイン、美学、美術史、文化財保存などの美術系分野を学ぶ優秀な学生で、兵庫県内で学んでいるか、県内の高校出身で近畿の学校に通っていることが条件。

出願期間は4月1日〜5月5日。審査を経て5月中に決定します。
出願書類は、(1)奨学生願書、(2)出身高校または大学の成績関係証明書、(3)自己PR文A4版1枚、(4)奨学生推薦書(出身高校の校長、クラス・教科担任、または大学、短大の担当教諭、准教授が作成)、(5)本人および両親の所得の証明、です。
出願書類一式は、大学と相談のうえ大学を通して提出すること、となっています。美術館所定用紙による提出になりますから、用紙の有無は各大学に尋ねてください。

返還義務がないという魅力的な奨学制度です。志の高い人に是非利用してもらいたいですね。
詳しいことは香雪美術館ホームページを見てください。
[PR]

by matsuo-art | 2010-04-07 22:21 | その他