<   2009年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

京都・智積院 田渕俊夫襖絵「四季墨絵」

f0189227_20182132.jpg
今日は京都東山七条にある智積院というお寺に、日本画家の田渕俊夫さんの襖絵を観に行ってきました。

智積院は真言宗のかなり大きなお寺ですが、長谷川等伯の「楓図」とその息子久蔵の「桜図」などの障壁画、そして利休好みの名勝庭園で良く知られています。
このお寺の講堂に田渕俊夫さんが襖絵を描かれ、公開中とのこと。偶然見かけたチラシでそのことを知り、ぜひ観たいと思って行ってきました。

実は智積院は私の家から近く、門前はしょっちゅう通っているのですが、中に入るのは15年ぶりくらいでしょうか。
田渕さんの襖絵を見る前に、とりあえず等伯の楓図を久しぶりに観てみようと宝物館に行きます。秋の行楽シーズンで休日の京都ですから相当の混雑を予想していましたが、今日は観光客もまばらで、おかげで非常にゆっくりじっくりと絵を観ることが出来ました。

その後、襖絵のある講堂の方にむかおうと、回廊に沿って名勝庭園を回って行きます。その庭に面した建物の中の、もともと等伯らの障壁画があったらしきところには現在復元模写が入っています。オリジナルのかなり剥落が進みややくすんだ画面に対して、確かに描かれた当時の絵はこんな風に生々しい色彩だっただろうと思われます。
f0189227_20175890.jpg

田渕さんの襖絵は、講堂のご本尊を取り囲む5つの部屋の襖、全60面に及ぶもので、四季がテーマです。
冬の部屋から観はじめたのですが、部屋に入るや否や針葉樹林の白い世界が、和紙の乳白色に点描による墨の階調によって美しく表現されていて思わず背筋が伸びます。
春の間(胎蔵の間)は「柳」と「桜」、夏の間(金剛の間)は「けやき」と「めだけ」、秋の間は「すすき」と「柿」、そしてご本尊のある空間(不二の間)の両壁面に「夜明け」と「夕暮れ」の風景。
全部良かったんですが、中でも「柳」と「けやき」、そして「柿」の絵が強く印象に残りました。

じっと画面を見つめていると、墨によるトーンの豊かさ、光とその空間表現の美しさはもちろんなのですが、それぞれの対象を熟知した上で緻密に、あるいは奔放に画面を作っていく感じが伝わって来ます。対象が克明に写実表現されているというよりは、むしろ、対象の持つ普遍的な相が抽象化された諸要素の積み重なりによって立ち上がってくる、と言うべきでしょうか。
現代の画家による素晴らしい境地を目の当たりにし、私も思わず飛んで帰って絵を描きたくなりました。

この襖絵の公開はとりあえず今日までだったのですが、近いうちに機会はまたあるでしょうから、いつか是非観てみてください。(Y.O.)

f0189227_20171647.jpg

[PR]

by matsuo-art | 2009-10-25 20:36 | 展覧会  

西宮船坂ビエンナーレ2009

展覧会の案内です。先日、武庫川女子大学2回生のIさんが「西宮船坂ビエンナーレ2009」の案内を持ってきてくれました。彼女はボランティアリーダーとして、作品の設営などに携わっているそうです。明日10月25日(日)がオープニングです。
f0189227_172389.jpg

「西宮の里山『船坂』は、
 棚田・かやぶきの古民家・有馬温泉への湯山古道・・・
 失われつつある日本の原風景がいまなお息づいています。」
とあるように、自然の風景が広がる地域の棚田や茅葺き民家、倉庫などに複数の作家の作品が展示されます。
秋の里山散策を兼ねながら、あるいは有馬温泉への道中に、立ち寄ってみるのも良いのではないでしょうか。(n.m.)
[PR]

by matsuo-art | 2009-10-24 16:45 | 展覧会  

加藤和彦氏 追悼

加藤和彦氏が亡くなった。とても、とても、残念で悲しい。

最近は木村カエラによる「サディスティク・ミカ・バンド」の再結成、坂崎幸之助氏とのフォークデュオ「和幸」、70年代ロックで先鋭化させたバンド「VITAMIN-Q」と、音楽活動を活性化させていた。ミカ・バンドでのボーカルも年齢を感じさせず、むしろ昔よりしっかりしていて、今後の活躍を期待させていただけに、本当に残念だ。

加藤和彦氏と言えば、サディスティク・ミカ・バンドの3枚目のアルバム「ホット!メニュー」だ。一般的にはピンクフロイドのプロデューサー、クリス・トーマスを迎えた2枚目のアルバム「黒船」や、グラムロックなどの影響の強い1枚目のほうが人気があるかもしれない。でも、私にとっては、さらに洗練され、かつ、ユーモアのある「ホット!メニュー」を、昔から何度も聴いて、大きく感化されてきた。高橋幸宏や高中正義を知ってYMOへと至る個人的な音楽遍歴の起点となったアルバムでもあり、”トーキョー・シティー・ポップ”と私がかってにカテゴライズしているスタイルを作った歴史的なアルバムでもある(ちなみにトーキョー・シティー・ポップの系譜は今、スマップに受け継がれている)。

ミカ・バンドは海外で受け入れられた初めての日本のロックバンドで、ロキシー・ミュージックの前座として回ったイギリスツアーが評判となり、現地でも高く評価された。「ライブ・イン・ロンドン」は録音がステレオではなくあまり良くないのが残念だが、当時のノリノリのライブの様子が伝わって来る名盤。特にラストの「塀までひとっとび」は圧巻(ベースの後藤次利氏が参加した再結成もしてほしかった!)。

実際に私がミカバンドを知った時にはすでにバンドは解散していて、加藤氏はソロ活動をしていた。当時、梅田の阪神デパート6Fのナショナル・ショールームでラジオの公開番組があって、そのゲストとして氏が出演した時に、放課後、わざわざ見に行ったことがある。ギター1本を抱え、「シンガプーラ」を歌う氏を、間近で見る事ができた。高校生の頃のことだと思っていたが、シンガプーラをリリースした年(1976年)から考えると、中学生の時だったかもしれない。

80年代に入って、夜のヒットスタジオで「ソルティドッグ」を歌った姿がとてもカッコ良かった。3部作の「パパ・ヘミングウェイ」「うたかたのオペラ」「ベル・エキセントリック」はLPで買って、特に名作「うたかたのオペラ」はよく聴いた。バックにYMOなど豪華メンバーを従えて海外で録音した充実した時期だ。

これらのアルバムはレコードを持っているものの、プレーヤーが壊れてしまって聴くことができない。CD化されているものの、音質や内容に問題があるようで、手に入れていない。

でも今聴きたいのは、70年代のソロアルバム「それから先のことは」と「ガーディニア」。この2枚については何曲かは知っているものの、未だ全体を通して聴いたことがなくて、いつか聴いてみたいとずっと思っていた。
近々手に入れて聴くことで、加藤氏への追悼としたい。(n.m.)
f0189227_4412233.jpg

[PR]

by matsuo-art | 2009-10-17 23:59 | 音楽  

水母の骨(くらげのほね)

大阪教育大学3回生のYさんから展覧会の案内が届きました。教養学科 芸術専攻美術コース3回生立体造形研究室 有志3人によるグループ展です。

『水母の骨』
開催日時 11/4(水)〜11/17(木)11:00〜17:00まで
開催場所:兵庫県神戸市灘区上野通2-2-4
f0189227_110476.jpg

『展示会場は神戸にある、展示メンバーの旧家で、震災に見舞われた後使われなくなった一軒家です。
建て付けはまだまだしっかりしているので今回のグループ展の展示会場として使わせて頂くことになりました。
展示が終わり次第取り壊すということなので、大胆に改装して展示会場にしてしまおうというプロジェクトも同時進行しています。
家が作り出す雰囲気を生かしながらそこでしか出来ない展覧会を作り出すことを目標に、作品制作に取り組んでおります。
ぜひご高覧ください。』

ということで展覧会自体はまだ先なのですが、作品制作状況、おしらせ等をつづったブログがすでに公開されているので紹介しておきます。
くらげのほね

7月4日の記事に家の中の様子が写真で紹介されています。私もかつて須磨の木造の一軒家を借りて住んでました(震災で全壊しました)が、同じ頃に建てられたのでしょうね、風呂場のタイルの様式とか、階段の感じとか、室内の雰囲気が似ているなあ、と思います。(n.m.)
[PR]

by matsuo-art | 2009-10-13 22:08 | 展覧会  

新長田駅前の鉄人28号

銀行を利用するために新長田駅でたまに下りるのですが、鉄人28号のモニュメントがお披露目したという新聞記事を思い出して、若松公園に行ってみました。青い空をバックに、大きな鉄人が姿を現していました。高さ18メートルの実物大!?
f0189227_143123.jpg

みんな携帯電話などで、写真を撮っていました。
地面のほうはまだまだ整備中で、ユンボーが作業をしています。
f0189227_1232380.jpg

高いビルを背景にした後ろから見たら様子が、なかなかカッコ良かったですね。まるでCGのようです。
f0189227_152394.jpg

震災復興のシンボルとして地元商店主らのNPOが計画し、公園としてしっかり整備されるのは3月頃になるそうです。若松公園は地下鉄/JR新長田駅の南西、駅を浜側へ出た右手にある大丸のすぐ裏側になります。大丸の中を突っ切って出たところです。
大丸の2階では、ブリキのおもちゃなどを中心に、昭和をテーマにした展示もしていました。
f0189227_154262.jpg

「鉄人」というのはターゲットが狭いんじゃないかな、とも思っていたのですが、「昭和」という切り口にまで広げると、いろいろ展開できそうですね。(n.m.)
[PR]

by matsuo-art | 2009-10-02 01:10 | その他