<   2009年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

やなぎみわ婆々娘々展

21日に、国立国際美術館の「やなぎみわ婆々娘々展」と「ルーヴル美術館展」へ行ってきました。
f0189227_292520.jpg

やなぎみわ展では、3つのシリーズが展示してありましが、見る人それぞれに好きなシリーズ、印象に残るシリーズが違うのではないかと思います。私が印象深かったのは、「フェアリー・テール・シリーズ」でした。

これはグリムやアンゼルセンなど世界の寓話、説話などから発想したシーンを子供たちに演じさせて白黒写真に撮り、ライトボックスによって暗い部屋に展示したものです。恐怖映画のようでもある不気味で残酷なシーンに眼が釘付けになりますが、老婆の仮面をかぶるなど演劇的な演出であるにもかかわらず(あるいはそれゆえに)奇妙にリアルなのは、元となった寓話自体が持つ残酷さに、何か得体の知れない吸引力が秘められているからでもあります。小説家の坂口安吾はそれを「文学のふるさと」と名付けましたが、そうした残酷だがどこかなつかしくもあるふるさとを、ここでは周到な演出で濃縮し、怪奇的にあぶり出しています。

今年のヴェネチアビエンナーレ日本館にも展示されている「ウィンドスェプト・ウィメン・シリーズ」は、4m×3mの黒い巨大な写真立てが起立するという迫力のある展示なのですが、布にインクジェットプリントで出力されている画像の表面には深みがなく、残念ながらヴェネチアのレプリカというような印象になってしまっていました。ヴェネチアでは出力方法も違ってもっと深みのあるトーンに仕上がっているようですから、迫力や存在感も違うと思います。
f0189227_2224010.jpg

「マイ ・グランドマザーズ・シリーズ」は、”50年後の自らの理想の老婆像”を映像化するという発想のユニークさと表現力はさすがに高いと思いましたが、私が男性であるせいか、その祖母像に感覚的に感応するという感じはあまりないのです。ただ、今回初めてシリーズ全作が並ぶという中で、2009年の新作も3点あること、大きさが大きいのから小さいのまでそれぞれであること、そしてそれらの額が、プリントとぴったり同じサイズの透明なアクリル板(おそらく)が張り付いているだけという、きわめてシンプルで美しい額(どのようにして張り付いているのあろう、接着してあるのか?)であることが興味深かったところです。(n.m.)
[PR]

by matsuo-art | 2009-09-22 18:03 | 展覧会  

工場見学

  先日、大阪市にあるターナー色彩株式会社の工場に見学へ行ってきました。
日頃、使っているポスターカラーやアクリル絵具がどのようにしてつくられているのか、非常に興味深いものでした。

 その手順と様子を一部、紹介します。

 *顔料(色の素になるものです)に接着剤、溶剤などといった絵具の材料を混ぜ合わせます。
 
f0189227_1336041.jpg

 ↑機械で撹拌されている様子。スピード感があります。
 
 *撹拌された絵具を精製していきます。
f0189227_13365094.jpg

 ↑絵の具のキメが整っていきます。
 
 *完成した絵具の品質検査をします。
f0189227_13405539.jpg

 ↑この絵具と同一であるかどうか?基準となる「優秀な絵具達」です。
 
 *チューブ等容器に詰めれば、完成です。
f0189227_13444731.jpg

↑空のチューブ。滅多に見られるモノではありません。

 普段からよく見知っていると思っていた絵具が、物質として目の前に提示されると、全く異なって見えるのは不思議です。手順ごとに精製されていく様子はつややかで美しく、官能的ですらありました。また、行程に関わっていらっしゃる方々が非常に活き活きと格好よく見えたののも印象的でした。

 さらに、最新情報として伺ったのですが、近々ターナー社より専門家用の透明水彩絵の具が新しく発売されるとのこと。「着彩」が入試課題にある受験生の皆さんは要注目ですね!!

 ターナー色彩株式会社 
いろいろな製品があります。見ているだけで楽しくなってきます。 (y.y.)
[PR]

by matsuo-art | 2009-09-19 14:06 | 美術  

水都大阪2009

9/6(日)の夕方から夜にかけて、「水都大阪2009」に立ち寄ってきました(10/12mon.まで)。
大阪中之島周辺で行われている水都大阪2009は、アートイベントというわけではないようですが、たくさんのアーティストによる展示とワークショップが行われています。最初に行ったのが、市役所に展示しているヤノベケンジ氏の「ジャイアント・トらゃん」。たまに動くそうなのですが、行った時はかすかに手が揺れている状態でした。
f0189227_241390.jpg

実物を見るまでは、鉄を素材にした昔の作品の印象があったり、その大きさや火を吹く(ここでは吹きませんが)ということから、いかつい作品、というイメージがありましたが、実際には素材のアルミが明るく輝いていて、思ったよりも軽やかで美しい印象でした。

次に、これまたヤノベ氏の個展をしているアートエリアB1へ。こちらには「ラッキードラゴン」が登場する新作絵本の原画と、それに連動した展示がされています。出世作のタンキングマシーンも大小2つ鎮座して、充実した展示でした。アートエリアB1から見える京阪なにわ橋駅券売機の上にも作品が置いてあります。
f0189227_324396.jpg

そのあと、中之島水辺会場へ。ここでは常設の展示やプログラムもあれば、期間中、入れ替わりで100近い企画のワークショップも「水辺の文化座」で行われます。屋台感覚でアジアンテイストの料理が楽しめたり、辻学園運営のレストランがあったりと、友達同士や子供連れの家族でいろいろ楽しめる空間になっています。

バラ園の入り口には川で拾ったものからできた巨大な魚があり、その右手のミストの吹き出る歩道には、竹のアーチから吊るされたミラーチップのイルミネーションが輝いています。写真ではわかりにくいですが、これが簡単な作りながら、なかなかきれいで良かったです。
f0189227_262612.jpg

ヤノベ氏のアート船「ラッキードラゴン」が停泊していました。夜には目が光って首も立ち上がりました。この右側には小沢剛氏の人力噴水があります。
f0189227_27214.jpg

藤浩志氏の「かえるシステム」では持参したおもちゃを交換する「かえっこ屋」や不要のペットボトルなどでオブジェを制作する「かえる工房」を展開しています。
f0189227_242821.jpg
f0189227_2465820.jpg

建築家による竹製の架構空間と文化座劇場です。環境デザインや建築を学びたい人には、イベントの仮設空間の実例として参考になりますね。大阪芸大や金沢美大、京都工芸繊維大などの入試でも、こうした空間のプランニングがよく出題されています。
f0189227_2485958.jpg

f0189227_2512796.jpg

砂場は子供たちでにぎわっていました。
f0189227_3272772.jpg

使い古しのスポーツシューズを再生する「スキン工房」と巨大サッカーゲームは「KOSUGE1-16」のプロジェクトです。
f0189227_2523231.jpg

f0189227_254990.jpg

マスダマキコの「中之島ミズドリ製作所」は5日、6日のみのワークショップ。参加者の腕のコピーから作った色とりどりの光る水鳥を、夜の川に浮かべました。
f0189227_2562914.jpg

f0189227_259198.jpg

f0189227_2593684.jpg

今後も日比野克彦氏も含め、いろいろなアーティストのワークショップがあります。9月中はまだ暑いでしょうし夜はライトアップもされるので、涼しくなった夕方から行くのがお勧めです。お目当ての企画をちゃんと調べておかないと、期間限定や週末のみの展示もあるので気をつけて下さい。(n.m.)
[PR]

by matsuo-art | 2009-09-07 22:40 | 展覧会