<   2009年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

松尾直樹展 ーSpacing3(登場と退場)ー

京都のギャラリー16で、5月5日(火)より個展をします。
f0189227_3503916.jpg

シリーズ80年代考 Paintings 
松尾直樹 ーSpacing3(登場と退場)ー
2009年5月5日(火)〜5月16日(土)
12:00〜7:00p.m.(10日、16日は6:00p.m.まで/月曜休み)

80年代の美術状況を検証する画廊企画の4回目として、表題の作品(220cm×480cm)を含む1983年〜86年にかけて制作した大型絵画4点と、ドローイング数点を展示します。

80年代初頭は禁欲的なフォーマリズムと表現主義的なニュー・ペインティングが交錯した状況でした。そうした中で、フォーマリズムの問題意識を継承しつつ「描く」契機を、俵屋宗達などに代表される「日本絵画」の空間に求めました。今回はそれらの大型絵画4点を壁面いっぱいに展示することで、「障壁画」のような空間が立ち現れることを私自身も期待しています。(n.m.)
[PR]

by matsuo-art | 2009-04-29 03:52 | 展覧会  

「マタタクマ」展

大阪教育大学 教養学科 芸術専攻美術コース3回生のYさんがグループ展を開催しています。
f0189227_2256088.jpg

場所はギャラリーパライソで、心斎橋の三角公園の近くです。同じ美術コースの有志4人による展覧会。26日(日)まで、です。

4月21日(火)〜4月26日(日)
12:00P.M.〜20:00P.M.(最終日は17:00P.M.まで)
ギャラリーパライソ
〒542−0086大阪市中央区西心斎橋2-10-27 森ビル3階
[PR]

by matsuo-art | 2009-04-22 23:04 | 展覧会  

大阪の展覧会

 展覧会のお知らせです。
 「ひかりのどけき春−榊原ようこ・山内裕美 二人展」
 4月11日(土)〜4月25日(土)
 11:00〜18:00(土曜日17:00まで日・祝休み)
 コウイチ・ファインアーツ

 この展覧会では、二人の作家が絵画と写真の異なった手法を用いつつも、ひかりとその有り様を捉えた作品を展示しています。よろしければ、ぜひともお越し下さい。
f0189227_182026100.jpg


 また、近くの国立国際美術館では杉本博司「歴史の歴史」展が開催されています。杉本博司は日本を代表する写真家のひとりです。写真に興味のある方はこちらもぜひ。
それ以外にもこの国立国際美術館ではなかなか面白そうな展覧会やイベントが企画されています。
要チェック!ですね。 (y.y.)
[PR]

by matsuo-art | 2009-04-17 18:21 | 展覧会  

宮島達男 MEGA DEATH

サントリーミュージアム天保山「インシデンタル・アフェアーズ うつろいゆく日常性の美学」展に行ってきました(5月10日まで)。国内外の現代美術作家17名の作品からなる展覧会です。まずはその中から、宮島達男氏の作品「メガ デス」を紹介したいと思います。
f0189227_148452.jpg
f0189227_149117.jpg

宮島氏の作品にはテレビや雑誌などを通してずっと注目してきましたが、デジタルカウンターのインスタレーションに実際に接するのは、ずっと昔に一度接して以来、実は今回がまだ2度目です。

以前に接したのは、真っ暗な部屋の床に、デジタルカウンターが大きなサークル状に配置してある、というだけのもの。宮島氏のデジタルカウンターは1から9までの数字が点灯していくが、0だけは刻まずに暗くなります。その基本設定は当初から今日まで変わっていません。それぞれの点滅するスピードを変えて設定しているので、闇の中でチカチカと点滅することになります。

その作品の前に立った時、私は闇の中で自分が宇宙空間に立っているかのような感覚におそわれました。床が下にすうと抜けて、明滅するサークルと私だけが闇の中で浮遊している感覚になったのです。
非常にシンプルな設定から、このような身体的感覚を与えられるとは思っていなかったので、とても感銘したことを覚えています。

今回のメガデスは、以前、研究室のビデオでも紹介したことがありますが、1999年のベネチア・ビエンナーレで発表した宮島氏の代表作です。20世紀も終ろうとしているそのときに、宮島氏はこの作品で、人類が20世紀に行った大量殺戮をテーマにしました。

暗闇の部屋の壁一面に大量に設置されたデジタルカウンターは、そのひとつひとつが人の生と死を象徴しています。青く美しく明滅を繰り返すなかで、しかし、ある時一斉に点灯するのをやめ、あたりは突然真っ暗闇になる。
やがて、その暗闇の中から少しずつまた、光が点滅を開始していく。

意外に長い暗闇の中で何を想うか、また、少しずつ点灯していく光に何を感じるか。是非体験してみてください。(n.m.)
[PR]

by matsuo-art | 2009-04-12 22:05 | 展覧会