<   2009年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

小学館ウィークリーブック西洋絵画の巨匠「ゴッホ」190円

f0189227_123418.jpg

TVコマーシャルでも宣伝している毎週発売される美術シリーズ。こちらはディアゴスティーニではなく小学館から刊行。第一回配本のゴッホは、一冊なんと190円で、かなりのお買い得です。
小学館ウィークリーブック西洋絵画の巨匠

小学館は私が好きな出版社ですが、ここの美術本は写真がきれいでわかりやすく、比較的廉価なのが良い。今回の目玉は、作品の原寸大アップを毎号1つ載せるというものだが、これはもともと小学館から出ている「原寸美術館」(西洋編と日本編と2冊ある)という画集の企画を踏襲したものだ。これは初めてではないが(事実、私はそれ以前に原寸大アップを売りにした美術本を2冊持っている)画期的な企画で、作品の原寸大写真から伝わってくるものは計り知れない。

逆に言うと、美術館で実物を観るときも離れて全体を観るだけでなく、興味を持った作品には身を乗り出して思いっきり顔を近づけ(20cmくらいの距離)、アップでも見てほしい。
ただし、その際には手を後ろに組み、作品を傷つけるつもりはないという態度をはっきり示しながら見てください。手を前に出していたり、作品の近くで指でも指そうものなら、係員に注意されること間違いなしです。

今回は「ひまわり」の原寸大で、できればサン・レミ時代の数ある秀作の中から選んでもらえたらもっと良かったが、それでもこの4ページにわたる大型かつ高精度の原寸写真は貴重です。ガシャポン1回分より安いので、ぜひ買ってみてください。(n.m.)
f0189227_161496.jpg

f0189227_165253.jpg

[PR]

by matsuo-art | 2009-01-28 22:54  

オバマ新大統領の就任演説

昨日の夜中、アメリカのオバマ新大統領の就任式をテレビで見た。今までの演説も話題になっていたし、選挙で勝利した時の演説も良かったので、今回の演説にも期待するものがあった。

しかしNHKの同時通訳は感情を盛り込まずにしゃべるうえに、観衆の声も小さめにしか聞こえていなかったので、せっかく生の現場に立ち会ったつもりなのに、あまり臨場感が伝わってこなかった。字幕ではなく同時通訳の声が本人の声にかぶるのだから、こうなるんではないか?と思いつくのが遅かった。

日頃は政治に興味を待たない中学生の娘も、歴史的な就任演説を生で聞きたいと1時過ぎ頃に起きてきたのだが、なかなかオバマ氏本人も出てこないし眠いしで、結局演説の途中で寝床に戻ってしまった。

それでも交代しながら行った同時通訳の最後を担当した通訳者は、いくぶん語気を強めてしゃべってくれたので、「たった60年前、みなさんと同じようなレストランに入れなかったような、その父親を持つ男が、今こうして聖なる宣誓ができる、それも私たちの自由と信条のためなのです」のくだりには、こちらも高ぶる心持ちを感じた。

あとで気づいたが、CNNの第2音声でも同時通訳をしていて、こちらはちゃんと感情を込めながらしゃべっていたようだ。こちらで聞いておけば良かった。

「新しい責任の時代」
オバマ大統領が世界に向けたメッセージ。(n.m.)
[PR]

by matsuo-art | 2009-01-21 22:52 | その他  

せなかならべ展

京都教育大学4回生のTさんと京都市立芸術大学3回生のOさんによる日本画2人展の案内が届きました。
f0189227_0492732.jpg

せなかならべ展
2009年1月11日(日)〜1月16日(金)
11:00a.m.〜7:00p.m.(最終日6:00p.m.)
ギャラリーいのうえ
京都市東山区三条通東大路東入る北側ARC3.5 2F
でも、これ、今日までなんです!!!
[PR]

by matsuo-art | 2009-01-16 00:51 | 展覧会  

謹賀新年

f0189227_1394378.jpg

          明けましておめでとうございます。
[PR]

by matsuo-art | 2009-01-01 01:41 | その他