<   2008年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

 

大阪教育大学 芸術専攻 美術コース2回生 有志展

大阪教育大学2回生のYさんから、絵画・立体作品の学内展の連絡をいただきました。教養学科芸術専攻美術コース有志による展示で、Yさんは企画代表をしています。

日時:2008年10月30日(木)〜11月5日(水)8:45〜17:45
   (10月31日(金),11月2日(日)は休館日)
場所:大阪教育大学柏原キャンパス附属図書館地下ラウンジ
入場料:無料

『私たち教養学科芸術専攻美術コース2回生有志は、有志個人の絵画・立体作品の展示を致します。作品を通じて鑑賞する人々とつながりを持ち、自分の思いを伝えられるような展示を目指します。また、展示開催期間のうち11月1日(土)は大学の神霜祭の期間中でもあり、1人でも多くの方々にご覧になっていただければと思っております。堅苦しく考えず、ぜひ気軽にお越し下さい。』


f0189227_23203018.jpg

[PR]

by matsuo-art | 2008-10-30 21:16 | 展覧会  

宗達の「松島図屏風」

東京国立博物館では11月16日まで「大琳派展」を開催しています。それに合わせて、もう数週間前の号になってしまいましたが、雑誌ブルータスで琳派特集(649号、琳派って誰?)がありました。一般的に琳派と言えば尾形光琳ですが、橋本治氏も語っている通り、作品の質や達成した内容を見て、一番重要なのは俵屋宗達です。宗達には学生の頃から感化されてきましたが、今回この雑誌で2つのショックを受けました。

1つは、京都の古美術店で現在も宗達の水墨掛け軸が売られているということ。お金さえあれば(!)今でも買うことができる、ということと、まだ見たことがない掛け軸がどこかに隠れている可能性もあるのか、ということです。

もう1つはワシントン・フリア美術館の「松島図」と「雲龍図」は門外不出で、決して日本に来ることはない、ということです。雲龍図については昔はピンと来なかったのだけれど、今は洗練された表現と墨の諧調に魅力を感じ、実物を見たいと思っていました。そのためには現地に行くしかない訳です。

f0189227_2403098.jpg

それと今回改めて、見てみたい、と思ったのは松島図です。この絵はここにも書かれているように、図版を見てるだけではあまり良いように見えない。私もいままでさして興味を持ってこなかったのです。

松島図には、左隻左下に妙なかたちをした輪っか(州浜or雲?)が銀で描かれていて、本来明るい色調であったものが黒く変色しています。改めてそこが銀色だったと想像した時に、左隻では右上の松の群れだけが濃く浮き立ち、その下の波間の空間的広がりを見せる宗達らしい構図であることが見えてきました。屏風全体でも右隻右端の岩から左の岩、左隻上方の松へとゆるやかなカーブで視線が上方へ動くかっこ良い構図なのです。

現在は酸化した輪っかのせいで動きのない収まった構図になってしまい、硬い絵に見えます。銀色だと想像すると、明るく軽快な作品に変貌します。

ところで今回わざわざフリア美術館まで取材に行ったブルータス編集部ですが、せっかくの松島図の写真掲載量が少なくてもったいない。26、27ページの撮影現場風景、こういうのは作品のリアリティを感じるのに良い写真なのだけれど、作品の上に文字がかぶってしまっています。どこかでもう一度ちゃんと掲載してくれないでしょうか。(n.m.)
[PR]

by matsuo-art | 2008-10-30 02:50 | 美術  

21日放送のよゐこ部

先日21日(火)に放送した毎日放送「よゐこ部」。発展的統合により今年で閉校になる神戸の県立鈴蘭台西高校に、よゐこ とTKOが写真部として訪れ、思い出多い学び舎を撮影、スライドショーにするという企画でした。当研究室の生徒も映るかもしれない、ということで見ていましたが、H君、しっかり出てましたね。

鈴蘭台西高校最後の3年生や歴代卒業生にとって、とても記念になる番組だったと思いますが、私も見ているうちに自分の高校時代を思い出したりして、そういう意味でもなかなかの好企画だったのではないでしょうか。クラスみんなで鬼ごっこをするシーンなどは、誰もが体験しただろう子供の頃の楽しかった時間を喚起するものがありました。

もう何年も前になりますが、私も急に思い立って、昔住んでいた伊丹の町をカメラを持って歩き回ったことがあります。子供の頃の思い出が詰まったかつて住んでいたアパートは、その時に既に半数くらい空き家で傷んでいたので、今はもう取り壊されているかもしれません。小学校の校庭にもふらふらと入ったりしましたが、あの池田小の痛ましい事件以来、そんなことも気軽にできなくなりました。

建物や風景には、そこに関わった人々の記憶が重なり、様々な感情とつながっているものです。鈴蘭台西校の校舎が今後どうなるのかは知りませんが、できれば何か地域の中で、うまく再利用していけると良いと思います。(n.m.)
[PR]

by matsuo-art | 2008-10-23 03:28 | その他  

バナナアケビ

生徒のTさんが、あけびを持ってきてくれました。それも紫色でなくて白いあけび!
曰く「私の家はあけび屋敷なんです。」

聞くと、この季節になると家の庭にあけびがいっぱい生って、毎年知り合いに配ったりするらしい。うらやましい限りです。私は生まれてこのかた広い庭のある家に住んだことがないので、将来はあけびと、ざくろと、カカオ(!)の生る庭がほしいという妙な夢を持っています。

ちなみにこのあけびはバナナアケビと言って淡黄色のあけびなのだそうですが、いただいたあけびは、ほのかなクリーム色でどちらかというと白色という感じです。5枚1束のちいさな葉っぱもきれいですね。(n.m.)
f0189227_3134834.jpg

[PR]

by matsuo-art | 2008-10-18 03:15 | その他  

ご来場お礼申し上げます☆

  先日、このblogで紹介させていただいた「山内裕美展@京都」のご報告です。
f0189227_0194029.jpg

     ↑展示風景です。

 展覧会は作家にとって、ハレの場であると共に、改めて自分自身の作品を客観的にみるという意味で、非常に緊張する場でもあります。こればっかりは、何度経験しても馴れないものです。

 が、勿論嬉しいこともたくさんあります。今回の展覧会には松尾美術研究室の卒業生達も駆けつけてくれました。各々の近況を聞かせてもらったり、思い出話をするのは、楽しいひとときでした。

 改めて、ご来場下さった皆さまにお礼申し上げます。ありがとうございました☆  (y.y.)
 
[PR]

by matsuo-art | 2008-10-17 00:49 | 展覧会  

神戸芸術工科大学「'08芸工祭」

今度の土日の18日、19日は、神戸芸術工科大学の大学祭「'08芸工祭」があります。
昨年から引き続き実行委員をしているファッション学科2回生のTさんが、先日、案内のはがきを持ってきてくれました。Tさんはファッションショーにも自身がデザインした服3着を出品するということで忙しそうにしていましたが、いろいろと大学の話を聞かせてくれました。

ファッションショーは、19日(日)16:30〜です。
その他にも学科対抗のライブ・アート・バトル(3時間でテーマによる作品制作を競い、優勝チームは旅行券がもらえるという学内コンペ。両日とも12:00〜)などの催し物があります。(n.m.)
f0189227_0302533.jpg

[PR]

by matsuo-art | 2008-10-17 00:31 | その他  

京都・大徳寺曝涼

 毎年10月の第二日曜は、大徳寺所蔵の書画の「曝涼」(虫干し)が行われることになっています。しばらく前にそのことを知ってからこの日を楽しみにしていました。

 大徳寺に行ってみると、秋の観光シーズンということもあって普段公開されていない塔頭の庭なども公開されており、たくさんのお客さんが来ています。
 僕はまっすぐに虫干しが行われている方丈に向かいます。入場料を払って入ってみると、それぞれの部屋にたくさんの書画がずらりと掛けられ、風に揺れています。この日ばかりは国宝や重文を含む名品もガラス越しでない状態でかなり間近に見ることができるのです。

 第2室の正面に目当ての作品が掛けられていました。南宋時代の画僧・牧谿の「観音猿鶴図」です。
 月並みですが、やはり傑作というほかありませんね。墨のトーンが薄い部分が多い上に、全体に薄墨がかかっているせいか一見地味なんですが、比較的少ない手数でありながら的確にものごとの有様を描ききっているところが見事で、見れば見るほど味わいが増してきます。

 正面の観音像の、薄暗い洞窟の空間の湿り気や微光の絶妙なトーン、ほのかに浮かび上がる観音様の衣服の線のニュアンスやお顔の表情の生き生きした様など、やはり実物を見なければ充分には伝わらないものです。お猿の絵の方は、木を描く筆の運びが面白く、大きな画面の中でお猿の形態が空間的に機能している様などなど・・・、足が痛くなるまでじっと絵の前に立ち尽くし味わってきました。(y.o.)
f0189227_21312286.jpg

[PR]

by matsuo-art | 2008-10-12 22:07 | 展覧会  

主役はあけび

秋の果物たちの中でも、やはり一番はこのあけびでしょう。薄紫の色味が、なんとも美しい。熟してくると2つに割れて、中にはゼリー状の白い半透明の果肉と、それに包まれた、たくさんの黒い種があります。

この白い果肉がまた美しい。昔の子供は山に行った時に、おやつ替わりにあけびを食べたそうですが、私にはそんな経験はありません。でも、なんか小さい頃に食べた時とてもおいしくて、貴重な物を食べたような気分になった記憶があります。でも今食べてみると、果肉の量は少ないし、種も多いし、ほんのり甘い味は、おいしいのだけれど、やたら甘いものに慣れた舌には物足らない感じになってしまっています。

それでもやはり、あけびは好きです。この色味、質感、形態がなんとも良くて、めずらしい動物を見ているような気分です。(n.m.)
f0189227_2345289.jpg

[PR]

by matsuo-art | 2008-10-10 02:39 | その他  

山内裕美展@京都

今日は私の個展のお知らせです。

 山内 裕美展
 10月7日(火)〜10月12日(日) 
 11:00〜19:00(最終日18:00まで)
 アートスペース虹

 展示会場のアートスペース虹は京都の画廊です。このあたり(東山三条界隈)は平安神宮などもあり、観光地であると同時に美術館、画廊などが多く集まる地区でもあります。

 ちなみに現在、近くにある京都近代美術館では「生活と芸術——アーツ&クラフツ展」 、京都市美術館では「芸術都市パリの100年展」が開催されています。

 近くにお越しの際はぜひとも、足をお運びくださいませ。(y.y.)f0189227_1445232.jpg
[PR]

by matsuo-art | 2008-10-06 19:37 | 展覧会  

「ordinary」 at 日本茶カフェひとひ

 友人の展覧会のお知らせです。

 松浦由美子立体作品展「ordinary」
 10月1日(水)〜10月13日(月) 
 11:30〜22:00(最終日18:00まで)

松浦さんは、武蔵野美術大学映像科出身の作家さんです。
学生時代はクレイアニメーションを制作されていましたが、現在はそれを展開させて、立体作品および立体イラストレーションとして発表されています。

 展示会場の「日本茶カフェひとひ」はその名の通りカフェです。美味しい日本茶が飲めますよ。普段、ギャラリーに行く習慣のない方も、近くまでお越しの際は気軽に足を運んでみてください。(y.y.)

詳しくは
松浦由美子さんのHP
f0189227_15412742.jpg

[PR]

by matsuo-art | 2008-10-02 19:26 | 展覧会