カテゴリ:TV( 29 )

 

「四季・ユートピアノ」映像作家・佐々木昭一郎の世界

1980年1月12日、私が共通一次試験一日目を終えて家に帰って来たときに放映していたドラマ、「四季・ユートピアノ」。ピアノ調律師の女性を主人公に、瑞々しくもどこか不思議な感性を描いたドラマです。ドキュメンタリーのような手法による表現はそれまでに見たこともない新鮮なもので、明日もテストだというのに最後まで引き込まれて観たのをよく覚えています(受験生はマネしないでね)。

その制作者、佐々木昭一郎氏が20年ぶりに映像作品を制作したということで、NHKBSプレミアムアーカイブスでは今週「映像作家・佐々木昭一郎の世界」として過去5作品を放映していました。
また、9日(日)には「“伝説”の映像作家 佐々木昭一郎 創る現場」を放送します。
f0189227_12294274.jpg

『ドラマ『夢の島少女』『四季・ユートピアノ』など、30年前国内だけでなく世界に大きな衝撃を与えた“伝説”の映像作家・佐々木昭一郎。市井の人を主人公としドキュメンタリーと思わせる映像に音楽が繊細にとけ合う独自の世界は国内外の賞を数々受賞してきた。78歳となる今、映画作品に初めて挑戦、NHKはその制作過程を4年間にわたり独占で記録した。国境や時代を超えて人々の心をつかむ、佐々木作品の創造の秘密に迫る。』NHKホームページより。

70年代制作作品を今回始めてみましたが、サーカス、外国人、路地、孤児、等、マジョリティ-の世界に馴染めない者への視点を強く感じます。71年制作「さすらい」ではアングラ劇の旅芸人たちが出てきたりして、60~70年代当時のヒッピー文化、カウンターカルチャーが生々しく定着されているのも興味深いところでした。

今週月曜に放映された「四季・ユートピアノ」は見逃してしまったのですが、来週10日(月)の夜中にまた再放送してくれます。過去にはDVD化されたこともあるようですが、あまり流通していないようですし、今回のデジタルリマスターされた放映は貴重なものになるでしょう。『是枝裕和・河瀬直美など現代日本映画を率いる監督たちに大きな影響を与え尊敬を集めてきた。』とNHKホームページに書いてありますが、有名な役者を使わず、演技をさせず、文法を無視した編集をするなど、初期北野映画にも通ずるところがあります。(n.m.)
[PR]

by matsuo-art | 2014-11-07 12:14 | TV  

「長沢芦雪と出会う紀州・和歌山への旅」NHK日曜美術館アートシーン

NHK日曜美術館アートシーン、普段は現在開催中の展覧会を紹介するこのコーナーですが、本日はキャスターで俳優の井浦新さんが長沢芦雪の作品を求めて和歌山へ行くという特別編が放送されます。以前このブログで紹介した無量寺の「虎図襖」や「龍図襖」もおそらく訪れるのでしょう。
美術・工芸に造詣が深い井浦新さんがキャスターになってからこの番組の楽しみ方も増えました。

「この日のアートシーンは特別編
午前9:45~10:00 (再放送・午後8:45~9:00)
奇想の絵師・長沢芦雪と出会う紀州・和歌山への旅
雄大な自然の中で生まれた自由奔放な傑作とは!」NHKホームページより


ちなみに番組本編は、ポップアートの旗手としてマリリン・モンローやキャンベルスープ缶のモチーフで有名な、アンディ・ウォーホルの紹介です。(n.m.)
[PR]

by matsuo-art | 2014-04-06 07:12 | TV  

「知られざるロシア・アバンギャルドの遺産」NHK BSプレミアム

ソチ冬期五輪に合わせてNHK BSプレミアムではロシア文化にちなんだドキュメンタリーの再放送を行っていますが、先日その中の「知られざるロシア・アバンギャルドの遺産〜スターリン体制を生き延びた名画〜」(2003年制作)を見ました。これは政治体制の変化に翻弄される美術家たちを描いた秀逸なドキュメンタリーです。2月13日(木)午前0時45分からもう一度再放送されます。

20世紀の初頭、ロシアでは自由で前衛的な芸術ロシア・アバンギャルドが花開きますが、1930年代のスターリン体制下、絵画はいわゆる「社会主義リアリズム」しか認められなくなり、ロシア・アバンギャルドは大量粛正による弾圧で消えていきます。
そうした中、彼らの作品を密かに収集した人物がいました。イーゴリー・サヴィツキー(1915~1984)が集めたロシア・アバンギャルドの絵画は現在、中央アジア・ウズベキスタンの小さな町、ヌクスの美術館に残っています。

番組ではサヴィツキーの行動を追いかけながら、収容所に送られて強制労働に耐えた画家、屋根裏部屋に潜んで絵を描き続けた画家、そして転向していった画家たちについて語ります。

サヴィツキーはしたたかにソ連の文化局保管所(絵画の強制収容所)からも作品を持ち出し、エルミタージュ美術館よりも多い予算で虐げられた画家たちの作品を蒐集した。当時の文化大臣の絵画に対する無知により、実際は副大臣レベルや局員たちが働きかけたという。彼らの文化への愛がサヴィツキーの反体制的行動を支えた。

サヴィツキーの行動の原点には、ロシア革命による貴族文化の崩壊を経験したことがあるという。イデオロギーにより美しいものがなくなることへの抵抗。

皮肉なのは、逮捕され13年もの収容所生活から故郷の町に戻ってきた画家を唯一受け入れてくれたのが、自らの裁判で不利な証言をしたライバルの画家だったこと。
そして、ソ連が崩壊した現在、ヌクスの美術館が財政難に陥いり存続が危ぶまれていること。

日本でも第二次世界大戦時は自由な絵を描くことができず、時に画家は体制に迎合する戦争画を描いたことはよく知られている。イデオロギーによる抑圧の中では、人は不本意で苦しい選択をすることになる。そんな時代がもう二度と来ないと言い切れるのか?そのようなことをこの番組は問いかけている。(n.m.)
[PR]

by matsuo-art | 2014-02-11 23:45 | TV  

センター試験 3日前 テストの花道

18日(土)に始まるセンター試験まで、あと3日になりました。NHK教育テレビ「テストの花道」では毎年この時期にテスト前と当日のアドバイスを紹介しています。でも、今年のよりも以前の放送内容も役立つように思いましたので、過去の内容を再録します。

現場で実力を発揮するには ”適度な緊張” が必要で、多少の緊張はあったほうが良いのですが、緊張しるぎるとうまく力が発揮できません。昨年の放送では、本番で緊張しすぎないための対策が5つ紹介されていました。なかでも最初に挙げられている「筋弛緩法」は、効果がありそうです。

体に力を入れて筋肉を収縮させてから一気に力を抜いて筋肉の緊張をゆるめるという方法ですが、紹介されたやり方は、それを目、口、肩で行うというものです。試験会場の現場で行うのにちょうど良くて、使えるのではないでしょうか。
本番で緊張しそうな人は今から家で勉強する前にやって慣れておいて、現場の会場に座ってからもやってみてください。(実際やってみると、緊張すると出にくくなるという唾液が分泌されるのが実感できます。)

3年前のこのブログでも「テストの花道」で紹介されていた”センター試験1週間前”の心得を紹介しました。
結論としての格言は「実力を発揮するなら普通どおり」。(くわしくはこちら)。

また、受験当日の用意として、
1、会場までの道のりを調べておく。
2、試験会場で勉強する専用ノートを作っておく。
3、軽食を持参。
4、体温調節できる服。
5、下痢止め。
を上げていました。

時計は必需品だということと、マークミスを防ぐために大問1問ごとにチェックする、わからない問題にもとりあえずどれかマークしておいて、後で見直すという印をつけて先に進む、そうして空白の問題を作らない事でマークのズレを防ぐ、というアドバイスがありました。

それでは受験生の皆さん、これまでやって来たことを信じて、自分の力を出し切ってきてください。
(n.m.)
[PR]

by matsuo-art | 2014-01-15 12:34 | TV  

「荒井良二の絵本じゃあにぃ」NHK趣味Do楽

『「ルフランルフラン」「あさになったので まどをあけますよ」などいま最も注目される絵本作家・荒井良二がお届けするおもしろワークショップ!絵本を作ってみたい初心者から、もの作りのプロをめざす人まですべての人に創作のヒント満載の荒井良二流「絵本じゃあにぃ」。みなさんもぜひ手を動かしながら、絵本作りに旅立ちましょう!』番組紹介文より

昨日教室で紹介したNHK趣味Do楽「荒井良二の絵本じゃあにぃ」の再放送が総合テレビですでに始まっています。毎週水曜日、午前10時15分からです。今日の放送がちょうど第2回の「もののかたちをとらえよう」でした。2月5日まで全8回です。HPでは番組で作った絵本を紹介していて、1ページずつ見ることが出来ます。
荒井良二さんのHPはこちらで、以前このブログで荒井良二さんの展覧会を紹介した記事はこちらです。

これは私が愛蔵している荒井さんの絵本「ぼくがつぼくにちぼくようび」。そう言えば初めて買った絵画作品は荒井良二さんの絵で、今も玄関に飾っています。
f0189227_0191033.jpg

f0189227_0193333.jpg

番組最後に荒井さんが長新太さんの絵本を紹介していました。こちらは長新太さんのムック本です。(n.m.)
f0189227_0195270.jpg

f0189227_0201895.jpg

f0189227_0203325.jpg

[PR]

by matsuo-art | 2013-12-18 10:49 | TV  

NHK WORLD「Rising Artists」 和田淳ドキュメンタリー

f0189227_17561864.jpg

アニメーション作家・和田淳さんを密着取材した番組がNHK WORLDで今週末放送されます。ライブストリーミングでも観られますが、アーカイブには残らないので放映中に観ていただかないといけません。

「Rising Artists」※英語での放送です。
11月17日(日)9:10- 13:10- 17:10- 21:10-
11月18日(月)1:10- 5:10-(日本時間表記、4時間毎の5回放送)

詳しくはこちら。予告編の映像を見ることもできます。
http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/english/tv/special/201311.html#pId201311170010
[PR]

by matsuo-art | 2013-11-16 17:58 | TV  

ぶらぶら美術館「ロシア・プーシキン美術館展」BS日テレ

本日のおすすめTV番組です。BS日テレ「ぶらぶら美術館」(8:00pm〜8:54pm)で「ロシア・プーシキン美術館展“フランス絵画300年”」が紹介されます。神戸市立博物館で現在開催されている同展覧会(12/8(日)まで)に合わせて、東京で開催されていた時の内容の再放送です(最初にマンモス化石展も紹介されると思います)。

美術評論家・コラムニストの山田五郎さんがお笑いコンビのおぎやはぎとアシスタントの相沢紗世さんを連れて展覧会を紹介するというこの番組、実際に展覧会場を歩きながら紹介するのでサイズ感など作品の様子がリアルに伝わってくるし、山田五郎さんの解説も専門的でありながら分かりやすく、とてもすぐれた番組なのです。事実、この番組はすでに2つの賞を受賞しています。
昔、FM放送で”ビートオンプラザ”という番組があって、アルバム1枚をほぼまるまる放送してくれるというお得な音楽番組だったのですが、私はこの「ぶらぶら美術館」は美術界の”ビートオンプラザ”だとも思っています。

面白いのは、この番組のレギュラーであるおぎやはぎの2人が山田五郎さんと数々の展覧会をまわっているうちにすでに目利きになっていて、「これはいいマチスだね」とか「いいセザンヌだ」とか的確な発言をしているところです。有名な作家の作品が来ていても”いい作品”がないと展覧会の価値は半減しますからね(全く価値がないわけではない)。展覧会自体にはまだ私も行っていないのですが、展覧会の一番の目玉は、番組で紹介されているマチス、それとセザンヌ、ゴッホだと見ています。(n.m.)
[PR]

by matsuo-art | 2013-10-18 11:04 | TV  

連続テレビ小説「あまちゃん」

 NHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」が、あと1週間で終わってしまいます。寂しい限りですが、私が幸運だったのは、この国民的名作ドラマを1回も逃さずにすべて見ることができているということ。1つ前の「純と愛」の終盤を受験指導の忙しい時期と重なったことで録画していたのですが、その流れで録画を続けていて最初から逃さずに見ることができたのです。連続テレビ小説にはまったのは「ちりとてちん」以来ですが、「ちりとてちん」の前半は、だいぶ見逃してしまっていますので。
「あまちゃん」には早々にはまってしまい、途中からはちゃんと朝起きて生放送で見ています。
f0189227_11423496.jpg

昨日9/19の放送で天野晴子と鈴鹿ひろ美がスケジュール調節で使用していた卓上カレンダー、家にあるものと同じであることを発見して少しうれしくなりました。ただ、ドラマで使用していたのは今年のではなくて、1012年のものです。1年前のカレンダーというのは、どこかスタッフの知り合いなどから調達してくるものなのでしょうか、それともNHKの小道具室に保管しているのでしょうか。

鈴鹿ひろ美、こと薬師丸ひろ子さんの「潮騒のメモリー」が聴けるのかどうかも終盤の見所ですが、もし聴けるのならば、年末の紅白歌合戦では各出演者総出の潮騒のメモリーを聴きたいものです。(n.m.)
[PR]

by matsuo-art | 2013-09-20 11:54 | TV  

本日ゲスト杉本博司氏「加藤浩次の本気対談!コージ魂!!」

本日のおすすめTV番組です。BS日テレ 夜10時からの「加藤浩次の本気対談!コージ魂!!」のゲストは現代美術家の杉本博司氏です。

”「加藤浩次の本気対談!コージ魂!!」は、加藤浩次が、今、「話を聞いてみたい」と思う人に徹底インタビュー!1時間まるごとひとりのゲストと向き合う、段取りナシのガチ対談番組です。”(番組紹介より)

杉本博司氏についてはこのブログでもこちらこちらなどで何度か紹介しました。(n.m.)
[PR]

by matsuo-art | 2013-08-22 11:44 | TV  

長沢芦雪「白象黒牛図屏風」 テレビ東京「美の巨人たち」

本日のおすすめTV番組です。テレビ東京「美の巨人たち」(10:00pm〜10:30pm)で長沢芦雪の「白象黒牛図屏風」が紹介されます。
f0189227_1146238.jpg

「白象黒牛図屏風」は、私が初めて芦雪に魅せられた作品。京都芸大の図書室で何か面白い作品はないかと美術本をあさっていてこの作品を見つけた時に、ひとり興奮していたのを覚えています。
当時は芦雪のことを全く知らなかった。名前も、難しい漢字の「蘆雪」で記述されていたので、読み方も覚えられなかった。30年ほど前の話。

大きな黒牛と白象が画面いっぱいに、はみ出すほどに描かれている。そこに小さな白い犬と黒いカラス。犬やカラスに目を写すと、大きすぎる牛と象は背景になって、視線から”消える”のです。視線によって見え方が変わるというこのような構成を、芦雪はたびたび試みています。
大胆で明確な対比がこの絵のきわめてユニークなところですが、牛、象、犬、カラスがそれぞれ正統に、豊かに描かれているところが作品の魅力の核であることも付け加えておきましょう。

この作品はジョー・プライス氏が購入したときには相当痛んでいたようで、当時比較的安い値段だったとは言え、その何倍もの金額をかけて修復されています。プライス氏が購入していなければ今こうして目にすることが出来なかったかもしれない、と言うことを考えると、プライス氏に感謝しなければいけません。(n.m.)
[PR]

by matsuo-art | 2013-06-29 11:43 | TV