カテゴリ:その他( 48 )

 

京都市立芸術大学オープンキャンパス 2018

85日(日)に京都市立芸術大学のオープンキャンパスへ行ってきました。昨年はスタッフ2名に行ってもらって私は行かなかったので、2年ぶりです。全体説明会、教員対象説明会、構想設計説明会に参加しました。

f0189227_03391902.jpg

f0189227_03082280.jpeg
f0189227_03053938.jpeg
f0189227_03061397.jpeg
f0189227_03383142.jpg
f0189227_03385262.jpg
f0189227_03074242.jpeg
f0189227_03393137.jpg
f0189227_03040494.jpeg



前回はデザイン科の説明会に参加したのですが、各専攻別説明会は同時刻に行われるので、一日中居れば3つの専攻をハシゴできるものの、他にも寄るべき所がたくさんあるので、実際のところ複数専攻の説明会に参加するのはなかなか困難。今年は構想設計に的を絞りましたが、分かりやすい説明で良かったです。


何が一番良かったかと言うと、4人の学生さんが自身の作品や活動をプレゼンしてくれたこと。描画を短編アニメーションに起こした作品やバンド活動している自身のミュージックビデオを作った作品など、映像、音響、PC、インスタレーション等、マルチメディアを使って研究、表現する構想設計の活動を具体的に示してくれました。私がこの大学に在籍してた頃とは随分印象が変わった感じで、時代に合わせて学生さんたちが自由にこの専攻の可能性を広げて行っているように思いました。


説明会が始まる前に学生スタッフさん4人が皆スマホをいじっていたので、保護者受け悪いんじゃないの?と心配しましたが、皆さん、スマホ使ってプレゼンする準備をしてたんですね。邪推して失礼しました。


教員対象説明会では、おもに今年の入試問題を例にとって、アドミッションポリシー(入学者受け入れ方針)がいかに入試問題や採点基準に反映されているかを説明していただきました。特に"自ら課題を見い出し、解決しようとする意欲を持っている学生"を多様な視点から採りたい、という大学側の強い気持ちを感じるお話もあり、いろいろ意見交換も出来て有意義な時間が持てました。


当研究室出身の学生も、オープンキャンパススタッフとして働いていたりライブペインティングをしていたりで、ワークショップのスタッフとして仕事中で話しかけられなかった学生も含め6名に会えましたし、大学会館ホールなどで確認できただけでも5名の作品展示を見ることができました。大学に入ってそれぞれ活動している様子をうかがい知ることが出来てうれしく思いました。また、見学に来ていた3名の塾生にも会えました。(n.m.)


[PR]

by matsuo-art | 2018-08-08 23:26 | その他  

卒業生のお仕事1「あいな里山公園」パンフレット

神戸市北区にある「あいな里山公園」は、都市近郊でありながら田植えなどの農作業、収穫などの里山体験が気軽にできる場所で、里山の自然な風景を残し、樹木、草花、昆虫、鳥など多様な生きものに出会える公園です。その「あいな里山公園」パンフレットのイラストを、当研究室出身の山本佳奈さんが描きました。

f0189227_11503746.jpg

山本佳奈さんは当研究室から京都市立芸術大学へ進学。美術科で彫刻を専攻して動植物の造形美に興味を持ち、花屋で働いたり種苗園で働いたりしましたが、芸大卒業後にもっと専門的な知識を得ようと自然環境系の専門学校に進学しました。そこで出会った人との縁で現在、公益財団法人神戸市公園緑化協会 公園部 あいな里山公園 施設運営担当の技術職員として働いています。パンフレットは山本さんの穏やかな雰囲気が生かされたイラストで、優しい風合いのデザインになっていると思います。

f0189227_11525090.jpg
f0189227_11545587.jpg
f0189227_11535659.jpg

「あいな里山公園」は、国営明石海峡公園の神戸地区という位置づけになるそうです。『自然と人との共生、人と人との交流』が基本理念の国営明石海峡公園は、明石海峡大橋を中心とした周辺地域の広域レクリエーションに対応するため設置された『淡路地区』(兵庫県淡路市)と『神戸地区』(神戸市)の2地区からなり、平成14年に一部開園した淡路地区は、緑を失った土取り場跡地を花と緑あふれる公園に再生し、現在は年間入園者50万人を超える公園となっているとのこと。


『里地里山文化公園』をコンセプトにする神戸地区「あいな里山公園」は、大都市近郊で気軽に里地里山文化を体験できる公園として、2年前の平成28年5月に第1期開園を迎えました。この夏も「あいな里山の野生どうぶつ展」や、いろいろな里山体験プログラムが企画されているようなので、興味のある方はHPを覗いてみてください。(n.m.)





[PR]

by matsuo-art | 2018-08-03 12:03 | その他  

謹賀新年 2018

明けましておめでとうございます。
f0189227_20450460.jpg

[PR]

by matsuo-art | 2018-01-05 20:46 | その他  

センター試験 テスト前と当日のアドバイス

14日(土)に始まるセンター試験まで、残り1週間程になりました。NHK教育テレビ「テストの花道」の以前の放送内容が、テスト前と当日のアドバイスとして役立つと思うので再録します。

現場で実力を発揮するには ”適度な緊張” が必要で、多少の緊張はあったほうが良いのですが、緊張しるぎるとうまく力が発揮できません。2013年の放送では、本番で緊張しすぎないための対策が5つ紹介されていました。なかでも最初に挙げられている「筋弛緩法」は、効果がありそうです。

体に力を入れて筋肉を収縮させてから一気に力を抜いて筋肉の緊張をゆるめるという方法ですが、紹介されたやり方は、それを目、口、肩で行うというものです。試験会場の現場で行うのにちょうど良くて、使えるのではないでしょうか。本番で緊張しそうな人は今から家で勉強する前にやって慣れておいて、現場の会場に座ってからもやってみてください。(実際やってみると、緊張すると出にくくなるという唾液が分泌されるのが実感できます。)

2011年のこのブログでも「テストの花道」で紹介されていた”センター試験1週間前”の心得を紹介しました。その内容も再録します。先輩受験生の体験談や失敗談をいろいろ紹介していましたが、結論としての格言は「実力を発揮するなら普通どおり」。新しい事はやらないほうがいい、ということです。

たとえば苦手科目を最後に集中的にやりすぎて肝心の得意科目の勘が鈍ったという失敗例。合格した先輩たちは、基礎をまんべんなく見直すこと、を勧めています。実践をしながら、まちがったところの基礎を見直すのがよいようです。親にも変わった事はしてほしくない、と言っていましたが、試験前にトンカツなどのカツ類を食べ過ぎて胃もたれになった、親の出すハーブティーを断れずに飲み過ぎて体調不良、など食事に関する失敗例は、どれも良かれと思い普段と違うことをしたから。不安を感じる新たなことには断る勇気も受験生には必要です。

時計は必需品だと言っていましたが、これについては当研究室テキストの「入試前の心得」にも書いています。実は研究室の受験生で過去にこれで失敗した人がいます。わざわざ新品の時計を買って持って行ったのになぜかその時計が1時間遅れていて、それに気づかず、デッサンで実力を出せなかったのです。第1志望大学は不合格となり第2志望大学に行きました(ただ、後日談としてその人は、東京芸大の大学院へ見事合格しました)。
他にも単純に時計を忘れていって時間が分からなかった人もいましたが、わからない分、デッサンを早め早めに進めて、今までで1番充実したデッサンに仕上がった!という怪我の功名の人もいます。でもとにかく、テストには時間配分がとても大事なので、時計は必ず持っていきましょう(ケータイは使えません)。

本番で注意することとしては、マークミスが一番に上がっていました。途中でマークがずれている事に気づいたら焦ってしまいます。絶対に避けましょう。対策としては大問1問ごとにチェックする、ということ。また、わからない問題にも、とりあえずどれかマークしておいて後で見直すという印をつけて先に進む、そうして空白の問題を作らない事でマークのズレを防ぐ、というアドバイスもありました。
あと、トイレの場所を確認しておくことも大切、ということでした。

また、受験当日の用意として、
1、会場までの道のりを調べておく。
2、試験会場で勉強する専用ノートを作っておく。
3、軽食を持参。
4、体温調節できる服。
5、下痢止め。
を上げていました。

これらを参考にして、受験生はこの時期、そしてセンター本番を乗り切っていきましょう。試験1週間前の鉄則、それは「普通どおり」です!(n.m.)
[PR]

by matsuo-art | 2017-01-06 12:36 | その他  

謹賀新年 2017

明けましておめでとうございます。
f0189227_339974.jpg

[PR]

by matsuo-art | 2017-01-01 12:00 | その他  

謹賀新年 2015年

明けましておめでとうございます。

f0189227_1633176.jpg

[PR]

by matsuo-art | 2015-01-01 00:00 | その他  

サッカー ブラジルW杯 開幕直前

サッカーW杯の開幕戦、ブラジル対クロアチア戦まであと3時間を切りました。自国民から必ずしも暖かく受け入れられているとは言い難い今回のブラジル開催、貧富の差から来る経済政策への不満が露呈している状況ですが、どうやら地下鉄ストは回避されたようです。デモは国民の権利なのでかまいませんが、それが過激になって衝突になるようなことは、会期中にあってほしくはありません。セレソンが開幕戦に順当に勝って、ブラジル国民に一体感が生まれるとよいですが。

4年前の日本代表は、直前の強化試合で結果が出なくて、監督の岡田武史氏は急遽、攻撃的なサッカーから守備的なサッカーに切り替えました。その現実路線が功を奏し、日本は予選リーグを突破、8強には惜しくも手が届かなかったものの、チームプレーによる一体感あるサッカーが国民を引き付けました。

今回、日本はもう守備的なサッカーに戻ることはできません。試合をリードするサッカーを標榜して臨んだ直前の強化試合は、先制されたり、ゴール前の精度が甘かったりする問題点がありながらも、勝つという結果を残しました。特に、現在体がキレキレの大久保選手が、青山選手からの絶妙なロングパスを見事に決めたザンビア戦での決勝ゴールは、あの時間帯での一発逆転のポテンシャルがこのチームにあることを印象付けてくれました。

香川選手や本田選手、柿谷選手が得点から遠ざかっていたことや試合慣れの問題もありましたが、それぞれに強化試合で点を獲って、最悪のフラストレーションからは脱した。そういう意味では、よいかたちでの本番への入りだと思います。

この数日、NHKで流れていた過去W杯の日本代表試合を見ていて思い出したのは、以前「決定力不足」とよく言われていたことです。ゴール前でシュートを打つべきところでパスを出したり、ワントラップして打てば良いところをダイレクトに打って枠を外したり、ということが多くあったように思います。でも、今回の香川選手や本田選手のゴール前のトラップミスは、そうしたものではない。身体感覚が100%でないがための技術的なミスで、判断ミスではない。

以前のようなゴール前での判断ミスの原因は、やはり「(一人一人というよりは)日本代表全体の、世界での経験不足」から来ていたのではないでしょうか。そういう意味では、もはやそうした不安から、このチームは脱していると思います。身体のキレがどこまで上げられるか、ここが勝負ではないでしょうか。

大久保選手は、ヴィッセル神戸を離れてから、断然生き生きとしてきましたね。Jリーグで得点をたたき出して、サプライズ選出されました。そんな大久保選手も、昔、代表に入りはじめた頃、当時のジーコ監督に試合に呼ばれては何度も決定期を外していました。他ではゴールが入るのに、代表ではなかなか入らない、というジレンマでした。代表の圧力というのが見えないかたちであるのか、今期の柿谷選手も得点から遠ざかっていましたが、そんな逆境を抜けてきた先輩たちが目の前にいる状況ですから、不調から脱するのも早いのではないでしょうか。そういったものが、チームの経験量なのだと思います。

日本代表初戦のコートジボワール戦では、とにかく先制して有利に試合を運んでほしいですね。先制されるとしんどいですから。しかし、仮に先制されても逆転して勝利、と考えたら、初戦の予想は、日本 2対1 コートジボワール、または、日本 3対2 コートジボワール、というところでしょうか。(n.m.)
[PR]

by matsuo-art | 2014-06-13 02:12 | その他  

無印良品「福缶」

デザイン・クリエイティブセンター神戸KIITOでは、KIITOと無印良品で、神戸の魅力を発見するゼミ「Found MUJI 神戸」を展開しています。MUJI+クリエイティブスタジオでは、ゼミでの活動のプロセスや今までに無印良品が世界中で見つけてきたというアイテムを展示していますが、先日、加川広重氏の巨大絵画を見に行った折には「福缶2013」の縁起物が展示してありました。
f0189227_12104399.jpg

f0189227_1210125.jpg

昔から親しまれている手づくりの縁起物を詰め込んだ「福缶」は、地域性の面白さを伝える無印良品の正月限定アイテムです。私はこの企画を全く知らなかったのですが、縁起物たちが並んで展示されている姿はなかなか素敵な光景でした。「福缶2013」には関東・東北・北海道の縁起物がどれか1つとそれらのかたちが染められた手ぬぐい、縁起物紹介のカレンダー、そして2013円分の無印商品券が入っていたそうです。

調べてみるとこの福缶は2012年から販売を始めていて、今年の「福缶2014」では東北、北陸、甲信越、東海地方の縁起物とオリジナルマスキングテープが詰められていたとのこと。2012年福缶は東北4県の縁起物が詰められていたということですから、もともとは震災復興の意味合いを含めて企画されたものでしょう。
正月から縁起もよく魅力的なこの商品、来年もあるのならば手に入れてみたいですね。(n.m.)
f0189227_12143462.jpg
f0189227_12112156.jpg
f0189227_12105876.jpg

[PR]

by matsuo-art | 2014-01-25 12:15 | その他  

センター試験日に魔除猫と岡本太郎

今日、18日(土)と19日(日)は、センター試験日です。
受験生のみんなも多少緊張しつつこの日迎えていることと思いますが、各自がこれまでに努力してきたことを現場で充分に発揮できるよう、毎年ここで紹介している横尾忠則氏作「魔除猫(まよけねこ)」の画像をアップします。
f0189227_8235637.jpg

中央の魔除猫はシークレットだから縁起もいい!向かって右の魔除猫は昨年11月に新しく入手しました。向かって左は岡本太郎氏作「こどもの塔」です。
しっかりと腰を据えて、試験に挑んで下さい(n.m.)
[PR]

by matsuo-art | 2014-01-18 08:24 | その他  

「天満天神 繁昌亭」と「大阪天満宮」

「天満天神 繁昌亭」は落語専門の定席(毎日公演している小屋)です。そこへ落語を見に行ってきました。
f0189227_442984.jpg

私が行ったのは落語とマジックの他に、落語解説、お囃子の紹介もあるというJAF企画の朝席です。
メインで解説してくださった桂三風さんは、さすが芸人さんという風情で声に張りがあり、芸も達者で、落語もたいへん面白かった。生で落語を見ること自体が初めてだったのですが、新年から多いに笑わせていただきました。

関東と上方では落語の発祥が違ってスタイルがちがうことも教わりましたし、普段は演奏しているところが見られないお囃子も舞台上で見ることができました。太鼓や笛は落語家さん自らが演奏しますが、三味線は専門の方がいます。その三味線はなんと150万円程もするそうな。
目の前で演奏してもらった音はとても良かったので、普段の寄席では演奏の様子が隠れて見えないのがもったいない気もします。

2007年の朝ドラ「ちりとてちん」の終盤、渡瀬恒彦演じる徒然亭草若が病床の中で落語を演じた小屋が、実はこの繁昌亭だったとのこと。2006年にここができるまでは、ドラマのストーリーと同じように60年間、上方落語の常打ち小屋は無かったと言うことです。
今回は古典落語が演目になかったので、また機会があれば古典落語を聴いてみたいと思いました。
f0189227_4425598.jpg
f0189227_4423795.jpg

落語を見終わった後は、隣の大阪天満宮にお参りに行きました。学問の神、菅原道真が祀られている”天満(てんま)の天神さん”に皆の合格祈願をしてきました。(n.m.)
[PR]

by matsuo-art | 2014-01-06 22:35 | その他