カテゴリ:工芸( 2 )

 

草木染めー彼岸花

1週間前になりますが、雨続きの天候の合間を縫って、大阪・能勢に在住の染織家の山本有子さんの工房を訪れました。
山本さんは自ら育てた藍を使った藍染めの作品を中心に活動しておられます。

今回の訪問の目的は、藍の生葉が穫れる時期にしかできない藍の煮染と、季節の草木染めを教えて頂くことでした。
この日はお彼岸が終わり彼岸花が満開で、彼岸花染めを体験させていただきました。
今年は彼岸花が少し遅いそうです。

シルクと綿を格子状に織った薄いストールを染めることにしました。
彼岸花の茎から花まで全体を10センチほどの長さにパキパキと折った物に水を加えて鍋で煮だし、ザルでこして染め液を作ります。
f0189227_10235672.jpg

あらかじめお湯に浸し糊を落としたストールを染め液のたっぷり入った鍋で煮ます。
下の写真は染め液に浸けたtころです。
f0189227_10242329.jpg

その後水洗いし、媒染液(今回は酢酸アルミ)に浸し、水洗いの後、もう一度液につけて煮出しました。
f0189227_10244275.jpg

上の写真は媒染後、もう一度煮出しているところで、かなり色が濃くなっています。
染め上がったものがこちら。
f0189227_10254650.jpg

深めの緑色です。
色の薄い部分が綿、鯉部分がシルクです。シルクの方がより色が濃く染まります。

わたしが訪れる何日か前にヒガンバナで染めたものを見せて頂きました。同じストールを使用していましたが、もう少し黄緑がかった色合いでした。
その時はヒガンバナの咲き初めの頃だったそうで、真っ赤に咲いた満開の時期の方が色が強く出るのかしら、とのことでした。
時期や状況で色が異なる、コントロールしきれない自然に添った面白さが、とても豊かだと感じました。

同じ日に藍の生馬の発酵煮染め、ハンノキの染めもしました。
藍の煮染めはシルク素材で藤色に、ハンノキは綿を染めてグレー寄りの茶色になりました。

畑では藍が育ち、花を付けています。
f0189227_10351860.jpg

この後、藍は刈り取られ、葉を選別し、乾燥、発酵、と大変な作業を経、「すくも」という藍染めの原料になります。
美しいジャパンブルーの鮮やかな色はこの草から生まれます。
                              (yo.m)
[PR]

by matsuo-art | 2016-10-07 23:55 | 工芸  

藍染め体験

大阪・能勢で草木染めの工房「染めどころ ゆう」を開いておられる染色作家山本有子さんの元を訪ねました。
最近わたしは、模様や図案、特に和模様から着物に興味があり、染色のことがとても気になっていました。そんな時に友人からの誘いがあり、藍染めを体験させていただきました。すこし長くなりますが、染める工程を写真で紹介します。

『藍の生葉染め』を教えていただきました。
藍は3月頃種を蒔き、ちょうど今の時期、7月の終わりからから刈り取りが始まります。通常刈り取られた藍は、葉だけを乾燥させ、秋になる頃水を売ち数ヶ月かけて発酵させられ「すくも」という染料になります。すくもになるには大変な手間と労力と愛情が必要だそうです。生き物のように大切に育てられるそうです。
今回のように生葉の藍を使った染めは、夏の時期にのみ染めることができます。「すくも」で染めた色は、濃い群青色になります、生葉での染めは、青空のような透明感のあるセルリアンブルーに染まります。
f0189227_2317163.jpg

日本の藍はタデ科の植物です。
山本さんの自家製の藍で、工房裏の畑で藍を育てておられます。
f0189227_23194568.jpg

摘み取った藍を、葉と茎に分けて、葉だけをミキサーに入れ水を加えて細かく砕きます。
f0189227_23221088.jpg

ネットで濾します。少しとろみがあり泡だった濃い緑はまるで抹茶のようでした。
f0189227_23235793.jpg

予めぬるま湯につけて糊をぬいたシルク布(スカーフです)を藍の絞り液に浸します。
その間空気に触れないように、染み渡るように指で柔らかく揉み込みます。
浸す時間で染まる色が変わります。わたしは少し濃い目をめざし、3分間ひたしました。
f0189227_23274542.jpg

空気にさらします。酸化させることでほんのり青みがかかります。
この日は梅雨も明けて青空の広がるからっとした日和で、こういう日が藍染めには最適なのだそうです。
f0189227_23293734.jpg

流水に晒すと、すっかり鮮やかな青に。
水の中で変わっていく姿が、なんとも言えず美しいです。
f0189227_23311432.jpg

わたしが染めたスカーフ。
左が「すくも」藍、右が生葉の藍です。「すくも」でも染めさせて頂きました。
どちらも深みと透明感を合わせ持った青です。

f0189227_23455376.jpg

工房の前に広がる能勢の棚田です。
この日友人が山本さんが藍の生葉で染めた着物を着ていました。
穏やかな青は、静かな変化に富んでいて、人の肌にとてもよく合っていました。

藍のことを「ジャパン・ブルー」と呼びます。あのサッカー日本代表チームのユニフォームのジャパン・ブルーの愛称も、この藍の名前が元になっているそうですよ。
(y.m)
[PR]

by matsuo-art | 2010-07-24 00:00 | 工芸