人気ブログランキング |

カテゴリ:自然( 8 )

 

アゲハチョウの羽化 2019 その1

スダチの鉢植えにアゲハチョウの幼虫が見つかったのは5月 初旬。以前にもこの鉢植えにアゲハの幼虫が住み着いたことがありこのブログにも書いたが、その時は葉っぱを全部食べられて枝だけの丸裸になった。スダチにとっては苦難だが、それを乗り越えて今年はたくさんの葉が付いていた矢先のこと。でもまあ仕方ない、アゲハチョウに葉っぱをあげることにした。

f0189227_14591359.jpg

アゲハチョウはスダチなどの柑橘類に卵を産む。キアゲハはセリ科の植物、モンシロチョウはキャベツ、というように食べ物を決めて棲み分けているのは自然界の面白いところ。以前にはパセリにキアゲハの幼虫が住み着いたこともある。

卵からかえった幼虫は5齢まで脱皮しながら成長し蛹になる。1~4齢までは鳥の糞に擬態しているが、5齢になると一転して緑色のイモ虫に変わる。 5/27(月)には5齢の緑色の幼虫が7、8匹いて、4齢までの小さな糞状の幼虫も7、8匹いた。2回に分けて卵を産みつけられたようだ。

f0189227_14583931.jpg
緑のイモ虫になった5齢の幼虫と、糞状の3齢か4齢の幼虫。
f0189227_15251080.jpg
5齢に脱皮したての幼虫が、自分の抜け殻を食べているところ。

5/28(火)には1匹が場所を移動して前蛹化しているのを確認。コゲ茶色に塗装された金属部分に陣取り、翌日にはコゲ茶色に擬態した蛹へと変わった。蛹はその場所に合わせて色を変える。かつては陣取った葦簀に合わせて茶色の縞模様になっていたこともあったので驚きである。

f0189227_14580124.jpg
前蛹化の幼虫。まるまって動かなくなる。
f0189227_14581317.jpg
次の日には蛹化。周囲の色に合わせて茶色に擬態。

ところが蛹化したその1匹以外の幼虫が見当たらなくなった。緑にまるまる太ったのがあと6、7匹いたはず。2匹ほど移動している最中なのを目撃したのでどこかで蛹化しているのかと探したが見つからない。おそらく鳥にでも食べられてしまったのだろう。自然界では一般的なことなので仕方ないが、こちらとしてはスダチの葉っぱをたくさん提供しているのだから蝶にまで成長してもらわないと困る。そこで残りの幼虫を保護してプラ ケース等で飼うことにした。

6/4(火)には室内のプラケースに7匹の幼虫(うち1匹はフン状)を保護。しかし第3弾の産み付けがなされたようで、スダチの鉢植えに小さめなイモ虫たちがまだ7匹もいた。これでは葉っぱが足りない!ということで、妻の実家にあるスダチの木から葉っぱを持ち帰って供給することにした(最終的に3回ほど取りに行った)。

f0189227_14594049.jpg
プラケースに移動して保護。たくさん食べてたくさんフンをする。


6/9(日)の昼前には茶色蛹の頭部分が透き通っていたのでもうすぐ羽化か、と思いながら夜に帰宅して確認するとすでに羽化済み。もぬけの殻になっていた。しかしそのとき近くの手摺り下側に、緑色の蛹があることを発見。今まで全く気がつかなかった。

6/11(火)午前10時半頃、その蛹が羽化してるところに遭遇。11時過ぎに飛び立ちました。実はこの蛹、第2弾の幼虫のうち1匹が行方不明で保護できてなかったので、その幼虫が蛹になったものかと思っていたが、蛹化時期から茶色蛹と同じ第1弾の仲間だったことが判明しました。

f0189227_14595147.jpg
f0189227_15093068.jpg

室外の2匹が羽化したので、残りは室内で保護した13匹となりました(n.m.)


by matsuo-art | 2019-06-19 15:25 | 自然  

アゲハチョウの羽化 2014

ベランダにあるステンレス物干の足部分で蛹化していたアゲハチョウが、今日、羽化しました。昼の11:30頃に気がつくとすでに蛹から出て羽を広げ、ゆっくりと動かしているところ。蛹から出て来るところを見たかったのですが、今年もまた見逃しました。
f0189227_1384320.jpg

f0189227_1434193.jpg

ベランダにあるスダチの木に今年もアゲハが飛んできては卵を産みつけているのですが、今日蛹化したアゲハは、その先陣を切って蝶となった一匹です。スダチの葉っぱを全体の半分くらいばりばりと食べてしまって困ったものだと思っていましたが、特に対策を取ることなく放っておくと、ステンレス物干の足で蛹化してしまった(6/9頃)。
f0189227_1393062.jpg

f0189227_1395240.jpg

f0189227_1421261.jpg

つるつるしたステンレスは羽化した蝶の足場には向いていなくて、羽化途中で落ちてしまうと飛ぶことができなくなり死んでしまう。どうしてそこを選ぶかなあ、と思いながら布を巻いて足場を作ってあげました。でも、蛹と布の間が少し空いてしまったので、そこも埋めといた方がいいかな、と思っていた矢先の羽化。
f0189227_1441457.jpg

昨年の羽化直前には中の羽の黒い模様が透けて見えていたのですが、まだそんな様子は見えなかったので、うっかりしてしまった。でも、ちゃんと布にしがみついていたので良かった。発見して30分程で飛び立っていきました。
2013年 アゲハ羽化
2013年 アゲハ幼虫 蛹化
2012年 キアゲハ羽化
2012年 キアゲハ蛹化
ちなみに、スダチの葉がこれ以上食べられるのは困るから、他の幼虫は1齢、2齢の時にスダチからパセリに移動してもらっているのですが、食事環境が悪いのか、鳥にでも食べられてしまうのか、蛹化できるまでに育っている個体はまだいません。(n.m.)

by matsuo-art | 2014-06-22 21:37 | 自然  

アゲハ蝶 羽化

蛹化していたアゲハ蝶、最初の頃は薄い黄緑色だったのですが、1週間経って、上部が黒くなってきました。そして中が透けてきて、羽の模様も見えてきました。

7月16日
f0189227_10583338.jpg

7月17日
f0189227_10584469.jpg

今日ぐらいに羽化するかな、とも思いながら、あまりにも黒くなってきたので心配になりネットで調べているうちに、気がつくと、蛹から蝶が抜け出していました。朝の9時45分頃です。
ほんの少しの隙です。素早い!羽化する瞬間は見ることが出来ませんでした。
f0189227_10595653.jpg

f0189227_1102154.jpg

f0189227_1105941.jpg

f0189227_1113076.jpg

プラケースの壁に取り付けた網にしがみついてくれましたが、横に移動してガムテープで足を滑らせたり羽が倒れて不安定になったり。
f0189227_11154088.jpg

もともと低い位置に陣取っていたので羽が土に付きそうになったりもして、見ているとハラハラしましたが、羽化して2時間後の11時47分に羽を広げて飛び立っていきました。(n.m.)
f0189227_1115789.jpg

f0189227_112159.jpg

by matsuo-art | 2013-07-17 20:37 | 自然  

アゲハチョウの飼育 幼虫 蛹

ベランダのすだちの木にアゲハチョウの幼虫を発見したのは6月25日。そのままではすだちの葉っぱがすっかり食べられてしまいそうなので、プラスチックケースに移して飼うことにしました。
発見したのはこの状態。2玲かな?アゲハチョウの幼虫は最初、鳥の糞に模した擬態をしています。
f0189227_12533087.jpg

ケースの中では定位置をキープ(6月28日)。
f0189227_12535353.jpg

大きな糞になったなあと思って見ていたその日の午後には、緑色の芋虫に変身(7月1日)。
f0189227_12541689.jpg

一度、少なくなった葉っぱから下の土に降りてうろうろし出したので、蛹化する場所を探し出したのかもしれないと、木の枝や板を置いたら、枝につかまってじっとし始めた。でも、試しにすだちの葉っぱを足して置いてやると、むしゃむしゃと食べ始めた(7月6日)。
f0189227_12553629.jpg

f0189227_12554654.jpg

ほとんど完食した後、また枝に行ったのですが、
f0189227_12565891.jpg

実際に蛹化する場所に選んだのはプラスチックケースの壁!そこにしたのかーという感じ。
プラスチックケースの壁だと羽化した蝶がつかまるところがなく、落ちて死んでしまうそうなのです。
でも、前蛹化としてしばらくじっとした後、そこで夜中に下を向いて糸を吐き始め、蛹化を開始しました(7月8日)。
f0189227_1259143.jpg

翌日7月9日にはしっかりとした蛹のかたちになっていました。プラスチックケースの色に合わせて薄い色になっていますね。やはり擬態でしょう。昨年のキアゲハの蛹も、蛹化した場所によってそれぞれ違う色でした。
f0189227_12592073.jpg

羽化には7日~10日くらいかかると言います。それまでに羽化した蝶がつかまれるような網などの施しをしておかなければいけません。(n.m.)

by matsuo-art | 2013-07-11 12:59 | 自然  

春のきざし、ふきのとう

f0189227_1504042.jpg

春の風物詩、ふきのとうです。
国公立前期日程前、最後の練習のモチーフを買いに行った「六甲のめぐみ」で、いっしょに買ってきました。
みずみずしい黄緑色が補色の赤紫に鮮やかに映えて、きれいです。
f0189227_156221.jpg
f0189227_156736.jpg

内側に花の芽も覗いています。
本日は前期試験の真っ最中。春はすぐそこ。
(n.m.)

by matsuo-art | 2013-02-25 12:59 | 自然  

キアゲハの羽化

竹の支柱で蛹になっていたキアゲハが、今朝、羽化しました。羽化が始まったのは早朝5:25頃。
蛹から出て来るところは一瞬だったらしく見逃しましたが、しわになってたたまれた羽のまま、上に歩いて支柱を登っていきます。
f0189227_0243686.jpg

f0189227_025414.jpg

30分を過ぎる頃にはだいぶ羽も広がりました。
折り畳まれていたので最初は分かりませんでしたが、羽が広がると青色や赤色のきれいな模様も見えてきます。
f0189227_0253626.jpg

f0189227_0254552.jpg

1時間くらいしたら飛び立つのかなと思っていましたが、その後きつく降って来た雨のせいか、それとも一般的にそれくらいの時間がかかるのか分かりませんが、結局飛び立ったのは10:30頃だったようです。
(n.m.)

by matsuo-art | 2012-07-20 22:15 | 自然  

キアゲハの蛹化

アゲハ蝶がベランダの植え込みをひらひらと飛んでいると思ったら、気がつけば幼虫がパセリの葉に4匹いるのを発見し、そのうち3匹が蛹化しました(もう一匹は発見できていない)。調べてみるとキアゲハの蛹でした。

キアゲハの幼虫は最初は保護色でまわりに馴染んでいるのですが、5齢になると毒々しく目立つ警戒色になります。
f0189227_15161773.jpg

それぞれ元いたパセリの植え込みから少し移動して蛹化しているのですが、最初に発見したのはベランダに立てかけたよしずに付いて前蛹の状態になっていたもの。次に発見したのがベランダの白い壁で前蛹化したもの。そして、一日遅れで竹の支柱上部で前蛹化したもの。
f0189227_1515368.jpg

f0189227_1518172.jpg

f0189227_15504028.jpg

いずれも警戒色のままの前蛹の状態から知らないうちに脱皮していて、1日で蛹化しました。
感心させられるのは、今度は周囲に合わせて保護色になっていることです。緑、白、そしてよしずに付いた蛹は、よしずのように縦縞になっています。細い糸でくっついていて、先日の暴風雨でもびくともしませんでした。
f0189227_15512981.jpg

f0189227_1519779.jpg
f0189227_15185163.jpg

そもそも昆虫の幼虫がさなぎを仲介して成虫になるのは、生命の驚くべき神秘です。このような完全変態の場合は、幼虫と成虫の形態が全く違います。水中にいた生物が進化の過程で徐々に陸に上がってヒレが足になった、という場合には連続した流れを感じるので理解できますが、この飛躍には理解し難いところがあります。
蝉やトンボのような不完全変態の場合は蛹を作らず、幼虫は成虫と同じような足を持っているなど似たかたちで、まだ地続きのような感じがします(とは言っても地中や水中にいたものがいきなり練習もせずに空の住人になるのには飛躍がありますが)。完全変態の場合は蛹内部で大改造が行われているらしく、一度ドロドロになってタンパク質を成形し直しているというのです。蛹の形が、鋳造彫刻のようにその雌型になっているというのですから驚きです。さらに秋に蛹化した蛹は、そのまま越冬するというのですから、これまた不思議です。

それでこれを機会に少し考えてみたのですが、完全変態は、不完全変態からさらに「幼虫が進化した」形態ではないか、というのが私の考えです。もともと蝶も不完全変態だったのが、幼虫時にひたすら葉っぱを食べて栄養を蓄積し、短時間に蛹化および羽化ができるかたちに特化されたのだ、ということです。そう考えると理解できます。蝶の幼虫も、もともとは蝉やトンボの幼虫みたいなかたちだったのが、進化の過程で、徐々に芋虫状態になっていった、という解釈です。
一般的な学説がどうなのかは知らないので、もしかしたらこの私の説は専門家には常識であったりするのかもしれませんが。

調べたところによると蛹化から羽化まで約2週間だということでしたが、実は今日、気がつけば縦縞と白は、すでに羽化していて空っぽでした。まだ10日ほどしか経っていないし昨日までは蛹のままだったのですが、羽化の様子も、成虫になった姿も見られなかったのは残念です。
残る緑色の蛹の羽化が見られるとよいのですが。(n.m.)

by matsuo-art | 2012-07-19 15:20 | 自然  

ナナトゲコブシガニ

夕食用に買ってきたシャコのパックの中に、小さな生きたカニが入っていました。
f0189227_0543866.jpg

甲殻の直径が10ミリほどの小さなカニ。小さいのにちゃんとはさみがあって、動いているのが不思議です。自然の美しい造形に、思わず見入ってしまいます。
f0189227_0545961.jpg

甲羅に7つのトゲがあります。ナナトゲコブシというこのカニ、成長したら大きくなるのかと思ったら、せいぜい甲殻15ミリくらいにしかならないようです。(n.m)
f0189227_0551015.jpg

by matsuo-art | 2009-12-14 22:47 | 自然