人気ブログランキング |

カテゴリ:未分類( 22 )

 

百獣の楽園ー美術にすむ動物たち/京都国立博物館

f0189227_1428725.jpg

京都国立博物館で開催中の「百獣の楽園ー美術にすむ動物たち」展に行ってきました。京博のコレクションの中から動物をテーマにした作品を選んで、「犬」、「牛」、「馬」、「獅子」、「虫」、「鹿」、「象」・・・等のようにテーマ別に集めて展示するという楽しい企画です。夏休みということもあって子供連れの家族やカップルなども多く、会場はとても賑わっていました。

古くは縄文式土器、漢代の青銅器、古墳時代の埴輪、唐三彩から、幕末・明治の河鍋暁斎や富岡鉄斎まで、非常に幅広い年代とジャンルからのチョイスが楽しいです。また、若冲の「群鶏図」や「百犬図」、狩野元信「四季花鳥図」、俵屋宗達の「牛図」、尾形光琳「竹虎図」、「十二類絵巻」、「華厳宗祖師絵伝」などといった非常に有名な作品もあれば、このような企画でもなければなかなか目に出来ないような作品と出会う楽しさもあります。

個人的には、今回の展覧会の作品中、最もびっくりしたのがこの長沢芦雪の「朝顔に蛙図襖」。
f0189227_14285372.jpg

ほぼ朝顔の蔓の線と細い笹の線だけで斬新な空間を創出していて、その独特な空間の質と表現の大胆さ、そして完璧と言っていいようなバランス感覚には見ていてゾクゾクさせられました。
「広い襖の画面に蔓と笹の線が引かれている」というよりも、線によって分割されている空間の質が明らかに違っており、そうした質の異なる空間が蔓と笹の線を境に緊張感を持って拮抗しているのです。
f0189227_14295140.jpg

あたかもユーラシアプレートと、南海プレートと、太平洋プレートが(蔓と笹の線を境に)せめぎ合っているような感じといえば伝わるでしょうか?
また、濃い墨色の朝顔の花や笹の葉の強弱が空間にリズムや震幅をもたらしているし、蛙の位置や形状も必然性を持っているように見えます。非常にシンプルな画面ながら細部まで綿密に計算されていて、過不足なく表現され切っているすごい作品だと思いました。

狩野元信の「四季花鳥図」も、花鳥に関しては宋元画に通じるような丁寧な観察と格調の高い描写に打たれました。
f0189227_14303688.jpg

後、そうした芸術的な感銘とは違いますが、個人的にヒットだったのはこれ。
f0189227_14311534.jpg

室町時代の画家、雪村周継の「猿蟹図」。展覧会場のこの絵についての解説には「小猿たちが一匹の蟹を捕まえて戯れる場面を描いたものだが、これほど愛らしい雰囲気を持つ猿はほかにない」とあります。う〜ん???僕にはか弱い蟹に殴りかかるいじめっ子(まるでジャイアン)みたいな猿にしか見えないんですが・・・。
さらには、河鍋暁斎の「惺々狂斎画帖」の中の「化け猫」の図。「ニャ」とばかりに出てくる化け猫の視線と吉本新喜劇ばりにぶっ飛ぶ旅人の姿が笑ける。
f0189227_14315347.jpg

是非、展覧会場で自分のお気に入りを見つけてみてください。(Y.O.)

会期:7月16日(土)〜8月28日(日)
休館日:月曜日
開館時間:9:30〜18:00(毎週金曜日は20:00まで)
観覧料:一般1000円  大学・高校生700円  中学生以下無料
(キャンパスメンバーズ会員校の学生証を提示すると無料になります。)

by matsuo-art | 2011-08-15 14:23  

東日本大震災

11日の地震から3日目の夜です。
東北地方の被災状況を知るにつけ、言葉もありません。
まだ大きな余震の危険があることも言われています。
原子力発電所の状態にも予断が許されません。

いまのままでも被災者の生活確保や復旧活動が大変なのに、
これ以上、つらい状態にならないことを祈るのみです。

当初は原子力発電所の様子がわからないところがありましたが、
情報の公開も改善されてきたように思います。
関係者の方々の事故拡大防止の努力に期待したいと思います。

少しでも多くの命が救われる事を祈ります。
つらい体験をされた方々、避難所で生活されている方々が、
希望を持って生きていけることを祈ります。
(n.m.)

by matsuo-art | 2011-03-14 02:46  

大学センター試験

今日はこの冬一番の寒さ。ベランダに置いていたバケツの水も昨晩から凍りだして、朝には割るのも一苦労するくらいな厚い氷になっていました。
f0189227_023857.jpg

大学センター試験も2日目の最終日。全国で雪による交通機関の乱れなどのため全706会場のうち20会場で、試験時間の繰り下げを行いました。

こちら神戸では、幸いに心配された雪もなく、大きな乱れはなかったようです。当研究室では、今年は(すでに合格した人は除いて)受験生全員がセンター試験を受けています。みんな、それぞれの力をうまく出せたでしょうか。あさっての18日から、実技練習再開です。(n.m.)

by matsuo-art | 2011-01-16 21:21  

西宮船坂ビエンナーレ2010レポート

f0189227_017889.jpg


「西宮船坂ビエンナーレ2010」とは、兵庫県西宮市の北部、山口町船坂地区で開催されているアートプロジェクトです。
昨年2009年にプレ展として行われた「西宮船坂ビエンナーレ2009-プロローグ-」を経て、今年から隔年で開催されることが正式に決定したそうです。
このイベントには当研究室の卒業生Iさんが実行委員として参加しています。
昨年の開催時にイベントの案内に来てくれました(昨年度の記事はこちら)。昨年は訪れることが出来なかったのですが、ちょうど3ヶ月ほど前に偶然にも画材屋さんでIさんに再会し、今年も開催されていることを聞いていました。今年こそ行ってみたいと、昨日、秋晴れの日曜日に出かけてみました。

有馬温泉駅からバスで向かいました。温泉街を抜けて山道を走って10分で船坂地区に到着。山道を抜けると田畑が広がる集落があり、その辺り一帯が会場になっていました。ちなみに現地で待ち合わせた友人は西宮北口駅からバスで50分ほどで着いたそうです。
赤い「のぼり」を目印に辿っていくと小さな小学校があり、そこが総合案内場とメイン会場になっています。「旧」となっていますが、今年の3月で閉校したとのこと。まだ人のぬくもりの感じられる建物が、使われていないと思うとほんのりせつない気持ちになりました。
学校の向こう側に広がる丘状の棚田エリア、湯山古道エリア(古民家の多い集落)も会場となっています。

「旧船坂小学校」の教室や校長室などの各室が展示会場でした。
f0189227_023172.jpg

教室前のテラスにも作品がありました。見晴らしのよい気持ちの良い空間です。
f0189227_0282561.jpg

家庭科室。藤本由紀夫さんの作品。
吊されたミラーボールが、外からの光りを受けて表情を変えます。
この日は晴れたり曇ったりを短い時間で繰り返していたので、見ている間に暗くなったり急にたっぷりと日が差したり、この作品を鑑賞するにはぴったりの日でした。
f0189227_034083.jpg

日を受けると光りのドットがくるくる舞います。
f0189227_0395113.jpg

この日卒業生Iさんが案内を担当していた、茅葺き屋根の古民家の会場。田中直樹さんの作品が見えています。
f0189227_0441987.jpg

棚田近くの茅葺き屋根の家。「古民家再生プロジェクト」として武庫川女子大の先生、学生さんが中心となって、屋根を葺き替えたりしているそうです。ビエンナーレ後もプロジェクトは続くそうです。赤い「のぼり」が作品へと導いてくれるビエンナーレの目印です。

地図を片手に半日かけて会場をめぐりました。
歩いて見て回るにはちょうどよい距離でした。各エリアでの見える風景の味わいがそれぞれ違っていて、場所の空気を感じながら、作品を探して歩くことが純粋に楽しく思えました。
大規模な美術展を見慣れていると、作品の規模がこぢんまりしているような印象もあるのですが、逆に小さなまとまり感がありひとつの個性のようにも感じられました。
今後さらに国際的なアートイベントにしていく計画もあるようで、今後の展開が楽しみです。

会期は10月10日(日)〜11月14日(日)。
残すところあと一週間、ぜひ足を運んでみてください。
「西宮船坂ビエンナーレ2010」公式HP          (y.m)

by matsuo-art | 2010-11-08 11:32  

「生存のエシックス」展とWhole Earth Catalog

f0189227_21163512.jpg
僕も「生存のエシックス」展に行ってきました。M先生の書かれた記事を読むと、どうやら同じ日に行ったようです。

この展覧会を既に観た人から、「観た人が皆、頭に『?』をいっぱいつけて会場から出てきてるらしいよ」と聞かされていたのと、前もって図録(バインダー形式の面白いデザインのものです)を見せてもらっても、やたら細かい字でぎっしりとたくさんの言葉が詰まっている印象で、観に行く前は「いったい何が言いたい展覧会なのか」が感覚的にはほとんど掴めなかったのです。

展覧会を実際に一通り巡ってみても、ぶっきらぼうと言っていいような展示物のありようと、説明文の掲示の方法の不親切さに、その感は変わりませんでした。

しかし、もう一回りしてみようと思って、会場に上がる階段ホールの上部を何気なく見た時、Whole Earth Catalogの表紙の映像が象徴的に投射されているのが目に入ってきました。そして「この展覧会は、21世紀における知のWhole Earth Catalogを作ろうと意図したものなのだ」と悟りました。本当にそうなのかどうかはわかりませんが、そのようにWhole Earth Catalogという補助線を引くことによって、自分なりに展覧会の意図がはっきり見えてきたように思えたのです。(Whole Earth Catalogは入ってすぐの部屋に現物も展示されていましたし、内容も壁に投射されていました。)
f0189227_21174553.jpg

Whole Earth Catalog(全地球カタログ)とは、'60年代の終わり頃から'70年代の初めにかけてアメリカでスチュアート・ブランドを中心とした編集チームが発行していた商品と情報のカタログです。
その内容は、
Understanding Whole Systems(全体システムの理解)
Shelter and Land Use(シェルターと土地の利用)
Industry and Craft(産業と工芸)
Communications(コミュニケーション)
Community(コミュニティ)
Nomadics(放浪生活)
Learning(学習)
にカテゴライズされ、編集チームによって全地球上から厳選された商品や情報が大判の紙面にぎっしりと掲載されており、またそれらの商品を実際に購入することもできました。今はウェブサイトで内容を閲覧することができますが、バックミンスター・フラーのテトラ構造のシェルターやジョン・ケージの姿なども見えることから、その内容は当時の(西海岸を中心とした)アメリカの対抗文化の状況を反映し、またそれをリードするものだったことがわかります。

このようなWhole Earth Catalogという補助線から見えてきた「生存のエシックス」展は、「21世紀のオルタナティブな知の状況のカタログ(の一部)である」ということです。
カタログというものが、商品の羅列に読み手が自由にアクセスするためのツールであるように、「生存のエシックス」展も、各自の研究成果の羅列に観る人が自由にアクセスして、プロジェクト相互の関係性や内容の誤読(誤読とは、作者の意図に関わらずに観る人が創造的に解釈すること)から自由に自分の理解や経験を作っていくためのツールとしての展覧会だということです。バインダー形式の図録もそのような展覧会のあり方を物語っているように思えました。つまりコンテンツはこれからも増え、アップデートしていく可能性があるし、自分でコンテンツを創作して挟み込んでいくこともできる、ということです。

だから、このような展覧会は単に観ているだけではあまり面白くないと思います。実際にTさんのように参加してみるとか、展示物に積極的にアクセスしてみるとか、藤森照信さん(建築家)や中村哲さん(ペシャワール会)など企画されたたくさんのレクチャーにマメに参加するとか、この展覧会から得た新しい情報をさらに自分で深めてみるとか・・・。
一方で各プロジェクトの(現時点での)内容の評価という問題はあると思いますが、そのように美術館自体を大きなワークショップルームにしてしまったこの展覧会は、これからの美術館のありようの一端を示したという意味でも高く評価されるべきだと思いますし、これから京都芸大内でも本展を引き継ぐような形で様々なプロジェクトが立ち上がって学際的な研究が進むといいと思いました。

下はM先生が撮り忘れたという美術館前に建てられた土のカフェです。僕もこういう土の建造物が大好きなんです。(Y.O.)
f0189227_21184236.jpg

f0189227_22191323.jpg

by matsuo-art | 2010-08-21 21:27  

サッカー、髪型理論

サッカーには「髪型理論」という法則があります。その時その人に似合っている髪型をしている選手は、実力を出し切ってしっかりと結果を残す、という優れた理論です。何を隠そう、これは私がかってに唱えているジンクスですが、とどのつまり、勝負事の前に髪を切りに行くなどして身辺をシンプルに整えるとよい、また、そうしたことができる心の余裕と客観性を持つとよい、という教えでもあります。

この理論によると、原則としては長髪よりは短髪のほうがよいのですが、長髪でも似合っていればかまいません。でも前髪は短い方が良くて、前髪で眼や眉毛を隠しがちになるのは内向的で良くありません。そして、ぼさぼさ頭などはもってのほかです。

日本代表の試合前、髪型理論的には当然、岡崎君がやばい、と思っていました。私も散髪に行くのは億劫な方なので人のことを言えた義理ではありませんが、彼は髪を切りにいく、という性格では全くなさそうですし、オランダ戦でシュートを外してましたし、デンマーク戦前に私が代わりに切りにいこう、と思っていたのです。でもうっかり忘れたので、まずい、と思っていたら、彼は少し前髪を切ってきたように思います。それで1点、入れることができました。

それでも、まだぼさぼさではあったので、パラグアイ戦前には今度こそ岡崎君の分までちゃんと散髪して、応援したのです。
でも、駒野選手は盲点でした。

駒野選手の髪型は若干ぼさぼさしていましたが、前髪は短く、おでこも見えていたので大丈夫だと思っていたのです。でも、やはりW杯というレベルの高い舞台、他のメンバーのように(パラグアイ戦前に何人か切ってきたと思う)さらにスッキリ切っておく必要があったのかもしれません。私は彼の分までもっと短く切るべきだった!

例えば松井選手は日本に帰ってきていろんな番組に出ていますが、彼は今回、とてもかっこ良く似合った髪型(ひげも含めて)をしていますね。昔は前髪を長くして若干鬱陶しい髪型でした。本田、長友、川島は短髪でかっこいいし、遠藤、トゥーリオ、中沢は長髪ながら似合ってます。皆さん活躍しました。俊輔は、今回、前髪が長かったかなあ。
余談ですが、川島君は南アフリカで2千円で散髪して、仲間内では”角刈り”と揶揄されてたそうです。

古いところでは、三浦カズ氏が日本人で初めてセリエAに出場したときも珍しく長髪にしていて、いきなり相手ディフェンスの頭と接触、顔面を強打して交代、一ヶ月の戦線離脱ということがありました。中田英寿は常に短くかっこ良かったのですが、引退前の髪型は、後ろ上部にふくらみのあるソフトモヒカンだったのがちょっと嫌らしいバランスで、力を出し切れなかったように思います。

この理論、勝負事全般に適用できますので、受験でも、試験日の10日〜1週間くらい前に、一度すっきり散髪しておくことをおすすめします。

そうそう、岡崎君と似ていると世間では言われている中山ゴン氏は今、超短髪でかっこ良く、私も二人が似ていると思っていたものの、全然違うやん!と今回思った次第です。(n.m.)

by matsuo-art | 2010-07-09 01:00  

FIFAワールドカップ記念切手

日本代表、見事に初戦のカメルーンに勝利しました! 監督の新しいフォーメーション、スタメン、交代枠の使い方、すべてうまく働きましたね。岡田監督はずっと理想に向かって模索しデータを集めてきましたが、ぎりぎりの最後には現実主義に切り返してきました。そういったところでは思い切った判断をする人ではないかと思います。明日のオランダ戦、もちろん勝ちにいく布陣でしょうが、やみくもに攻撃に人数をかけられる訳でもない、負けたとしても最小得失点差に押さえたい、ドローになれば御の字、身体を痛めていた今野、俊輔、森本も含め選手の調子も上がってきているようですし、どのような布陣で挑むのか、見所です。

ところでこの写真は、先日、夏期講習のチラシを送付したときに使った切手シート「FIFAワールドカップ・ヒストリカル・ポスター、ジュール・リメ・カップ記念切手」です。
f0189227_123591.jpg
f0189227_1241291.jpg

2種類のトロフィーと、過去大会のポスターがデザインされています。これを見て思い出したのが、私が小さい頃、家にあったオリンピックに関するグラフ誌。そこに過去のオリンピックポスターの写真がずらっと載っていて、好きでよく眺めていました。中でも昔のポスターの方が、図像といい、色合いといい、味わいがあって好きでした。近年になるほど洗練されてくるのですが何だかあっさりと薄っぺらな感じがして、昔のは野暮ったいのだろうけれど、力強くて良かった。
忘れられたようなデザインにも良いところがある。そういうものもたくさん見ていると、きっと将来の蓄えになります。

上手くて洗練されていればすべてよし、というわけでもないのはサッカーも同じ。強いチームが必ずしも勝つとは限らないのも、サッカーが人生に例えられる所以です。明日の日本代表に期待しましょう。(n.m.)

by matsuo-art | 2010-06-18 12:09  

6月20日日曜日!!!

 いよいよ週明けにも梅雨入りとのこと。当研究室でも夏期講習会のパンフレットが完成し、徐々に夏が近付いて来ていることを実感します。

 さて、皆さんは一度は耳にしたことがあるであろう「オープンキャンパス」。各大学が広く、受験生に学内を公開し、自校への関心を深めて貰おうとするイベントです。教室内にもポスターなどでお知らせしていますが、タイトルにもある6月20日の日曜日は関西圏の多く芸大・美大がオープンキャンパスを行う日なのです!

 ざっと調べてみたところ京都精華大学京都造形芸術大学京都嵯峨芸術大学成安造形大学大阪成蹊大学神戸芸術工科大学 …の各大学で実施されます。
 
今年度に入試を控えている受験生にとってはそろそろ具体的に志望大学を決めておきたい時期。特にAO入試の出願を考えている人は、大学の雰囲気を知るのに直前のよい機会です。また、1、2年生も勿論、各大学の特色を知るのにうってつけです。

 特に準備も何も必要ありません(作品を持参すると先生が直接アドバイスをくれる大学もありますが)ので、気負わずにフラリと出かけてみてはどうでしょうか?

補足:各大学のオープンキャンパス詳細については、HPなどで各自で調べた上でお出かけください。また、この記事に取り上げている以外でも多くの大学がオープンキャンパスを行っていますので、チェックしてみられることをおススメします。  (y.y.)

by matsuo-art | 2010-06-11 19:10  

『三人展』

こちらの卒業生で4月から大学3年生になる長井千佳子さんの展覧会に行って来ました。
展覧会名は『三人展』。
場所は西宮市夙川のGALLERY&Cafe World Times。
会期は2010年3月16日−3月21日、でした。

三人展というタイトルはその名の通り3名のグループ展ですが、長井さんと彼女のご祖父母というほほえましい展覧会でした。
ご本人は油絵とドローイング、ご祖父は写真、ご祖母は日本画の出品です。

今回長井さんの作品を初めて見せてもらいました。
展示されている作品は「顔」を描いた小品と、ボール紙の上にドローイングしそれをコラージュしたものです。
大学で油絵を専攻してからずっと「顔」をテーマに制作しているそうです。特に最近は「食べている顔」をテーマの中心に置いているとのことで、展示されていたドローイングでもほとんどの人が何かを食べています。
モデルは友人達をメインに、渋い味わいのある方々も登場し、長井さんの日常の視点がかいま見えるようで面白かったです。ドローイングの中に柔らかで動きのある線がちらほらと見え、そういう部分が大きな作品を描くときに生きてくることを楽しみにしています。

ご祖父の作品は春の季節にあった桜をモチーフに撮られた写真で、桜の名所夙川というロケーションにぴったりと合っていました。
ご祖母はとてもていねいに描き込まれた人物画でした。京都市立芸術大学の女性初の卒業生だそうです。作品ファイルには幼い頃の長井さんがモデルになっている絵もありました。長井さんは絵に近い場所で育ってこられたんだなあと、優しい風合いの絵を見ながらしみじみと思いました。


長井さんのドローイングを紹介します。

f0189227_17444624.jpg


f0189227_174586.jpg


(y.m)

by matsuo-art | 2010-03-31 17:51  

横尾忠則「魔除猫」

f0189227_254980.jpg

魔除猫(まよけねこ)です。

これは「冒険王・横尾忠則展」で販売していた300円の「横尾ガシャポン」で当てたもの。展覧会場を出たミュージアムショップの最後に置いてあって、小銭がなかったので両替してもらってやりました。横尾忠則がデザインした魔除猫、大仏猫が白、赤、銀など数種類のカラーバリエーションで入っていました。

白地に黒ブチのこの魔除猫はシークレットです。1000円札を両替するときに「1回分でいいですか?」と聞かれたので「はい、」と答えたのですが、確かに1回まわして出て来たものを手に取ると、もう何個か欲しくなりました。でもシークレットだったし「はい、」と言った手前もあり、1回で我慢しましたが。

自宅にかざっていて、高いところから見守ってくれています。入試も佳境に入り、25日からは国公立も始まります。先の明石高校美術科入試では3名の受験生全員が合格しました。これから入試に挑む受験生も、自分がいままでやってきたことを信じ、しっかり力を出し切ることを考えてがんばりましょう。魔除猫も見守っています。(n.m.)

by matsuo-art | 2009-02-19 02:10