人気ブログランキング |

荒井良二「えほんのこどもが」展

f0189227_1191367.jpg

松尾美術研究室から歩いて10分足らずの海岸通にあるGallery Vie(ギャラリー・ヴィー)で、荒井良二さんの展覧会「えほんのこどもが」が本日から開催されています。
1126(水)〜12/13(土)
Gallery Vie(ギャラリー・ヴィー)

2005年にはスウェーデンの児童少年文学賞である「アストリッド・リンドグレーン記念文学賞」も授賞された荒井良二さんは、今や日本を代表する絵本作家としてあちらこちらで活躍されています。
私が初めて荒井良二さんの作品を知ったのは、モスバーガーのカレンダーか何かのイラストです。きれいな色面に幼児のような筆触で小さなキャラクターたちが配されたような絵だったと思います。カラフルな色彩と無邪気なユーモア感覚にいきなり惹き付けられました。

荒井良二ホームページ

家にある絵本を数えてみると6冊あります。
「森の絵本」「なぞなぞのたび」「にせニセことわざずかん」「はっぴいさん」「そのつもり」「ぼくがつぼくにちぼくようび」。
子供のために買ったということもありますが、「ぼくがつぼくにちぼくようび」は自分のために買った本で、アトリエに置いてたまにめくっています。小さな本ですが大切な本で、心の散歩に出かけるような感覚がそこにあります。
持ってはいないけれど「バスにのって」や「はじまりはじまり」も好きな絵本です。

Gallery Vieでは毎年暮れのこの時期に荒井さんの展覧会を開催するのが恒例になっているようです。昨年はNHK「プロフェッショナル」の番組中にスタジオにて制作された作品も展示してありましたが、今年は昨日、公開制作をギャラリーでされたようです(横尾忠則氏に続いてまたまた見逃したので、来年は忘れずに予約しよう)。

明日は研究室の授業で「カラーフィールドとしてのバック」という色彩ワークショップをやりますが、ちょうど荒井良二さんの作品も参考に紹介する予定だったので、タイムリーですね。(n.m.)

by matsuo-art | 2008-11-26 23:23 | 展覧会  

<< イラストレーター ノダマキコさん 展覧会のご紹介です >>