「サイレントアクア2013」東日本大震災災害支援チャリティーオークション

京都市立芸術大学主催の東日本大震災災害支援チャリティーオークション 「サイレントアクア2013」が8月31日(土)より始まりました。8日(日)まで開催されています。

主催者による概要です。
本チャリティーオークションは、京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA(アクア)にて開催する、東日本大震災の復興に関わる活動をしている団体等を広く支援することを目的とするものです。
本オークションでは、入札方法にサイレントオークションを採用し、さらに作家名を伏せた匿名での作品展示とします。出品作家名は会場内に掲示し、ウェブサイト上でも公表します。作品はハガキサイズ程度とし、本学の学部生、院生、留学生、教員(非常勤含む)、旧教員、卒業生、修了生が出展します。オークションで得られた金額は、経費分を差し引いた全額を義援金として寄付させて頂きます。
f0189227_8515727.jpg

今回が3回目になるこのオークションは、上記にもある通り、出品者名一覧は公開されているものの、どれが誰の作品かは隠してあります。オークション参加者は誰の作品かはわからないまま入札します。落札後に初めて作者が分かるという仕掛けです。
作者を気にせず、純粋に作品の好みから気軽に入札する楽しみ方もありますし、出品者名簿を片手に推理しながら見る面白さもあります。作風からすぐに誰だかわかる先生方や知り合いの作品もありますが、「どれだろう?」と作品がはっきりとしない出品者もあります。3000円から入札できるので、絵の値段の相場など気にせずに気軽に入札していただくことができます。

作品は中京区二条城前にある京都市立芸術大学ギャラリー@KCUAに展示されています。実際に行く事ができなくてもウエブサイトから入札することもできます。ウェブを覗いていただくと分かりますが、たくさん並んだそれぞれの作品を眺めているだけでも結構楽しめます(ただ、過去2回の展示を見に行った経験から言うと、質感などの魅力が伝わるので、やはり実物を見た方がより楽しめます)。

昨年に引き続き私も出品させていただいていますし、当研究室のY.O.先生、Y.M.先生も出品しています。ざっと出品者名簿を見たところ、S.さん、T.さん、H.さん、M.さん、M.さんと、当研究室出身者も5名出品しているようです。
数多くの方々に興味をもっていただいて、このチャリティーオークションに参加していただければありがたいと思います。(n.m.)
[PR]

by matsuo-art | 2013-09-03 20:29 | 展覧会  

<< 2013 ADC展ギャラリート... 「LIFE 永井和正ポスター展... >>