「和田淳と世界のアニメーション」神戸アートビレッジセンター

当研究室出身のアニメーション作家、和田淳氏の上映会が、昨日6月18日(土)より神戸アートビレッジセンターで始まりました。

f0189227_1182946.jpg

和田淳と世界のアニメーション
神戸アートビレッジセンター
日時:2011/6/18(土)〜 24(金)

日本各地を巡回して地元神戸に帰って来た、という感じですね。
和田氏についてはこのブログのこちらこちらでも以前、紹介しました。

トークショーとかあるのかなあ、とインフォメーションを見てみたら、やはり初日の昨日にあったみたいですね。すでに終わってしまいました。

ただ、本日の日曜日(19日)は「CALF in 姫路」として、和田氏も含めたCALFのメンバーの上映会やトークショーがあるということです!!海外の映画祭などで高い評価を受ける日本のアニメーションを一同に見る事のできる機会、こちらも是非、お薦めです。
トーチカのワークショップもあるようです。トーチカさんにはうちの子供も昔、C.A.P.でワークショップに参加させていただきました(まだトーチカさんがメジャーになる前ですね)。(n.m.)

和田淳 略歴
1980年兵庫県生。大阪教育大学、イメージフォーラム付属映像研究所、東京藝術大学大学院で映像を学ぶ。2002年頃から 独学でアニメーションを制作しはじめ、「間」と「気持ちいい動き」を大きなテーマに制作を続けている。『鼻の日』(05)がノーウィッチ国際アニメーショ ン映画祭短編部門でグランプリ、『そういう眼鏡』(07)がリオ・デ・ジャネイロ国際短編映画祭で最優秀若手審査員賞を受賞。新作『わからないブタ』がザ グレブ、アヌシー、広島、オタワの四大国際アニメーション映画祭にノミネートし、ファントーシュ国際アニメーション映画祭ではBest filmを受賞。最新作『春のしくみ』がベネチア映画祭オリゾンティ部門で上映される。
[PR]

by matsuo-art | 2011-06-19 01:13 | 映画  

<< 京都市立芸術大学油画専攻前期展 ピアノ夜話 その8/ホルショ... >>