東日本大震災

11日の地震から3日目の夜です。
東北地方の被災状況を知るにつけ、言葉もありません。
まだ大きな余震の危険があることも言われています。
原子力発電所の状態にも予断が許されません。

いまのままでも被災者の生活確保や復旧活動が大変なのに、
これ以上、つらい状態にならないことを祈るのみです。

当初は原子力発電所の様子がわからないところがありましたが、
情報の公開も改善されてきたように思います。
関係者の方々の事故拡大防止の努力に期待したいと思います。

少しでも多くの命が救われる事を祈ります。
つらい体験をされた方々、避難所で生活されている方々が、
希望を持って生きていけることを祈ります。
(n.m.)
[PR]

by matsuo-art | 2011-03-14 02:46  

<< 震災について思う 神戸芸術工科大学の卒展 カオス >>