人気ブログランキング |

サッカー長友佑都、インテル移籍

長友君のインテル移籍はすごいですね。それもヨーロッパ移籍期間終了3分前のギリギリの契約というからびっくりです。即戦力として期待されている証でしょう。

苦境、逆境の中でアジア杯を獲得し一段とたくましくなった日本代表の中であれだけの活躍、最後にはそのスタミナとピンポイントの技術で決勝点のアシストまでしたのですから当然と言えば当然なのですが、それでも日本人がビッグクラブに引き抜かれるという事は中田英寿のローマ以来なかった大きな壁であったし(稲本君のアーセナルは実際ほとんど出場できませんでしたから)、日本のサッカーが世界に注目されている今の状況が反映され、顕在化した感じです。

思えば18年前のドーハの悲劇の地での優勝、それも途中出場のサブも含めて皆が活躍するというすばらしい一体感を示した優勝であの時の借りを返した感もある日本代表(オーストラリアを負かしたという意味ではドイツワールド杯の借りも返した?)、そして、インテルの監督が一時期Jリーグでも活躍したレオナルドであることを考えれば、いろいろと先人たちが積み重ね、関係者たちが撒いていた種が花開き出したのだと思います。そういう意味では多くの日本人アーチストが世界のアートワールドで活躍するようになり、若い作家も注目されるようになった現代美術界と似ていなくもありません。

長友君は今期からチェゼーナに移籍してイタリアの生活にもすっかり慣れ、コミュニケーション能力にも長けた人ですから、不安材料はありませんね。ビッグクラブと言えば強いチームが優に2つは作れるという豊富な人材の中、どのような位置を取って活躍できるか、期待したいと思います。(n.m.)

by matsuo-art | 2011-02-02 09:31 | その他  

<< 京都市立芸術大学 作品展 大阪教育大学 教養学科芸術専攻... >>