人気ブログランキング |

アニメーション作家の和田淳氏

最近、当研究室出身のアニメーション作家の和田淳氏が、映画祭出品や受賞などで大活躍中です。
f0189227_19312932.jpg

第67回ヴェネチア国際映画祭の斬新な作品を集めた第2コンペ部門「オリゾンティ」で、『春のしくみ』が上映され(関連記事1関連記事2)、クロアチア ザグレブの映画祭では出品作「わからないブタ」が受賞し、スイスのファントーシュ国際アニメーション映画祭では、同じく「わからないブタ」がグランプリのBest filmを受賞しました。

若手作家たちの作品を世に届けるための独立レーベル「CALF(カーフ)」を設立メンバーとして立ち上げ、映画「ゲゲゲの女房」の挿入アニメーションも手がけています。
f0189227_322299.jpg

和田氏の作品は、独特の”間”とユーモアに包まれた世界が展開する、シュールな手描きアニメーションです。細くて繊細な線によるシンプルな表現にもかかわらず、その動きから柔らかな質感や立体感がここちよく伝わる不思議な空間で、私もその世界のファンの一人です。

11月には東京のシアター・イメージフォーラムで上映会もあり、近々、DVDの作品集も発売さる予定。関西での上映会が待たれますね。

和田氏の作品は毎年教室でも上映していますが、今年度はまだなので、またいずれ、上映しましょう。(n.m.)
f0189227_323670.jpg

和田淳(WADA ATSUSHI) 略歴
1980年兵庫県生。大阪教育大学、イメージフォーラム付属映像研究所、東京藝術大学大学院で映像を学ぶ。2002年頃から 独学でアニメーションを制作しはじめ、「間」と「気持ちいい動き」を大きなテーマに制作を続けている。『鼻の日』(05)がノーウィッチ国際アニメーショ ン映画祭短編部門でグランプリ、『そういう眼鏡』(07)がリオ・デ・ジャネイロ国際短編映画祭で最優秀若手審査員賞を受賞。新作『わからないブタ』がザ グレブ、アヌシー、広島、オタワの四大国際アニメーション映画祭にノミネートし、ファントーシュ国際アニメーション映画祭ではBest filmを受賞。最新作『春のしくみ』がベネチア映画祭オリゾンティ部門で上映される。

by matsuo-art | 2010-10-24 16:50 | 映画  

<< 西宮船坂ビエンナーレ2010レポート 天保山IMAXシアター『ハッブ... >>