人気ブログランキング |

『三人展』

こちらの卒業生で4月から大学3年生になる長井千佳子さんの展覧会に行って来ました。
展覧会名は『三人展』。
場所は西宮市夙川のGALLERY&Cafe World Times。
会期は2010年3月16日−3月21日、でした。

三人展というタイトルはその名の通り3名のグループ展ですが、長井さんと彼女のご祖父母というほほえましい展覧会でした。
ご本人は油絵とドローイング、ご祖父は写真、ご祖母は日本画の出品です。

今回長井さんの作品を初めて見せてもらいました。
展示されている作品は「顔」を描いた小品と、ボール紙の上にドローイングしそれをコラージュしたものです。
大学で油絵を専攻してからずっと「顔」をテーマに制作しているそうです。特に最近は「食べている顔」をテーマの中心に置いているとのことで、展示されていたドローイングでもほとんどの人が何かを食べています。
モデルは友人達をメインに、渋い味わいのある方々も登場し、長井さんの日常の視点がかいま見えるようで面白かったです。ドローイングの中に柔らかで動きのある線がちらほらと見え、そういう部分が大きな作品を描くときに生きてくることを楽しみにしています。

ご祖父の作品は春の季節にあった桜をモチーフに撮られた写真で、桜の名所夙川というロケーションにぴったりと合っていました。
ご祖母はとてもていねいに描き込まれた人物画でした。京都市立芸術大学の女性初の卒業生だそうです。作品ファイルには幼い頃の長井さんがモデルになっている絵もありました。長井さんは絵に近い場所で育ってこられたんだなあと、優しい風合いの絵を見ながらしみじみと思いました。


長井さんのドローイングを紹介します。

f0189227_17444624.jpg


f0189227_174586.jpg


(y.m)

by matsuo-art | 2010-03-31 17:51  

<< 香雪美術館 奨学金制度 3Dアバターと龍馬伝 >>