人気ブログランキング |

南方熊楠記念館

和歌山旅行では川湯温泉へ行く前に白浜へ行ったのですが、そこにある南方熊楠記念館にも寄ってきました。
f0189227_2331572.jpg

南方熊楠(ミナカタ クマグス1867〜1941)は粘菌の研究でよく知られていますが、白浜の隣の田辺に住み、地元紀伊半島の自然を歩き回って生物採集し、たくさんの標本や図譜を残した学者です。環境保護の観点から神社合祀反対運動にも従事し、エコロジーの概念を導入した先駆者でもあります。その研究は博物学、本草学、人類学、民俗学など多岐にわたり、在野の型破りな学者として今も人気があります。

記念館では熊楠の生涯を、その生い立ちからビデオにまとめて紹介していて、先にビデオを観ると、展示物の内容がよくわかるようになっています。びっくりしたのは幼い頃からの旺盛な好奇心と記憶力です。10才から15才くらいの間に、当時の百科事典にあたる「和漢三才図会」105冊を読破して写するとともに、「本草綱目」「大和本草」など和漢の博物書を読み覚え、全部写したというのですから、すごい。筆で書いた細かい文字でびっしりと埋め尽くされ、図版も写している現物が展示してありました。

     敷地内の鬱蒼とした樹々。
f0189227_2333981.jpg

     記念館屋上からの眺め。中央に小さく見えるのが、
     手つかずの自然が残り、熊楠も探索した神島(かしま)。
f0189227_234416.jpg

実は先日、ドイツに住んでいる大学の同級生が帰国していて十何年かぶりに会ったのですが、数日前に白浜の白良浜海岸に行ったと言うので聞くと、実家が田辺で、おじいさんが南方熊楠の家の隣に住んでいたというのです。しかも、おじいさんは歯医者で石膏を扱えるということから、熊楠の死後、そのデスマスクを取ったのだそうです。
デスマスク、確かに南方熊楠記念館で見ました。それを作ったのが同級生のおじいさんだったとは。

田辺の熊楠旧邸(南方熊楠顕彰館)も見学できるようになっているのですが、行ったときは月曜の休館日で、そちらには寄れなかったのが残念です。(n.m.)

by matsuo-art | 2009-08-27 02:54 | その他  

<< 水都大阪2009 蛇イチゴ >>