椿昇展 2004-2009 GOLD/WHITE/BLACK

椿昇展 2004-2009 GOLD/WHITE/BLACK(京都国立近代美術館)に行った。私たちの周りにある巨大な矛盾を、巨大なフェイクによって顕在化させた展覧会。
f0189227_16293.jpg

f0189227_163721.jpg

f0189227_191355.jpg

会場で椿さんにお会いした時に「この展覧会を無視したい人も多いんではないですか?」と問うたのは、私の中にも見なかったことにしたい、という気持ちがあったから。しかし、無視できない逆説的なリアルワールドがこの国に住む私たちの周囲にもあるということを、巨大なフェイクが語ってくる。椿さんがおっしゃるとおり「これは踏み絵だ」と思いながら作品を観ていた。

憲法9条の矛盾、資本主義の矛盾、宗教の矛盾、
そうした矛盾を一身に背負い、表出された作品。

白い巨大兵器のバルーン(直径10m、長さ30mもある!)、架空ゲーム上のバーチャル鉱山労働者、CGを拡大模写したと思われる質感のない油絵、などの意図されたフェイク。けれどもバングラデシュの犠牲祭での牛の映像が、色彩加工で生々しさから遠ざけられているにもかかわらず想像の中で否応なく人間のイメージと重ねられていく時、矛盾を見ないで生きていきたいという気持ちは掻き乱される。

椿さんの作品は昔から妙にフェイクっぽい質感を備えていたけれども、椿さん自身が向き合っている世界はいつも厳しくリアルで、それは椿さんのテキストやご本人の語りの中から、強力かつ繊細に伝わってくる。

そうしたご本人から受ける質感と作品から受ける質感が必ずしも一致しないところが椿さんたるゆえんだと思うが、一方で、生身の椿さんに接することなく作品を観る人には、椿さんの過剰な多様性が伝わりきれずに、違う見え方になることもあるのでは?とも思った。

この展覧会をイスラエルに持って行きたい、と椿さんは言った。(n.m.)
[PR]

by matsuo-art | 2009-03-29 22:05 | 展覧会  

<< 宮島達男 MEGA DEATH ノダマキコさん個展 >>