人気ブログランキング |

京都市立芸術大学 作品展

京都市立芸術大学デザイン科4回生の学生3名から連名で、京都市立芸術大学作品展の案内が届きました。

  ●日時:平成21年2月11日(水・祝)〜15日(日)
       9:00a.m.〜5:00p.m.(入場は4:30p.m.まで) 入場料:無料
  ○第1会場 京都市美術館(本館 左京区岡崎円勝寺町124)
  ○第2会場 京都市美術館(別館 左京区岡崎最勝寺町13)
  ○第3会場 京都市立芸術大学(西京区大枝沓掛町13−6)
f0189227_0294820.jpg

通常、芸大美大でこの時期催される「卒展」は、卒業する4回生・院2生だけが出品、展示するものですが、京都芸大では毎年、学生全員(約700名)が出品する作品展(卒展を含む)を開催しています。これは京都芸大の面白いところで、学生は1回生の時から外部で展示する体験を持つことができるわけです。

私が在籍していた頃は「制作展」と言っていましたが、1回生の初めての制作展、皆で遅くまで大学に残り、高ぶった気持ちで制作したことを思い出します。あの頃は京都市美術館の1会場のみでしたが、今は美術館2会場と大学キャンパス(いわゆる学内展)の3会場になっています。

今年卒業の4回生が受験したのは2005年度入試。この年は当研究室から過去最高の8名が合格しました。他の学年も含めると22名の当研究室出身者の作品が展示されることになります。結構、多いですね。この時期は入試の追い込みで忙しいので毎年作品展を見に行く時間がないのですが、今年は行ってみようかな、とも思います。

京都芸大に限らず、芸大美大を志望している人は受験する年には作品展や卒展を見に行くことはできないので(推薦入試などで入っていたら別ですが)、高校1年、2年のうちに行っておくと良いと思います。(n.m.)

by matsuo-art | 2009-02-05 00:56 | 展覧会  

<< 新日曜美術館「岩佐又兵衛」 小学館ウィークリーブック西洋絵... >>